朝から大雨だったのですが、午後は止むことを祈りつつ!!
本日は大阪にてアメリカンポークのイベントです。
お足元が悪い中になりますが、皆さまどうぞお気をつけてお越しくださいませ。
わたしも気を付けて参りたいと思います。
抽選会用のわたしの本を6冊と、MY包丁と、調理デモの時の差し替え用の出来上がり肉を携えて!(ただ今オーブンの中)

ちなみになんですけど、京橋の駅で降りるときに

IMG_5040
こちらの出口から出たほうがわかりやすかったように思いました!

まあ皆様マップ見ながら歩くでしょうし、きっとお判りになるでしょう!


IMG_5039
遠くから見ると、「え?森?」って思うほどに木がたくさんある場所です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
というわけで、今日のイベントの調理デモ差し替え用のお肉を自分で焼いていくことになっていた。
「こちらをオーブンに入れて焼いていきますね」
「はい、焼きあがったものがこちらです」

スッ

と、デモの終盤に横から出てくるお肉だ。
参加者の皆様のディナーはお店にて、シェフが作ってくださることになっているのだが、デモンストレーションではシェフが焼いてくださったものではなく、自分が焼いたものを実際にお見せしたいとお願いしたのだ。
2日前にそのデモ用のお肉が届き、前日から調味液に絡めて冷蔵庫に入れておいた。
イベント当日の朝、これを焼いて持っていく。
が、送られてきたお肉は少し余分があった。
もしものためにと多めに送ってきてくださっていたのだろう。

このお肉を使って、晩ごはんのおかずを作ることにしよう。

IMG_6105
アメリカ産のポークヒレの塊のお肉だ。
お肉は丁寧に、キッチンペーパーでドリップをふき取る。
ちょっとしたことだが、こういう細かい作業の積み重ねで仕上がりの差が出てくる(とわたしは思っている)。

肉全体にまんべんなく塩を振り、バジル、オレガノ、タイムなどの乾燥ハーブをまぶす。
ガーリックを利かせるとより美味しそうな香りがつくのと共に、ニンニクのうまみもプラスされるので、乾燥のあらびきガーリックも少し振る。
ラップにきっちりと包んで冷蔵庫に数時間入れて味を馴染ませておく。
ここまでを朝ごはんの後片付けのついでにやっておくか、または昼ごはんの用意のついでにやっておけばわざわざ感もない。
時間がゆっくりお肉を美味しくしてくれる。

夕方。
お肉を冷蔵庫から出し、30分ほど室温において肉の温度をあげておく。
冷たいまま焼き始めると中まで火を通すのに時間が掛かるし、中まで火を通そうと頑張って焼いている間に今度は外側は焼き過ぎてしまう。

IMG_6106
フライパンにオリーブオイルをひき、熱々になるまで、煙が出る直前くらいまで予熱する。
ここに豚ひれを並べて入れる。
フライパンが小さいので火は中火にしたが、大きなフライパンを使う場合は強火で。

IMG_6107
すぐさま蓋を閉め、このまま3分焼く。

IMG_6108
3分経ったら蓋を開けて急いで裏返し、再び蓋をして2分加熱する。
この時煙が出てくるようなら少し火を弱める。
(あまりに強火だとフライパンが傷んでしまうからね・・・💦)

2分経ったら火を止め、蓋は開けずにそのまま20分蒸らしておきます。
火を止めている間に中まで火が入り、入りつつも肉汁が落ち着き、中がしっとり柔らかに仕上がります。


IMG_6109

(20分以上置くときは、フライパンから取り出してホイルなどに包み、その時フライパンに残っている肉汁は全てお肉にかけておきます)

焼き時間は裏表で5分だし、放置時間が長いのでその間にゆっくり付け合わせのマッシュポテトの用意などをしつつ、
韓ドラを観ながら足踏みなどをしつつ。
有意義な時間を過ごしましょう。


DSC_0011
少し小さめの豚ひれだったからか、若干火は入りすぎてしまったけれども、ほんのりピンクでしっとり柔らか。
切り分けた後、フライパンに残っている蒸し汁も肉にかけます。

こちらは長年、我が家で定番だった母ちゃん鍋を使ったレシピとして載せていたものなんですが、母ちゃん鍋を販売していたのはすでに10年以上前だし、フライパンで作る方法が知りたい!と100億回くらいサチャンに言われていたのでリクエストにお応えしました(今頃)。



付け合わせのマッシュポテトは、電子レンジでチンして皮をむいたジャガイモをフォークでつぶし、塩とプレーンヨーグルト、オリーブオイル、ブラックペパーを混ぜ合わせたヘルシーバージョン。
ヨーグルトの酸味がさっぱり!夏向きのマッシュポテトになった。
ブロッコリーとレンズ豆はどちらも今週の日持ちおかずで作ってあったものなので、冷蔵庫から出して盛り付けただけ。


参考までに。

【豚ひれのフライパンロースト】

材料(3人分くらい)
・豚ひれ塊肉 400g~500gくらいのものを半分に切って使いました
・塩 小さじ1弱
・バジル、オレガノ、タイムなどドライハーブ 適量
・あらびきガーリック 適量(にんにくのみじん切りでも)
・オリーブオイル 少々

作り方
1)豚ヒレ肉全体に塩とドライハーブ、ガーリックをまんべんなくまぶし、ラップで包んで冷蔵庫で3時間~半日ほどおき、調理する30分前に冷蔵庫から取り出して室温におく。
2)フライパンにオイルをひいて強火~中火で温める。肉を並べ、すぐに蓋をして3分蒸し焼きにし、裏返して蓋をして2分焼く。火を止めて蓋をしたまま20分蒸らす。
3)食べやすく切り分けて盛り付け、肉汁を適量かける。



【ヨーグルト入りのマッシュポテト】

材料(3人分くらい)
・ジャガイモ 大1個(250g)
・塩、ブラックペパー 各適量
・プレーンヨーグルト 大さじ3~4くらい
・エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1/2くらい

作り方
1)ジャガイモは皮ごと洗ってラップに包み、レンジで柔らかくなるまで加熱する。
2)皮をむいてフォークでつぶし、塩、ブラックペパー、ヨーグルト、オリーブオイルを混ぜる。

※ヨーグルトの酸味が苦手な方は、牛乳や生クリームでどうぞ。


ってせっかくここまで書いたのに、レシピはすでにあったわ。
こちらは少し大きめのお肉で作ったバージョン。
お肉のグラム数によって焼き時間は調整してください。





そんな昨日の晩ごはんです。
DSC_0001
7月10日(水)の晩ごはん
*豚ひれのフライパンロースト
*ヨーグルト入りのマッシュポテト
*美味しいブロッコリー、レンズ豆の粒マスタードマリネ(今週の日持ちおかず)
*レタスと人参の粒マスタードカレー炒め(こちらも今週の日持ちおかず)
*シイタケと青ネギ、茗荷のお味噌汁(前夜の残りに香味野菜を足して)


DSC_0014

ジメジメ蒸すので食欲も減退気味だが、たんぱく質と野菜を中心に食べすすめていき、それでもなおおなかに余裕がありそうだったらその時点でごはんをよそう、という食べ方をしている。
昨日はこれだけでおなかいっぱいになったのでご飯の出番は無かった!


残った豚ひれは今朝、トーストにマッシュポテトと一緒に乗せて食べたがとっても美味しかったー
お腹パンパン!





※ややこしいこと一切なし!子どもたちが家を出た後、作りたいのはこんな料理。
野菜たっぷり!夫婦ふたりの簡単大人ごはんの本です。
↓↓↓↓↓↓






※去年の春から一人暮らしを始めた長女へ、伝えておきたいこと全部をこの1冊に込めました。
↓↓↓↓↓

 



※NHKで放送されたまる得マガジン「1品1色で!野菜のカラフルつくりおき」のテキストです。
テキストにしか載せてないレシピもあります。
↓↓↓↓↓





更新情報を受け取れます↓


↓ライブドアのアプリでもフォローできます!



友だち追加数





読んだよのしるしに、ぽちっと応援クリック→人気ブログランキングへ