オットの健康診断の結果が返ってきた。
この年代になってくれば普段自分では元気なつもりでも、数値で見ればあちこちいろいろ不具合が出てくるもの。
しかしうちのオットといえば若いころから酒は一滴も飲まないし、あれほど堂々と「続けることに意義がある!」と言っていたタバコとも縁を切って10年以上経つ(たぶん10年くらい?もっとかな?自分のことじゃないからはっきりとは覚えてないけど)。
さらにはもう15年以上、週に2回はジムへ行き、運動量もばっちりだ。
ここ数年で腹回りが少し成長しつつあるようだが、30代のころまでは体脂肪率7パーセントという驚異的な数字であった。


そんなオットの今回の健康診断の結果だが、なんと尿酸値が高かったと!
尿酸値が高いだ・・・と・・・・?!
尿酸値が高い人のイメージといえば、プリン体を多く含む食品を過剰摂取する人?なのかな?というあいまいなイメージしかなかったので、早速調べてみたところ、


尿酸量が増える主な原因は生活習慣だそうだ。
飲酒習慣など、プリン体や脂質を含む食品の過度な摂取や、肥満、ストレスなどの生活習慣が原因になるらしい。
外食が多い方や、お酒を飲む機会の多い働き盛りの男性などは要注意、と。


んん・・・・?
飲酒をしない、肥満でもない、外食はほぼゼロなのだが・・・?




まあよい、いったんそれは置いておいて、
では尿酸値を下げるためにはどうしたらよいのだろうか?
そのためにはまず食事からのプリン体摂取を控えることとともに、尿酸の排せつを促すように十分な水分の摂取を心がけること、適度な運動によるストレスの発散などを心がけ、生活習慣を改善することがとても重要です、と。


プリン体の多い避けるべき食品としては、特に多いものがアジ干物、レバー、白子、カツオ、イワシ干物、大正エビ、干しシイタケ、大豆、煮干し。
多いものが、マイワシ、イカ、カツオ、牡蠣、車エビ、サンマ干物、まぐろ、鶏ささみ、タコ、納豆。

逆にプリン体の少ない食品として、
ハム、ベーコン、コンビーフ、ちくわ、ほうれん草、カリフラワー、えのき
プリン体をほとんど含まない食品は、
ウィンナー、かまぼこ、牛乳、卵、チーズ、白菜、キャベツ、ニンジン、トマト、きゅうり、ごはん、パンなど。



加えて、尿をアルカリ化するヒジキ、わかめ、ごぼう、さつまいも、ほうれん草、バナナ、里芋、メロンなどの食品の摂取も好ましいらしい。




オットは普段からめちゃくちゃ水分をとるタイプだし、適度な運動もしているし、干物は苦手なのでほとんど食べないし。
過剰に摂取しているかもしれない・・のはこの中では唯一、鶏ささみだろうか???(いや別におやつ代わりに食べたりはしていないが)

身体に悪いことは一つもしていないのに何故・・・?

とわたし以上に落ち込んでいたオットだったのだが、


わたしはと言えば、料理を生業にしているものの端くれとしてはこれは何が何でもオットの尿酸値を下げなければと必死に原因を追究しているうちにオットの部屋で



カップラーメンの大量の買い置きを発見。
昼にわたしが作った弁当を食べるときに、お湯を注ぐだけのカップのお味噌汁やスープを一緒に食べているとわたしには申告していたオット。


これが・・・・味噌・・・・汁・・・・だ・・・と・・・・・・?


帰ってきたらお説教です。

(いやしかし、なんで尿酸値が高かったのかは謎のまま・・・加齢・・・?体質とかなのかな・・・それともストレス・・・?!)




ーーーーーーーーーーーーーーー


豚の薄切りのお肉を500g使って、肉野菜炒めを作りました。
大人5人分の肉野菜炒めを作るのはほんと大変で、なんせ具が全部フライパンに入りきらないっていう問題があり、入ったとてかき混ぜられないので全体に均一に火が通る頃には野菜から水が出て、びしゃびしゃの仕上がりにってな悲しい結果になりがちなのだが、

そんなストレスを解消するべく、昨日はこのようにして作りました。

IMG_8302
キャベツは500g。
肉も500g。
人参1本、長ネギ2本、ニラ1束、もやし1袋。
肉にちょっとしっかりめに下味を揉みこんでおくのがポイントです。


IMG_8304
フライパンでまずはキャベツを炒めます。
ほらもう、キャベツだけでフライパンがいっぱいになりますから。
シャキシャキを生かすため、ごま油でさっとだけ炒めてうっすら塩を振って取り出します。
IMG_8305
個人皿にもう盛り付けていきますよ。


IMG_8307
もやしも炒めてうっすら塩。

IMG_8309
はい、重ねる。


IMG_8308
人参と長ネギはしっかり炒めて、これもうっすらと塩を振って


IMG_8310
重ねます。


IMG_8311
はい、最後に豚肉を炒めます。
色が変わるまでしっかり炒めたら、

IMG_8313
ニラを加えて火を止め、ニラがまだ半生くらいで仕上げます。

IMG_8317
はい、出来上がり。
シャキシャキのお野菜に、しっかり味の豚肉を一緒に食べるとなんって美味しいこと。
肉にしっかり味付けしているので、野菜のほうはほんとにうっすらとだけ塩を振っておくのがポイントです。
濃いと薄いのバランスが良い感じ。
いろんな味と食感で重ねてあるので、最後まで飽きずにもりもり食べられます。


【大人数対応!別々炒めの肉野菜炒め】

材料(4~5人分)調理時間15分
・キャベツ 500g
・人参 1本
・長ネギ 2本
・もやし 1袋
・ニラ 1袋
・豚薄切り肉 500g
・ごま油、塩 各適量
A
・塩、胡椒 少々
・酒、ごま油 大さじ1ずつ
・醤油 大さじ2
・生姜(すりおろす) 1かけ
・片栗粉 大さじ1

作り方
1)キャベツは一口サイズに、長ネギは斜めに薄切り、人参は千切りに、ニラは4センチ長さに切る。豚肉も4センチ長さに切り、ボウルに入れてAを揉みこむ。
2)フライパンにごま油をひいて中火にかけ、キャベツを炒める。全体に油が回ったら塩を少々入れて火を止め、お皿にとる。
3)空いたフライパンにもやしを入れて炒め、塩を振って先ほどのキャベツの上に乗せる。
4)空いたフライパンにごま油を足し、人参と長ネギを炒める。人参がしんなりしてきたら塩を振り、もやしの上に乗せる。
5)空いたフライパンに豚肉を入れ、色が変わるまで炒め、ニラを加えて火を止める。これを4の上に乗せる。

※ここまで分量が多くない場合は、肉と野菜だけ分けて加熱するようにすればよいです。
人参と長ネギを炒める→キャベツを入れる→もやしを入れて全体を混ぜ、お皿へ。空いたフライパンで肉とニラを炒めてお皿へ。

※野菜はお好きなものでアレンジしてください。きのこやら入れても美味しそう。


これが元祖別々炒め↓









昨日の晩ごはん
IMG_8320

10月3日(日)の晩ごはん
*別々炒めの肉野菜炒め
*安納芋とマスカルポーネチーズ
*ジャガイモとお揚げのお味噌汁


お野菜たっぷり!美味しかった~






☑全部15分以内で作れます!(レンジだけで作れるスープも20品載っています)
☑1つのスープでタンパク質と野菜が両方とれます!
☑美味しさに感動します!(かなえ調べ)

↓↓↓↓↓↓

てんきち母ちゃんの 15分! スープひとつで満足ごはん
てんきち母ちゃんの 15分! スープひとつで満足ごはん
井上 かなえ
講談社
2020-12-24
↑Amazon

↓楽天
てんきち母ちゃんの 15分! スープひとつで満足ごはん [ 井上 かなえ ]
てんきち母ちゃんの 15分! スープひとつで満足ごはん [ 井上 かなえ ]



美味しさに震えます(※当社比)




続きはメイさんの思い出
(しばらく続けさせてください。お辛い方は飛ばしてね)
↓↓↓↓↓