IMG_2314

まだ見ぬ将来への漠然とした不安というのは、人間誰しもが少なからず持っている感情で、それがまだ幼い子どものころであれば
「ピアノの発表会で間違えないように弾けるかな」
「テストでいい点が取れるかな」
だったのが、
娘(この春から大学4回生になります)くらいの年齢になってくると、
「どんな企業に就職できるだろうか」
になってきて、自分の将来への不安というのは常に付きまとう。

不安に思うからこそ、自分にとって弱く苦手な部分を補うべく勉強したり、日々練習したり、努力を怠らないのが大切になってくるのだが、
大人になって久しい現在のわたし(だいぶ大人な52歳)は、
今が楽しければよくない?
明日から頑張ればよくない?
そこそこでよくない?

と気が緩めばすかさず自分を甘やかしてしまいそうになるのも事実だ(汗)。



IMG_2317

更年期真っ只中のわたしにとっての不安は、

歳を重ねるごとに体重や体形が変化してきたこと、
消えないほうれい線、
同じく消えない眉間のしわ、
気を抜いて座っているときに無意識に背中が丸まっていないか、
若者と喋っているときに一人だけピンと来ないワードが出てくること、
見たことあるんだけど名前がすぐパッと出てこない知り合い、
テレビに出てくる役者さんの名前、
頭の回転が鈍くなってきているのでは?

挙げて見れば圧倒的に老いへの不安が多いのだが、不安だからこそ努力することを習慣にしている。



IMG_2377
(最近のわたしの朝ごはん)
◎健康と美容のためにわたしが現在やっていること6つ


その①毎朝すっぽん小町を飲む(2020年から飲み始め、現在も毎朝欠かさず!)
その②1日3食きちんと食べる(朝はパンではなくごはんの日を増やすこと&たんぱく質を意識して摂る&19時以降は何も食べない)
その③1日8000歩あるく(2021年に年間の平均歩数が4068歩だったのだが、2022年には7517歩に、2023年には8525歩に!!)
その④英語のアプリで勉強する(これも2021年にスタートし1日も欠かさず脳トレ代わりに続けている)
その⑤週に一度ジムへ通い筋トレ1時間(2022年7月からパーソナルトレーニングジムに通い始め継続中)
その⑥睡眠は美容の基本!23時就寝6時半起床(7時間目標)




すっぽん小町を飲み始めたことがきっかけになって、せっかくいいものを飲んでいるのだから、もっと健康にいいことがしたい!といい方へ意識改革したことがほんとにわたしにとってはよかったのだと思う。
すっぽん小町って、飲んですぐ何かが変わるわけではないけれど(お薬じゃないからね)、飲み始めて1か月、3か月、6か月と時間が経っていくうちに(あれ?そういえばわたし前と違うかも?)という思いがどんどん強くなっていきます。

今ではもう手放せない!!

IMG_2323

(ここが定位置!冷蔵庫に貼っています)

先日、すっぽん小町の会社「ていねい通販」の方とzoomで久しぶりにお会いした時に伺ったのですが、4年も飲み続けている今となってはもはや習慣になってしまっていたけど、改めてその成分の良さに「やっぱり続けていてよかった!」と心の底から思いました。

今回のzoomの時にお聞きして、これは読者の皆様にも是非伝えなければ!と思ったことがあったので書いておきます。

これまでブログではあまり紹介していなかったのですが、
すっぽん小町は「はがくれすっぽん」を頭からしっぽまで丸ごと全部活かして作っているから、「アミノ酸」と「コラーゲン」以外にも
女性に嬉しい「鉄」「カルシウム」「DHA」「EPA」「亜鉛」「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンE」
などの、元気とキレイをサポートしてくれる成分がたくさん詰まっている
のです。
滋養強壮と言われる高級すっぽん料理を頂くよりも、甲羅や内臓、軟骨なども全部含まれているこのすっぽん小町のほうが、めっちゃくちゃ栄養価が高いってこと!!
さらにはそれらを酵素分解してソフトカプセルに詰めているので、コラーゲンの吸収率も圧倒的に高いのも凄くないですか。
いやぁ・・・つくづく、改めて思いましたね、ちゃんと飲んでいてよかった!と。出会えてよかった!と。






IMG_2138

「母さんって、元気だよね!」
と以前のわたしを誰よりも知っている20代の娘たちに言われたことがある。

娘たちと一緒に旅先でもお寺の階段をすいすい登れるし、朝から晩まで1日中立ちっぱなしで料理の仕事をしても、終わったあとに足りない食材を小走りで買いにも行けるし、娘たちに付き合って1日中ショッピングで歩き回っても、店の隅のベンチに座り込んで
「買うものが決まったらここまで呼びにきてくれ」
とも言わなくなったw
休日にはオットと山登りまでしている始末ww←どんだけ元気なのアナタ


そういえば昔は体力勝負の長時間の撮影の前には必ず、必ず、必ずなんらかの栄養ドリンクを飲んでいたのを思い出したわ、もはや保険代わりに!(今では全く飲まなくても平気)
体力がとことんない、すぐ座り込む、それが私だったはずなのにw

IMG_4889

70代、80代になった時に毎日軽々と階段を駆け上れるくらいの軽やかな身のこなしが自慢のおばあちゃんになるためには、自分がいざ70代になってから「じゃ、そろそろエレベーター乗るのをやめて、階段で行きますか~」とスタートしたのでは相当しんどいと思うからこそ(50代に出来なかったことが70代から易々と出来るかい!)、だからこそ今、やっておかねばと思うのです。



というわけで、この度すっぽん小町を初めて試される読者さん向けにキャンペーンを用意していただきました!!


▼キャンペーン期間
3/29(金)~4/30(火)
▼キャンペーン特典内容
初めてすっぽん小町をご購入くださったお客様に「初回300円offクーポン」をプレゼントさせていただきます。

※上記リンクか下のバナーからご購入いただいた方のみキャンペーン特典が適用されますのでご注意ください
↓↓↓↓↓
9-21_30599


わたしももういつの間にやら気づけば4年目になったすっぽん小町生活、この機会に是非一緒に始めませんか。

※ちなみに・・・初めての出会いはこの時↓


(この時をきっかけにして、自分でも定期購入し始め・・・)


1年後↓



そして現在に至ります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昨日の晩ごはん
DSC_0003
3月28日(木)の晩ごはん
*韓国風炊き込みごはん
*料理教室用の試作で作った鶏肉
*素朴なにんじん
*えのきのお吸い物
*イカリスーパーで買った桜あんタルト




DSC_0007
先日作ったときに次女が「これ、また作っていいよ」と言っていたビビンバ炊き込みご飯ですが、わたし的にはベチャついている気がしたので作り直したかったw
味としては美味しいんだけど、米自体が美味しく無くなる(食感が死ぬ)のは許せなくて。
というわけで作り方を変更し、納得いくのが出来ました。

また改めて別記事にてレシピご紹介しますね。




※ややこしいこと一切なし!子どもたちが家を出た後、作りたいのはこんな料理。
野菜たっぷり!夫婦ふたりの簡単大人ごはんの本です。
↓↓↓↓↓↓






※去年の春から一人暮らしを始めた長女へ、伝えておきたいこと全部をこの1冊に込めました。
↓↓↓↓↓

 



※NHKで放送されたまる得マガジン「1品1色で!野菜のカラフルつくりおき」のテキストです。
テキストにしか載せてないレシピもあります。
↓↓↓↓↓





更新情報を受け取れます↓


↓ライブドアのアプリでもフォローできます!



友だち追加数






読んだよのしるしに、ぽちっと応援クリック→人気ブログランキングへ