この季節限定のお野菜と言えば!
そう、新玉ねぎ(他にもいろいろあるけど)。

いや~新玉ねぎがほんっと美味しくて!
生のままスライスしてポン酢で食べてももちろん、一瞬加熱して食感を残しつつその甘みとフレッシュさを味わうっていうのも好き。

↓【極甘◎塩ごま新玉ねぎ】




スライスして洋風のサラダにするのも好きです。
大人はスライスしてそのままでも食べられますが、たまに個体差があって少し辛味が出てきてしまっている玉ねぎもありますよねぇ、、食べてみないとわからないっていうか。
この辛味を抜くためには水にさらしたりしますが、せっかくの玉ねぎの栄養を余すところなくいただきたいので、時間があるときにはスライスした後少し空気にさらすようにして置いておくと(30分くらい)、辛味も抜けて食べやすくなります。
でも時間が無いときはお水にさらしてざるにあけ、水気を絞る方法でもいいと思うー!


IMG_5818
スライサーではなく、包丁切りするほうが食感と存在感が残って好き。
薄切りにした玉ねぎをボウルに入れて空気にさらしたあと、お塩を混ぜていきます。
↑はブラッドオレンジですが、リンゴで作っても美味しいし、キウイでもいい。
10分くらいすると・・・

IMG_5819
玉ねぎがしんなりして、玉ねぎ自身の水分でしっとりまとまってくれます。
ブラッドオレンジの色が玉ねぎに移ってピンク色になりました。

あとはここに、米酢かワインビネガー、またはレモン汁などの酸味を加え、
甘いのが好きな方は少量の甘みを足し(おすすめはメイプルシロップですが、はちみつやキビ砂糖でも)、
エキストラバージンオイルを加えてふわっと混ぜるだけ。

DSC_0026

みずみずしくて甘くて最高~
お好きな方はここにブラックペパーを振っても良き。
新玉ねぎ1個あれば1品になるので、この時期は昼ごはんにも晩ごはんにも作って食べています。


【新玉ねぎとオレンジのサラダ】

材料(4人分)
・新玉ねぎ 1個
・ブラッドオレンジ(またはオレンジや季節の果物で) 1~2個
・塩 小さじ1←新玉ねぎの大きさによって加減する
・白ワインビネガー 大さじ2(または米酢、レモン汁など)
・エキストラバージンオリーブオイル 大さじ2

作り方
1)新玉ねぎは薄切りにしてボウルに広げ、空気にさらすようにして15分ほどおく。
2)ブラッドオレンジは皮をむいて1センチ厚みのいちょう切りにし、1に入れて塩を混ぜ、10分ほどおき、水分が出てきてしんなりとまとまってきたら、白ワインビネガー、エキストラバージンオリーブオイルを混ぜる。


カニカマを合わせておしゃれなサラダに↓




ーーーーーーーーーーーーーーー

一昨日の晩ごはん
 DSC_0021
5月1日(日)の晩ごはん
*豚肉とピーマンの和風春雨煮
*小エビのから揚げ
*新玉ねぎとブラッドオレンジのサラダ
*ラディッシュの甘酢漬け
*お豆腐のお吸い物


DSC_0024
豚バラのしゃぶしゃぶ用のお肉と厚みのあるピーマンをお出汁で煮て、その煮汁を全部春雨に吸わせて仕上げたおかず。
甘みなしで塩と醤油、生姜だけで仕上げています。


DSC_0025
これは生協で買った冷凍の!
家でエビを揚げようと思ったら油の飛び散り関係で躊躇してしまうけど、これは解凍するだけで食べられるし、美味しかった!

DSC_0026
サラダのようなデザートのような立ち位置の食べ物が好き。


DSC_0027
なかなかいいお値段している山椒の葉っぱ。
10枚くらい入って398円とか?(しかもだいぶしなしななりかけてる)
好き過ぎるので家で栽培したいと毎年思うけど、昔実家の庭に植えたところ全部毛虫にやられちゃって、それがトラウマになっています・・・
↑これは八百屋さんで見つけた!10枚入りで138円だったので大喜びで買ってきたw




※お知らせ
サントリーさんのONE WINEのサイトで、「母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記」内のブログ記事を紹介していただきましたー!
わたしのほかにもYOMEさんや、るぅさんのめっちゃくちゃ美味しそうな記事もピックアップしてリンクしてありますので、わたしの記事も含めwどの記事を紹介していただいているか、是非ご覧になって確かめてみてください。
↓↓↓↓↓







続きはメイさんの思い出↓↓↓↓↓