先日のお昼ごはんに作った、明太バター醤油ライスが思いのほかすぅさんに好評で、さらにはインスタのストーリーに載せたところ「レシピ教えて!」とコメントも頂いたのに気をよくしてw忘れないようにレシピメモしておこうと思います。
もう文字情報だけですべてが伝わるレシピw

同じようなレシピで「たらこピラフ」があるんですが、これはかなり初期の頃のレシピで、なんならクックパッド時代のレシピで、と言いますのもこのたらこピラフはわたしが高校時代に友人と行っていた喫茶店のメニューだったんですよね。
あれを思い出して作ったのがおよそ20年前のこのレシピで、



炊き込みピラフではなくてチャーハン形式で、すでに炊いてあるご飯の状態から炒めて作るのが今回のレシピになります。


IMG_3833

【明太バター醤油ライス】

材料(2人分)調理時間10分
・ごはん 350g~400gくらい
・明太子(切子) 50g
・バター 20g
・青ネギ(小口切り)1本分
・醤油 小さじ2
・刻みのり 適量
・卵 2個

作り方
1)明太子は薄皮に切り込みを入れて広げ、包丁でこそげる。面倒ならしなくてもいいけど。ごはんは冷めていたらレンジで温める←ほぐれやすくなるよ
2)フライパンにバターを入れて中火にかけ、バターが溶けてきたらご飯を入れて炒める。全体に油が回ったら、明太子を入れてご飯に馴染ませるように木べらでほぐしながら炒める。全体が馴染んだら、青ネギを加えてさらに混ぜ、最後に醤油をまわしかけてよく炒め、お皿に盛る。
3)空いたフライパンで目玉焼きを焼き、2にのせる。刻みのりをたっぷり乗せる。

※明太子の塩味によって(量によっても変わるけど)、足りなければ塩を足します。



ピラフバージョンで、コンソメを使わないバージョンも作っていましたw

(タコを入れることでうまみを補っております)





こちらは先週末日曜の晩ごはんです。
DSC_0046
4月28日(日)の晩ごはん
*こないだ泊まった旅館で買って帰ったハンバーグ
*にんじんしりしり
*美味しいブロッコリー、焼きポテト
*ナスの南蛮漬け
*珍しくすぅさんが褒めてくれた春菊の明太クリームチーズ和え
*マイタケのお味噌汁

というわけでこちら、御客屋さんで買って帰った冷凍ハンバーグ。




IMG_3809
冷蔵庫で解凍し、ドリップをキッチンペーパーでふき取ってから、軽く丸め直してから焼きました。
左側の瓶が柚子胡椒なんですが、ずっと冷凍のままでいいらしいです。
冷凍のままでも、その都度取り出せるんですって。
ハンバーグはオンラインでも買えそうです↓



DSC_0049
説明書通りに解凍し、フライパンで蒸し焼きにし、一緒に買って帰ったソースもかけて。
しっかり炒められた玉ねぎの香ばしい香りと、うまみたっぷりのひき肉の素朴な味のハンバーグで、いらんものが入ってないシンプルさが好みでした!!!!!!!
素材の味を大事にしていらっしゃる!!!!!!!
ここでより美味しくさせようとして調味料をあれこれ入れがちなんですが、このシンプルさがいい。
ソースも決して味が濃いわけではなく、濃さで美味しさを演出しようとせず、トマトのフレッシュさと玉ねぎのコクが合わさって、さっぱりなんだけどうまみたっぷり、手作りっぽい優しいお味。
とーっても美味しかったです。

そしてこの日、すぅさんが珍しく褒めてくれたのがこちら。
DSC_0051
なんと春菊。
2束ものたっぷりの春菊をさっとゆでてしっかり水気をきり、食べやすい長さにカットしたものを、レンジで少し軟らかくしたクリームチーズと明太子を混ぜ合わせたもので和えただけ。
それだけ!
あ、冷蔵庫にたまたま残っていたいくらも乗せてしまったけど、これは全然無くていい。

春菊のくせが和らぐとともに、明太子とクリームチーズの組み合わせがなんとも美味しくて、パクパク食べられます。

もうレシピ要らんかもレベルで簡単なんですが一応分量だけ。

【春菊の明太クリームチーズ和え】

材料(4人分←けど3人で食べたw)
・春菊 2束
・明太子(切子) 50g
・クリームチーズ 個包装のもの2個

作り方
1)春菊は根元を切り落として(水耕栽培だったからつぶつぶついてたので切り落としましたが、根っこの場合ならば茹でた後に切っても)熱湯でさっとゆで、冷水にとってぎゅっと絞る。食べやすい長さに切る。
2)クリームチーズはレンジで20秒ほど温めて柔らかくする。明太子は薄皮に包丁で切れ目を入れ、中身を取り出してクリームチーズに混ぜる。
3)1と2をよく混ぜる。





明太子も長らくは食べてくれない食材だったはずなんですが(好き嫌い女王の次女)、たしか高校を卒業したあたりで友達と博多に遊びに行って、そのあたりから食べられるようになったんじゃないかな。
次女の場合はわたしがやんや言うてあの手この手で食べさせようとするより、よそへ連れて行って美味しい経験をさせてあげるとそれきっかけで食べられるようになることが多かったように思います。
どんどんお友達と美味しいお店に行って、世の中のいろんなものを食べられるようになってほしいと思います(責任丸投げw)。






※ややこしいこと一切なし!子どもたちが家を出た後、作りたいのはこんな料理。
野菜たっぷり!夫婦ふたりの簡単大人ごはんの本です。
↓↓↓↓↓↓






※去年の春から一人暮らしを始めた長女へ、伝えておきたいこと全部をこの1冊に込めました。
↓↓↓↓↓

 



※NHKで放送されたまる得マガジン「1品1色で!野菜のカラフルつくりおき」のテキストです。
テキストにしか載せてないレシピもあります。
↓↓↓↓↓





更新情報を受け取れます↓


↓ライブドアのアプリでもフォローできます!



友だち追加数






読んだよのしるしに、ぽちっと応援クリック→人気ブログランキングへ