我が家の女子大生たちは、学校だのバイトだのサークルだの毎日大変お忙しくていらっしゃる。
夜遅く帰ってくる日には
「今日はスープだけにするからよろしく!」
と言い残して出かけるため、
そうなると母さんは今夜のスープにどれだけの栄養を詰め込めるか、が課題になってくる。

一皿で野菜もお肉も食べられて、さらに身体もあたたまり、胃も満足しつつも決してもたれることなく。
ご飯やパンは食べなくても十分に満足できるスープとは・・・

例えば具沢山豚汁とか。
例えば具沢山ミネストローネとか。
(具沢山言うてればいいと思っている)

シチューとかポトフとかカレースープ、飽きないよういろいろ手を変え品を変え味を変え食材を変え、日替わりでお母さんはせっせと作るのだが、
昨日は豚薄切り肉×さつまいもで、シチューにすることに。


ルーを使ったホワイトシチューも子どものころから大好きだったけど(母さんが小さい頃の好きな食べ物はシチューだったよ)、ルーを使わないバージョンもちょっとの工夫で美味しくなります。



IMG_0324
まずはお野菜をじっくり炒めていきます。
バター(スライスチーズのように見えるけれどもそれはバターやねん)とサツマイモと玉ねぎを鍋に入れ、塩を振りかけて(このくらいかけたら美味しいかな~ってくらい)ふたをして蒸し焼きにします。
10分くらい、中火でたまにかき混ぜて火のあたりを変えてやりながらじっくり蒸し焼きにすると、お野菜の甘みが引き出されて美味しくなります。
もはやこれだけでも美味しい!ってくらいちゃんと加熱します。
牛乳を入れた後は煮込まない予定なので、ここでちゃんと火を通すこと。

IMG_0326
豚肉を入れます。
どさっと入れず、出来れば手でほぐしながら、1枚ずつがバラバラになるように入れたほうがいいです。
木べらでざっくりとかき混ぜながら、お肉にも火を入れていきます。
蓋をすると早いです。

IMG_0327

ここでお肉にも塩、胡椒を振ります。
このくらいかけたら美味しそう!ってくらいかけます。

IMG_0328
薄力粉を入れて、粉っぽさがなくなるまで炒めます。

IMG_0329
粉が馴染みました。

IMG_0330
牛乳を入れます。
木べらで底をかき混ぜながら煮立たせていきます。
ほっといたら底が焦げ付いたり、だまができたりするのでかき混ぜながらがお約束。

IMG_0331
ローリエがあれば入れます。
これを入れることで牛乳臭さや肉の肉肉したにおいが軽減され、す~っとした清涼感のある香りがつき、これでぐっとホワイトシチューらしい香りになります。
料理は香りが大切やで・・・

IMG_0332
木べらでかき混ぜながら加熱していると、煮立ったころにはいい感じにとろみがつき、具自体も煮込まなくてもすでに火が通っているのでこれで味を調えれば出来上がりです。
今回は具材一つずつに下味をつけたので、ここで一度味見をし、足りなければ塩を足す感じ。
昨日の場合は、塩小さじ1くらいここで入れました。

IMG_0333 (1)
食べる直前に春菊を入れてさっと火を通して盛り付けました。

春菊が加わることでまたちょっと味のポイントとなり、美味しくなります。
春菊の代わりなんですが、例えば粒マスタードとか、実山椒とか、柚子の皮を散らすとか、そんなのでもいいと思います。
なーんも無ければブラックペパーを振るだけでもいいし。

じっくり加熱したサツマイモがあま~く、そして豚肉のしょっぱみと牛乳の甘さとクリーミーさが絶妙なところに、春菊のきりっとした主張がまたいい感じに生きてくる!
春菊があまり好きではないオットも何も言わず完食!w



昨日の晩ごはんはこんな感じ
IMG_0335
11月28日(日)の晩ごはん
*豚とサツマイモのクリームシチュー
*牛タンの甘辛焼きとちぎりキャベツ
*レンズ豆ときのこ
*びーーーーーーーーーーーーーーる


オットと息子には、牛タンをメインでご飯は大盛り、シチューは汁物サイズにて提供し、
美意識高めの大学生たちは、クリームシチューだけを食べました。

寒い中を帰宅して、
「こんなのが食べたかった!今日はこういうイメージやった!」
と女子たち大喜びで食べていましたよ、フフフ。





【豚とサツマイモのクリームシチュー】
材料(5人分)調理時間30分
・豚バラ薄切り 400g
・サツマイモ 400g
・玉ねぎ 1個
・バター30g
・塩、胡椒 各適量
・薄力粉 大さじ3
・牛乳 800ml~1000ml
・ローリエ 2枚
・仕上げに入れる塩、胡椒
・春菊 1束

作り方
1)サツマイモは乱切りにして水にさらし、玉ねぎはくし形に、豚肉は5センチ長さに切る。
2)鍋に水気をきったサツマイモと玉ねぎ、バターを入れて塩を振り、蓋をして中火にかける。時折木べらでかき混ぜながら10分ほど蒸し焼きにして、完全に火を通す。
3)豚肉を広げて入れ、蓋をして5分ほど加熱する。たまにかき混ぜながら8割くらい色が変わってきたところで、塩、胡椒を振り、薄力粉を入れて粉っぽさがなくなるまで炒める。
4)牛乳を注ぎ、ローリエを半分に折って入れ、木べらでかき混ぜながら煮立たせる。煮立ったら味を見て、塩で味を調えて火を止める。
5)食べる直前に春菊を入れてさっと煮て盛り付け、胡椒をふる。





ついでに土曜日の晩御飯も載せておこうかな。
DSC_0004
11月27日(土)の晩ごはん
*たらの西京焼き
*小松菜の浅漬け
*牛ごぼうごはん
*出汁巻き卵
*豆腐とお揚げのお味噌汁


和食気分の日でした~
(スパークリングをそんなにグラスいっぱいになみなみと入れる人はいませんよ!)



チキンのクリームスープの作り方はここに載っています↓




続きはメイさんの思い出↓↓↓↓↓