いちじく売ってません~とよく言われてしまうのですが、地域に寄るんですかねぇ・・・
こちらではよく売ってるんですが。
実家にいる頃も母が好きだったのでよく家で食べていました。
いちじくは日持ちがしない&追熟させることも難しい&輸送が難しいとのことで、ほんと自分の住んでいる地域で作っていない限りはお店に並ぶことが稀なのかもしれませんね。
わたしが住んでいる西宮では、兵庫県内から朝どれいちじくとしてその日のうちに(それか翌日くらいかな)並ぶみたい。




先日買ったいちじくが、まだ硬かったので(台風の影響で完熟する前に収穫したっぽい?)、
そのまま食べるのは甘さが足りないし、完熟にありがちなあのとろっとした柔らかさも無かったので、せっかくなのでお料理にしてみることに。


IMG_0790

皮ごと半分に切って・・・


IMG_0791

豚バラ肉を巻き付けて・・・
あ、軽めに塩、胡椒振っておきます(フライパンの中で失礼いたします)

IMG_0792

中火で転がしながらこんがりと焼いていきます。
豚肉が薄っぺらかったのでわりとすぐに火が通りました。


お皿に取り出したあと、脂は全部ふき取りまして、
IMG_0793

調味料を入れて軽めに温めて、ソースにします。

DSC_0049
え、好き・・・



自分で作っといてなんなんですが、目が飛び出るほど美味しい一品になりました。

しかし
いちじくもレア食材な上に、常備している人が少ないであろう調味料、バルサミコ酢まで使うという、誰にも配慮のない独りよがりレシピですが、来年の自分のためにレシピ書いておきましょう。
そもそも料理に果物を使っている時点で作らない人が90パーセントくらいと思われw



DSC_0054


【イチジクの豚肉巻きバルサミコソースで】

材料(3人分くらい)調理時間15分
・未成熟のイチジク 5個
・豚バラ薄切り 10枚
・塩、胡椒 少々
A
・バルサミコ酢 大さじ1
・醤油 大さじ1/2
 ・メイプルシロップ 大さじ1/2

作り方
1)イチジクは軸を切り落とし、皮ごと半分に切る。これに豚バラ薄切り肉を巻き付け、塩、ブラックペパーを降って巻き終わりを下にしてフライパンに並べ、中火にかける。
2) 面を変えながら全体がこんがり焦げ色がつくまで焼いたら皿に取り出す。空いたフライパンの余分な脂をキッチンペーパーで拭きとり、Aを入れてひと煮立ちさせて火を止める。これを肉巻きにかける。


※イチジクの代わりになりそうな代用としては・・・多分柿とか?ラ・フランスとか?柔らかい食感の果物がイメージかも。時期は違うけど、甘くなかった残念な桃でもできるかも。
※メイプルの代わりですがはちみつでもキビ砂糖でも。あるものでどうぞ。









そんな一昨日の晩ごはんは結婚記念日
DSC_0055
9月21日(水)の晩ごはん
*いちじくの豚肉巻きバルサミコソースで
*グリルナスとかぼちゃのマリネ
*シイタケのレンチン胡麻ナムル
*レッドキドニービーンズのマリネ
*カーニヴォ


オットは仕事だったので、別の時間にそれぞれお祝いってことで💦
(先日の旅行がお祝いなので当日はシンプルに)

オットはこれにプラスして、昼間にわたしが作り続けていた親子丼の試作を山ほど食べていただきました。


DSC_0050
あんなに硬くて甘みの足りなかった残念いちじくが、どうしたん?ってくらい化けました。
口の中に入れると、豚肉のしっかりしたうまみと塩っけを感じつつ、中のいちじくがすかさずほどよくとろっととろけ、そしてこのバルサミコの薫り高きソースよ・・・メイプルの自然過ぎる寄り添った甘み・・・総じてめちゃくちゃ美味しい・・・


好き。
わたしと同じ味覚を持つ長女も大絶賛でした。
夫は特に感想は言いませんが、残さず全部食べていたので、嫌がるほどではなかったということでしょう。



DSC_0061
こちらはマッシュルームくらいの大きさの小さな椎茸を手で割いて、レンジで加熱した後、塩とごま油、すりごまで和えました。
おいひ~・・・


DSC_0062
これも。延々と食べられるシリーズ。

ボトルでテーブルに置くとどんどん飲んじゃって。



はいはいおめでとうおめでとう。
はーいおめでとう。



ーーーーーーーーーーーーー

NHK「まる得マガジン」で8回にわたって放送された、カラフルつくりおきのテキストです↓
今週月曜の21時55分から、また8回シリーズで再放送されています(8月に放送された内容と同じものです)。
来週も月~木までよろしくお願いします。


楽天↓

レビューめっちゃありがとうございます!


久しぶりにメイさんのこと↓