ドラマ好きなのでよく見る(最近は数は減らしてるけど)。
が、うちはオットがドラマを一切観ないので、いや観ないという言い方では足りないな、前世でドラマとなんか確執があったんかと思うほどにドラマ嫌いで、自分が一切観ないだけでなく、ドラマが付いてるだけでも嫌がる。
それでも昔はオットの前でドラマを観ることもあったのだが(オットは新聞を読むなど別のことをしている)、こっちが集中して観ているときに、時にその内容に涙ぐみながら観ていたりするときに、
「どうせ○○やろ?」
「このあと××になるんちゃうんw」
等、水を差すようなチャチャを入れてくるため、もうオットの前で観るのはやめた。

なのでリアルタイムでわたしが大好きなドラマを観ることは無く、すべては録画しておき翌日以降に、オットがいない時間帯に観ることにしている。

さて。

新しいドラマシーズンに入ると、今期は何を観ず何を観るか、慎重に検討に入る。

まずは新ドラマのあらずじなどや出演者の顔ぶれなどを一旦公式サイトで確認し、第一回目を観るかどうかの選考に入る。
この段階で
(一応、撮っとくか)
となったとしても、実際に第一回目を観て
(やっぱこれやーめよ)
となることもあるし、観ようと決めたものでも二回目、三回目くらいでやめてしまうものもあるのだが←それで前回大失敗したVIVANT脱落組


実妹サチャンや実家の母もドラマ好きなので、新ドラマはあれを観た、あれはどうだった、こうだった、観る、観ないなどみんなの意見も聞きつつ厳選して観ていくのだが、今期は今のところ
陰キャのドラマ(共感しかない「いちばんすきな花」)と、下剋上球児とフェルマーの料理あたりを観ています。
「おいしい給食」と「きのう何食べた」は言わずもがな。
韓国ドラマも観てるからなんせ忙しくてこのくらいしか時間が取れず。


そんなわけで昨日は実妹サチャンと母とわたしの3人のLINEでドラマの話題になった。

実母:下剋上嫌な展開
かなえ:あたしも言おうと思ってた
サチャン:いやだよね


かなえ:喜多見チーフにあるまじき不誠実さ
サチャン:喜多見チーフにそんな裏の顔!
常に誠実なのに!


かなえ:治療も判断も常に的確
サチャン:部下に対しても
かなえ:もっと声に出して指示出してほしい
サチャン:励まして安心を与える

かなえ:それでこそ喜多見チーフ
サチャン:それがわたしたちの喜多見チーフ
かなえ:俺たちの
サチャン:喜多見チーフ




その後、母までもが、下剋上を観ているときにたまに喜多見チーフが顔をのぞかせることがあると言い出し、




みんなどんだけ喜多見チーフが大好きなのかという話wwww



忘れられない、喜多見先生のことが。



ちなみに現在観ている韓国ドラマは「カネの花」です。

昨日の晩ごはん
DSC_0005
10月30日(月)の晩ごはん
*手羽元のさっぱり煮 青梗菜・半熟卵
*麺なしタンメン
*みたらしかぼちゃ
*3種のぶどう食べ比べ

DSC_0011

生協で冷凍の手羽元800gを買っていたので、それを2つに分けまして・・・・


IMG_7058
手前をお酢煮にして、奥はスープを取るために。


IMG_7061
酒、醤油、黒酢、ニンニクで煮ていきます。
甘い調味料を使わなくてもめちゃくちゃ美味しいです。





IMG_7059
こちらはスープのほう。
水からしっかり茹でて、


IMG_7064
肉は取り出して半熟卵と一緒に醤油に漬けておきました。
これはいつかの晩ごはん用に。


スープのほうには、

IMG_7066
どっさりのお野菜と少しだけ豚バラも入れて、塩とブラックペパーで味付けするだけ。


DSC_0013
二度見レベルで美味しいです。
本当に美味しいと、味見した時に一瞬白目になるわ。
やばいおいしさ。
このおいしさを知ってしまうと、もう市販の素には戻れなくなってしまうという弊害があります。












ーーーーーーーーーーーーー
おせちを監修させていただきました。
こちらのデパートにてお取り扱いがあります。
↓↓↓









ライブドアブログアプリでフォローできるようになっています!
また詳しく書きます!

友だち追加数

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

子どもが巣立って行ったあと、夫婦二人になったら何を食べればいいの?何を作ったらいいの?とおかず迷子になった大人たちへ。
もう子どもに媚びなくてもいい、こんなのが食べたかった!な、大人味の野菜たっぷりおかずの本を作りました。


旬のお野菜を存分に食べられる大人のためのレシピ本です!
↓↓↓↓↓



野菜たっぷり! 夫婦ふたりの簡単大人ごはん (扶桑社ムック) [ 井上かなえ ]
野菜たっぷり! 夫婦ふたりの簡単大人ごはん (扶桑社ムック) [ 井上かなえ ]




本について詳しくはこちらの記事をご覧ください。
↓↓↓↓↓


夫婦二人になった途端、やる気スイッチを見失った方にもおすすめです!




読んだよのしるしに、ぽちっと応援クリック→人気ブログランキングへ