先日長女が
「母さんのオムライスのレシピはどこに載っているの?」
と唐突に聞いてきたんですが、


どのレベルのオムライスなのかわからなくて。
求めているレシピは何なのかと。


まず誰が作ろうとしているのか(料理の腕のレベルは?)
どんな状況で作ろうとしているのか(一人暮らしの限られた調理道具調味料のキッチンなのかそれとも実家暮らしで食材ぎっしりの冷蔵庫があるのか)
味はいわゆる王道のケチャップのオムライスをイメージしているのかそれとも創作系でもいいのか
時間がかかってもいいからちゃんと作りたいのか、それともなんちゃってでもいいから手早く、見た目がそれなりならいいのか、


いろいろ聞きたい。

一口にオムライスと言ってもみんながそれぞれイメージするオムライスが違うからほんと難しいんだよキミ。

そもそもフライパンでケチャップライスを炒めた後それを一旦どこかに避難させておいて、
その間にフライパンを洗って再び火にかけ、それを使って薄焼き卵を焼いて
そして先ほどの避難させておいたケチャップライスをここに置き、くるっと巻いて完成っていう手順を考えると、フライパンを1回洗わなあかん。
じゃあ2回フライパンを使うなら先に卵を焼いておけば、フライパンは汚れないからそのまま洗わずにケチャップライスを作れるけれども、
ご飯を卵でくるっときれいに包むという作業が今度は出来なくなる。
お皿に盛り付けたケチャップライスに冷めた卵シートをかぶせて形を整えると、卵とごはんが一体化しなくてそれぞれ!って仕上がりになるだろう。
今、フライパンを2個使いすればいいのでは?と思われた方、正直に手を挙げなさい。


というのを一気に頭の中で考えながら、
娘に「誰がどんな状況で作るん?」と聞いたところ、

友達が一人暮らしの彼の家でチャチャっと作ってあげたいイメージだったので、それならばこれかなとほめ弁のオムライスを紹介しておきました。
これは先に卵シートを焼いておく手順ですが、フライパンを途中で洗わずともフライパンが1つしかないキッチンでも、いわゆる王道のオムライスが出来る。






ちなみになんですが、

🔍井上かなえ オムライス
で検索して出てきたオムライスレシピ↓




中身をケチャップライスにするならこれ↓



そしてこちらはきれいな形のオムライスの作り方を写真で紹介してるんだけど、創作オムライスっていう↓



各自、お好みのオムライスをお選びくださいw



ーーーーーーーーーーーーーーー


週末土曜日の晩ごはんです。
DSC_0008
11月12日(土)の晩ごはん
*ミルフィーユとんかつ 千切りキャベ 美味しいブロッコリー
*レンコンのきんぴら
*アスパラの胡麻和え
*大根と椎茸のお味噌汁
*ちりめん山椒


極薄しゃぶしゃぶ?だっけ?めっちゃ薄切りの豚ロース肉を買ってあったんですが(あればなんかに使うやろ!となんの計画もなく)、それを使ってミルフィーユとんかつにすることに。
1枚ずつ丁寧に広げたのは表面の1枚だけで、中はパックのままがばっと5枚ずつくらいとって厚みが均一になるように重ねただけ。
IMG_2777
1トンカツ当たり15枚くらい重なってます。
なんせ向こうが透けて見えるくらいの極薄切り肉だったので。
塩、胡椒をまんべんなく振って、フライ衣を丁寧につけて、

IMG_2779
少なめの油で揚げ焼きに。

IMG_2780
わーい美味しそう!

わざわざ薄切りの肉を買ってこなくても厚切りのお肉を買えば手間も無くていいんですが、たまには手間暇かけたい日もあるのよ。

DSC_0009
大根おろしとポン酢を掛けていただきます。


断面はこんな感じ!
DSC_0010
包丁で切った途端に切り口からザーッと肉汁が溢れます。
それほどに超ジューシー&柔らか。

お時間あるときにお試しください。


DSC_0011
アスパラの胡麻和えは、これは冷凍のカットアスパラを使っています。
耐熱コンテナに入れてレンジで2分ほど加熱した後、水気をきって塩、砂糖、少量のお醤油、そしてすりごまで和えただけ。
冷凍のお野菜は価格が安定しているし、レンジするだけでまな板も包丁も使わず、あと一品というときに便利です。



そしてこちらは昨日の日曜日。
DSC_0015
11月13日(日)の晩ごはん
*鮭のホイル焼き
*塩サツマイモのサラダ(ローストアーモンド、レーズン、クリームチーズ、マヨネーズ)
*いんげんのおかか和え
*ナスと小松菜のお味噌汁


DSC_0022
こちらも冷凍のいんげんを1袋使った副菜。
これはカットされていなかったので半分の長さに切り、レンジで2~3分チンしたあと同じように水気をきり、
塩、醤油、削り節で和えるだけ。
今回はいんげんでしたが、ブロッコリーなどでも同じように出来るのでお試しください。
ポイントは醤油で味付けしようとせず、塩で味付けするところ。
醤油で味付けするとなかなか味が馴染まなくて醤油をどんどん使ってしまいがちなんですが、それよりも塩味は塩でつけておき、醤油はあくまでも香りづけの位置づけで使うと調味料も少なく味が決まります。
汁汁しない仕上がりなのでお弁当にも入れやすいです。





ーーーーーーーーーーーーー
NHK「まる得マガジン」で8回にわたって放送された、カラフルつくりおきのテキストです。
楽天↓

レビューめっちゃありがとうございます!


ーーーーー


読んだよのしるしに、ぽちっと応援クリック→人気ブログランキングへ