ひとつ皆様に謝らないといけないことがあります。
すみません、昨日の記事でオットの生まれた年を何故か昭和44年と書いてしまったんですが、今朝自分の記事を読み直してて気づいたんですが、








え?オットって昭和41年生まれじゃね?
なんで昭和44年やと思ったん?




すみません、思いっきり謎の年齢詐称してしまっていました。




この記事を読んだすぅさんから「ほろっとした😢」とLINEで感想が来ていました。
子どもたちは3人ともじいちゃんと遊ぶのが大好きで、実家に帰省するとほとんど1日中、ご飯の時間以外は朝から晩までじいちゃんの部屋に入り浸り、折り紙で箱を作ったり(箱の中に箱が入っているマトリョーシカ箱)、お絵かきしたり、少し大きくなってからは麻雀を教えてもらったり、トランプを教えてもらったり、囲碁や将棋を教えてもらったり(多分)。
わたしはばーちゃんやサチャンとこっちの部屋で喋るのに忙しくてあんまり知らない。

子どもたちはご飯を食べ終わるとすぐに
「じいちゃん!早くじいちゃんの部屋行こうや!」
とじいちゃんを誘い、じいちゃんはよく
「じいちゃんはちょっと休憩。
もうちょっとしてからね」
と言ってソファーで昼寝していたのを思い出しますw
(その後ちゃんと子どもたち連れて部屋に行って遊ばせてくれてた)

子どもの頃、じいちゃんと何して遊んでたん?←すぅさんへ
ーーーーーーーーーーーーー

もう週末!?
明日はまとめ記事をあげないといけないから(※決して「いけない」わけではないがwww勝手に自分でルールにしてるだけbyルールに縛られやすい人) 、今日のうちに2日分の晩ごはんいっておこう!

まずは一昨日、木曜日の晩ごはん
DSC_0004
7月4日(木)の晩ごはん
*海老とブロッコリーの炒め物
*干しシイタケの南蛮
*きゅうりの1本漬け
*冷ややっこ
*ヒラタケと焼きポテトの味噌汁
*足りないかなと思ってコロッケも並べてる(←要らんかった)

この日のイチ押しは干しシイタケ!
いつか使おう~と思って水を入れたタッパーに入れて冷蔵庫に入れて戻しておいた干しシイタケは、高千穂峡のお土産屋さんで買って来たもの。
これを適当な大きさにカットして、戻し汁はお味噌汁に、しいたけのほうは片栗粉をまぶして、

IMG_5945
フライパンで揚げ焼き。


両面カリッと焼けたら取り出し、フライパンに残った油をふき取って、


IMG_5946
砂糖、醤油、酢を入れて、

IMG_5947
火は消したまま和えるだけ。

DSC_0013
サクじゅわ~
で、めっちゃ好き。

鹿児島に行った時に居酒屋さんの1品で出てきたんだけど、美味しかったから作ろう~と思ってたのでした。

あとは海老とブロッコリーの炒め物。
DSC_0010
むきえびって思ってた以上にちっさくならん?ww

DSC_0014
美味しくいただきましたー
おなかいっぱい!


続きまして昨日の晩ごはん
DSC_0016
7月5日(金)の晩ごはん
*真鯛とベーコンのアクアパッツァ
*パッションフルーツとキウイのキャロットラペ
*塩バター蒸しかぼちゃと塩サツマイモのハニーサラダ
*サフランライス


こないだの真鯛が美味しかった~ってオットが言うので、またまた買った鯛。
美味しいと言われると嬉しくなって何回も買う傾向にある(そして嫌がられる)。

IMG_5971
半身で700円だった!

塩をして少しおいておきます。
その間に、
IMG_5973
ベーコンとニンニクをオリーブオイルでじっくり加熱していきます。

そうこうしているうちに10分くらい経つので、先ほどの塩をしておいた鯛の水分をキッチンペーパーでふき取り、皮目を下にしてフライパンへ。

IMG_5974
皮目に焼き色を付けたらひっくり返していきまして、

ってフライパンが狭すぎて焼き色がうまくつかなかったけれども。
IMG_5975
お水を注ぎ、蓋をして煮ていきます。


IMG_5976
中火で5分ほど煮たら、

IMG_5977
トマトとオリーブも入れます。
生のブロッコリーを入れたい人はここで入れて。

IMG_5978
さらに5分くらい煮て、

IMG_5979
はーい完成。


お味付けは要りません。
鯛に塩をしてあったのと、ベーコンの塩味、オリーブの塩味でもう充分に美味しい。

DSC_0038
美味しいブロッコリーと一緒に汁ごと盛り付け。
鯛の上品なうまみとベーコンのガツンとしたうまみ、にんにくのうまみ、トマトのうまみ、オリーブのうまみ!
何層にも重なり合った食材同士のうまみで白目をむくほどおいしい。
一口食べたすぅさんが
「うっま・・・」
と絶賛してくれました。

スプーンでスープごとぜーんぶいただきます。



もはやレシピも要らんかもくらいの適当さで大丈夫なお料理ですが、一応お買い物の目安にメモ。

【真鯛とベーコンのアクアパッツァ】

材料(3人分)
・真鯛 3切れ
・ブロックベーコン 100g
・ブロッコリー 1/2株(←作り置きの美味しいブロッコリーがある方は最後の盛り付けの時に)
・ミニトマト 1パック(足りなかったので普通のトマトも足した)
・ニンニク 1片
・オリーブオイル 大さじ2
・水 200ml
・オリーブ あれば
・塩 少々

作り方
1)真鯛は塩を振って10分ほどおき、出てきた水分をキッチンペーパーでふき取る。ブロックベーコンは1センチ幅に、ブロッコリーは小房にわけ、ニンニクはみじん切りにする。
2)フライパンにオイルとニンニク、ベーコンを入れて中火から弱火でじっくり加熱する。こんがりしてきたら真鯛の皮目を下にして並べ、焼き付ける。
3)鯛を裏返し、水をそそいで蓋をし、5分ほど中火で煮る。蓋を開け、トマトとブロッコリー(生のを使う場合はここで)、オリーブを加えて再び蓋をして5分加熱する。


こういう洋風おかずの時の炭水化物って悩むんですが、パスタなら合うのはわかっているんですが、なんせ我が家の場合はオットが遅い時間に食べるため、わたしはもう寝ている可能性もある。

というわけで、ごはんです。
DSC_0040
サフラン(ひとつまみをお湯に入れて色を出す)とバター、塩少々を入れて炊いただけですが。

香りが良くてアクアパッツァにもよく合います。

DSC_0041
あとは人参のラペを作り、冷蔵庫にまだ少し残っていたかぼちゃの塩バター煮と塩サツマイモにハチミツをかけてクリームチーズを散らしたものなどを並べました。



DSC_0024

美味しくいただきました。
大満足♡





※ややこしいこと一切なし!子どもたちが家を出た後、作りたいのはこんな料理。
野菜たっぷり!夫婦ふたりの簡単大人ごはんの本です。
↓↓↓↓↓↓






※去年の春から一人暮らしを始めた長女へ、伝えておきたいこと全部をこの1冊に込めました。
↓↓↓↓↓

 



※NHKで放送されたまる得マガジン「1品1色で!野菜のカラフルつくりおき」のテキストです。
テキストにしか載せてないレシピもあります。
↓↓↓↓↓





更新情報を受け取れます↓


↓ライブドアのアプリでもフォローできます!



友だち追加数





読んだよのしるしに、ぽちっと応援クリック→人気ブログランキングへ