サツマイモやカボチャなど、ちょっと甘くてほくっとしてて、
決してご飯のおかずではないけれども、おやつってほどはおやつおやつしていない、スイーツほどは形式ばっていない、そんな立ち位置のDELI風サラダみたいな存在のお料理が好きです。
買うと高いけど(100gにしようかな、いやそんなん絶対足りんから200g?いや5人でわけたら大さじ1ずつくらいなりそ!300買ったらもはや1000円超える・・・!!ってなって、結局買わずに帰る小心者)、作るとめっちゃ大量にもできるしおうちでちょっと気分も上がる。

晩御飯の献立の1品として、箸休め的なそんなイメージでどうぞ。
まーた柄にもなくおしゃれなもの作っちゃって!と言われようが何だろうが、好きなんだもの。
ワインに合うんだもの。


DSC_0025
サツマイモをフライパンで蒸し焼きにしたものに、マスカルポーネチーズを乗せて、お好みでハチミツとかメイプルとか掛けてもいいし、サツマイモの実力(ええとこのサツマイモ)があるなら無しでも。
金柑やらドライクランベリーやらスライスアーモンドやらをパラつかせればもう。

サツマイモを焼く時に使用する塩がけっこう重要になってきますのでお忘れなく。
塩の量は?!ってまた料理初心者のさちゃん(実妹)やなーさん(実娘)に聞かれそうなので言っとくで。

「このくらい塩をかけて食べたら美味しそう!」

って量。
足りなければ後で足せるから、最初から張り切って入れすぎんときよ。
あ、でも見る限り、さちゃんもなーさんもどっちもいっつも塩の振り方少なめやわ。



作り方です。

IMG_1127
フライパンにサラダ油(米油)をひき、3センチ角くらいに切って水にさらしておいたサツマイモを並べます。
全体的に塩をまぶして中火にかけ、蓋をして13分くらい加熱していきますが、フライパンがあたたまった時点くらい(3分後くらい)で少し火を弱めて。
時折フライパンをゆすって全体に火が通るように配慮しながら蒸し焼きにしていきますよ。


IMG_1128
蓋必須。
サツマイモはレンジでチンでももちろんいいですが、直火でじわっと加熱していったほうがお芋の甘みが引き出されて美味しいと思います。
でも時間がなければチンでも!

カボチャでも出来ます。

12分後。
IMG_1129
ええ感じに焦げ目を付けながら蒸し焼きにすることに成功!
このまま食べても美味しいに決まってます。
見ただけでわかるやつ。


これをお皿に盛って、半分に切って種をとったあとさらに半分に切った金柑やら、マスカルポーネチーズ、ドライクランベリー、ローストしたアーモンドスライスなどをトッピングすれば。




もうほら、この通り。

DSC_0019
(アーモンドスライス忘れた)
サツマイモの塩っけが甘味をひきたててくれてます。
お好みでハチミツやメイプルさんをかけても良き。
【サツマイモと金柑のデザートサラダ】


材料(お好きなだけ) 調理時間20分
・サツマイモ お好きなだけ
・塩、油 適量
・マスカルポーネチーズ 100g
・金柑 お好きなだけ
・ドライクランベリー、ローストスライスアーモンド、ハチミツなど お好きなだけ

作り方
1)サツマイモは3センチ角に切って水にさらす。金柑は横半分に切って種を取り、さらに半分に切る。
2)フライパンに油をひいて水けをきったサツマイモを並べ、全体に塩を振る。蓋をして最初は中火で3分、弱火にして10分弱くらい蒸し焼きにする。途中なんどかフライパンをあおって位置を変える。
3)串がすっと通るようになったら火を止めて粗熱を取り、皿に盛る。金柑、マスカルポーネチーズ、ドライクランベリー、ローストスライスアーモンド、などをトッピングする。

※マスカルポーネが手に入らない場合は代わりにクリームチーズを使っても大丈夫です。
マスカルポーネはクリームチーズよりも酸味がさらにマイルドで、食べた感じはどちらかと言うと生クリームに近い。
逆に生クリームを泡立てて添えるのも有り。




DSC_0037
2021年2月6日土曜日の晩御飯
・豚のピカタピリ辛ダレ添え
・サニレタ
・サツマイモと金柑のデザートサラダ
・切り干し大根の明太あえ
・豆腐肉
・写ってないけどスープも作ったはず




お腹ぺこぺこやったので、17時半くらいに食べ始めた図。


豚のピカタは、しょうが焼き用の少し厚めのロース肉を使って作ってます。
長さを3等分くらいにしたものに、塩と胡椒で味をつけて薄力粉を満遍なくまぶし、卵液にくぐらせてフライパンで焼いていきます。


IMG_1130

薄力粉をまぶして卵液に絡めるだけで、お肉がボリュームアップするよね。
中のお肉の肉汁が流れ出ないから、めちゃジューシーに柔らかく焼き上がります。



IMG_1131

じゅわー
卵液がけっこう油を必要とするので、その都度足しながら次回の肉を焼くようにすると良きかと。



IMG_1132
裏返してじゅわー

肉の枚数が多いと大変ですが笑
卵液が残ったら、最後の回の時の肉に何回も絡めながら焼くといいです。
うちは今回は8枚のお肉で卵は2個使用です。



DSC_0041
うまし!


DSC_0042
タレですが、今回はピリ辛にしてみました。
子どもが小さい頃はピカタといえばケチャップ的なあれでしたが、ピリ辛ダレにすると一気に大人っぽくおかずっぽくなります。

お醤油ベースに米酢とラー油、フライドオニオン、すりゴマを混ぜたものです。





IMG_1133
1人晩御飯も楽し。
そう、素敵なお飲み物さえあれば笑



進みましたわ。


【豚のピカタ○ピリ辛ダレ添え】

材料(4人分) 調理時間20分
・豚しょうが焼き用ロース肉 8枚
・塩、胡椒、薄力粉、油 各適量
・卵 2個
・サニーレタス 適量
A
・醤油、米酢 各大さじ2ずつ
・ラー油 大さじ1
・フライドオニオン、すりゴマ 大さじ1ずつ

作り方
1)豚肉は3等分に切り、塩、胡椒を振る。卵はボウルに割入れて混ぜる。フライパンに油をひいて中火にかける。
2)豚肉に薄力粉をまぶし、卵液をくぐらせながらフライパンに並べていく。片面が焼けたら裏返して両面こんがりと焼き、取り出す。
3)Aの材料を混ぜてタレを作る。皿に肉とサニーレタスを盛り付け、小皿に入れたタレを添える。

※豚もも肉でも出来ます。お好きな部位で。


☑全部15分以内で作れます!(レンジだけで作れるスープも20品載っています)
☑1つのスープでタンパク質と野菜が両方とれます!
☑美味しさに感動します!(かなえ調べ)

↓↓↓↓↓↓