昨日は母さんは朝からスタジオで撮影で、帰宅は21時を過ぎる予定だったので、もうあらかじめ家族のみんなに「晩ごはんは各自で」と申し伝えてあった。
冬場なのでおでんやらカレーやらを用意しておいてもよかったのだが、もはや彼らも大人

好きにせよ、と。


と言いつつも、やはり末っ子はまだいうても子どもなので(子ども・・・ではないかもしれないが高3)、
もしもなーさんも兄さん(仕事)もパパ(仕事)も帰って来なくて、ひとりひもじい思いをさせてしまっては可哀そう・・・マッチ売りの少女の挿絵を思い浮かべ、過保護ママは冷凍のラザニアもスタンバイさせつつw


そして一日撮影が終わって、帰宅途中のこと。




娘たち、ちゃんとご飯食べられたかなーと思いつつ、そんな母さんの元へなーさんから送られてきた写真がこちら!

ジャーン!
IMG_0464

なんと!!
ちゃんと作ってるしちゃんと盛り付けてるしちゃんと品数あるし、いろいろ凄いやん!!

しかもいつもはなーさんだけが用意するのに、今回はなんとすぅも一緒に作ったというではないか。
なーさんがメインのお皿を担当し、すぅさんが味噌汁担当だったと!
さつま芋とひじきは冷蔵庫に入っていたもの(日曜の日持ちおかずづくりの時にわたしが作っておいた)。
まぐろは前夜、オットが買って帰ってたもの。
冷蔵庫の中身を見て考えて作った献立というのが素晴らしい。


そしてさらに驚くべきことに、




母さんのものも用意してあるというではないか(涙)。




味噌汁が大変薄かったので、それを味見して辛口意見が欲しい、とのことだったので、母さん全力疾走で帰宅(本当に全力疾走すると膝が壊れるので心だけ全力疾走)。

母さんが帰宅すると
「おかえり~」
「おつかれ~」
の娘たちの声と共に、なんと。

さっとすぅが台所に立ってお味噌汁の鍋を火にかけ、フライパンにあった豚肉とナスのおかずも火にかけ始め、


それと同時になーさんは風呂の準備へ行き、


つまり母さんは手を洗って服を着替えただけ、あとは椅子に座って待ってるだけでごはんが前に運ばれてきて、食べ終わったらお風呂が沸いてたんですよ奥さん。

え、お殿様なの・・・
なんって有難いの・・・
誕生日なの・・・?



食後はコーヒーまで入れてくれたんですよ、すぅさんが!
さらにお皿も全部洗ってくれたんですよ!



ちなみに味噌汁が薄かった原因ですが、昆布を入れるタイミングが違っていたwww
沸騰した後に昆布を入れたと言っていたwww(鰹節の場合だよそりゃ)

でも昆布は入れっぱなしにしてあったので、母さんが帰って食べたころにはちょうどいい感じに出汁が出て、いいお味になっていました。
なのでそのタイミングで娘たちにも試飲させ、なぜこのようなことになったのかについて講義しておきましたよよかったねー勉強になったねー
いりこを使う場合と、もしも味が薄かったなーと思った時のリカバリーの方法についても伝授。



そしてなーさんが担当したほうの豚肉とナスの炒め物ですが、クミンの香りがふわっとしまして、そしてみそ味で、とーってもいいお味。美味しかった!
味噌とクミンだなんて母さんみたいなことをするなと思ったら、




母さんのレシピを検索して参考にしたそうですww
そら母さんの味になるわ。


多分これ↓




「重ねて蓋して10分待ったら混ぜるだけやった!めっちゃ簡単やったで!!!!!」

だそうですよ。
まだ作ったことない方いらっしゃったらぜひ。

(このレシピを残しておいたいつかのわたしに感謝)



ちなみにその後、息子はほか弁と共に帰宅し、オットはたこ焼きを食べて帰ってきてましたww


というわけで、



本当は母さん夕方に、トロたく巻きを1本食べていたことは、誰にも内緒です。
お腹パンッパンw幸せな夜でした。





☑全部15分以内で作れます!(レンジだけで作れるスープも20品載っています)
☑1つのスープでタンパク質と野菜が両方とれます!
☑美味しさに感動します!(かなえ調べ)

↓↓↓↓↓↓



美味しさに震えます(※当社比)


続きはメイさん↓