お待たせしました!(待ってない?)
我が家のご意見番の長女なーさんからやっとオッケーが出た、肉吸いです。
「肉吸い」は関西にお住まいの方以外にはあまり知られていないお料理だと思いますのでまず説明いたしますと・・・



肉吸い(にくすい)は大阪の一部飲食店にみられる料理。肉の吸い物の意で、簡単に言えば肉うどんからうどんを抜いたもの。鰹節や昆布などを使った関西風のうどんつゆに、薄切り牛肉と半熟状態の卵が入っている。卵なしや豆腐入りのものも存在する。
~ウキペディアより~


ちなみにこの「肉うどん」ですが、関西では「肉=牛肉」のことを指しますので、ここでももちろん牛肉入りのお吸い物ってこと。

IMG_5728
はい、こんな感じです。
これは試食用に小さなお椀に盛り付けたのであれですけど、本来の1人前はこれの倍の量のイメージで作りました。


先週東京出張はこちらのヤマキさんの吟だしのお仕事でだったのですが、
わたしたち料理家3名(あそれいさん、ちょりママ、かな姐)がそれぞれ作った「吟だしを使用したお料理」をみんなで試食しました。
今回のテーマは「簡単・お手軽」。

あそれいさんが作られたのは↓
IMG_5724
野菜の焼き浸し。
冷蔵庫にあるお野菜なんでも!フライパンでごま油で焼いて、吟だしと調味料で作った浸し地に漬け込むだけ。
冷蔵庫で冷やして食べると夏にぴったり!作り置きにも最高~な、一品。


ちょりママが作られたのは↓
IMG_5726
もち米×吟だし×塩っていう潔さ(好きやで)のだしおこわのおにぎり。
なんも特別なものは入れてないんだけど、じわっとくる米の甘みがしみじみと味わえます。
(あまりにも気に入ったので、おやつに2つ余分に貰ったww)


IMG_5729
いや~美味しかった!
焼き浸しも炊き込みご飯も、わたしもまた作って美味しいのが出来たらレシピあげますね。
肉吸いも皆さんに好評で良かったです・・・ほっ
(先日書いた記事から早速吟だしを買ってくださった方がいらっしゃったそうで、ヤマキさんが大変感謝されてましたーーー!)




というわけで、お待たせしました!
こちらが家で作ったときの1人前の肉吸いです。

DSC_0005
豆腐と牛肉と青ネギ(九条ネギ)。
だしのおいしさをとにかく存分に味わってほしい、そんな仕上がりにしたくて、調味料をどんどん減らし、シンプルに。塩とお醤油でOK。酒すら要らん。
それぞれの素材のおいしさを味わえる、心の底からホッとできるような汁物になりました。
汁物なんだけどメインを兼ねてるっていうか、これとごはんで全然いける。
和風のシチューみたいな感じ?決してシチューではないけれども、メインとしていける!

牛肉は一回さっと茹でて洗うことで余分な雑味が無くなり、あくも無くなるのでおだしが濁りません。
ちょっとのひと手間だけど、仕上がりが違うのでぜひ。
牛肉の甘みと豆腐のクリーミーさ、ネギのシャキッとした食感とそしてだしのうまみよ!!!!!
ほんっとに美味しいので是非お試しください。

(なーさんお墨付き)


【肉吸い】
材料(2人分)調理時間10分
・吟だし 1袋(200ml)
・塩 小さじ1/2
・醤油 小さじ1
・牛切り落とし肉 100g
・青ネギ 30g
・絹ごし豆腐 200g

作り方
1) 鍋に湯を沸かす。牛肉は1センチ幅に切り、熱湯に入れて色が変わるまで10秒ほどゆで、ざるにあけて湯を捨て、牛肉はさっと洗う。豆腐は水気を軽く切って食べやすく切り、青ネギは斜めに薄切りにする。
2) 鍋を洗って吟だしをそそぎ、豆腐を入れて中火にかける。煮立ってきたら塩、醤油を入れて牛肉を戻し入れてひと煮立ちさせ、火を止める。
3) 器に盛り付け、青ネギを乗せる。

※汁は200mlだけなので、たっぷりスープを味わいたい方はお好みでお水を50~100ml足してもよいです。その場合はお塩を気持ち多めに←必ず味見して決めて!
※牛肉の代わりに豚肩ロースのしゃぶしゃぶ用のお肉でもできます。


※吟だしを使わずに作る場合は、昆布とかつおで丁寧にとったおだしをお使いください。
※その他、だしの素や他社だしをお使いになられたい場合は塩加減が変わってきますのでご注意ください(だしの素や他社だしには塩分が含まれていることがあるので、お持ちの商品の裏の原材料名をよくご覧くださいませ)

吟だしはなんせ・・
aa113815
原材料、かつおぶしとこんぶだけです。




これ、絶対定期便とかあればいいのに~
月に一度送ってきてくれるプランを是非ご検討ください(ヤマキさんへ伝われ)。


次回のミッションは引き続き簡単レシピでこんな料理にも使えるんだ!という応用編。
井上の担当は主食になりました。
何作ろう~♪わくわく~



ーーーーーーーーー
週末土曜日の晩ごはん
DSC_0003
4月30日(土)の晩ごはん
*アメリカ産牛肉のリブロースステーキ
*グリルカボチャとグリル玉ねぎ
*春キャベツとバジルのスープ

DSC_0013
ブラックペパー、クミン、レッドペパー、コリアンダー、ガーリックをミルに入れてガリガリっとお肉の表面にひいて、塩も振って焼きました。
オリジナルのステーキ用スパイスミックス的なw

たっぷりのパクチーを添えて。
赤ワインが進む進む。


DSC_0019
春キャベツはスープの素などを使わず、これは春キャベツから出るうまみのみで味付けは塩だけ。
香りづけにローリエとドライバジルを入れました。
メインのお肉がしっかり味なので、スープは優しく。
バランス大事。




続きはメイさんの思い出↓↓↓↓