※お知らせ①
明日8月5日(水)の「おはよう朝日です」のトレンドエキスプレスのコーナーに出演しています。
最近ネットでも話題になっていた、意外と作ると面倒くさいあの料理を、めっちゃ簡単に作れる方法を考えました。
ブログにも本にも載っていない新作です。
関西にお住まいの方、よかったらご覧くださいませ。






※お知らせ②
先週末土曜日のインスタライブの動画がアップされていますー!
今回は絶品ローストポーク。
このページの下のあたりにリンクが貼ってあるので、そちらからどうぞ。

↓↓↓↓↓
 



すでに早速作ったよ~!のお声、たっくさん頂いております!!
ソースは圧倒的にサルサが人気のようですww
実家の母と妹サチャンが「ミントは作る勇気が無いわ」「マンゴーはもったいないわ(冷凍とはいえども)」と言っていたので、そんな方も多いのかも?
ミントは案外違和感ないので、普段からモヒート好きの方は試すべし!と思っております。

レシピはこちらに書きました
↓↓↓↓






さてさて、第一回目のインスタライブでは分厚いサーロインステーキを焼いたんですが、このライブ中にけっこうご質問を頂いたのが、
「アメリカンビーフのサーロインはあんまり売っているのを見かけないけど、肩ロースやったらよく売っています!」
というもの。

関西では(全関西を知ってるわけではないけど、このあたりでは・・・)アメリカンビーフのステーキと言えば肩ロースとかリブロースを売っていることが多くて、特に週末になるとめっちゃお安く売ってるんですよね。

で、先日も特売になっていたので買ってきましたよアメリカ産の牛肉の肩ロースステーキ。
今回はポンドステーキではなく、厚さが1センチくらいのわりと薄めのでっかいお肉です。
1枚が250gくらいだったかなぁーーーこれを3枚買ってきました。

サーロインは時間を計りながら慎重に丁寧に若干緊張気味にお肉と向き合いながら(心の中では正装、正座で)焼くんだけど、肩ロースやリブロースの場合はそこまで真剣にならずとも、もっとラフな関係で、ジーパンのままでOKなイメージ(※あくまでもわたしの中のイメージです)。

もうね、ガンガン焼いちゃってOKだと思ってる。
こんな感じ。


肉は焼き始める20分ほど前に冷蔵庫から出しておきました。
厚みのあるお肉ならば、もう少し早めに出しておいてね。

IMG_4348
まずは肉の表面のドリップを丁寧にキッチンペーパーで拭きとります。
そして塩、ブラックペパーをガンガン振っちゃう。
わたしが振ってるのはこれはステーキ用のミックススパイスで、アメリカのお肉屋さんのオリジナルスパイス。
ガツンとしたスパイシーな風味と辛味がつきます。
ソース無しで食べるのが好きなので、スパイスと塩はガンガン振っちゃう。


IMG_4349
フライパンにオイルをひいて強火でガンガンに焼いていきます。
肉の周囲の色が変わってきたらひっくり返します。
ラフでOK。


IMG_4351
脂身がしっかりと焦げ目が付くくらいの焼き加減が好き。
中はレアが理想だけど、このくらいの厚みのお肉だとレアに仕上げるのは難しいかな。
なので両面強火で焼く、くらいでちょうどいい。

焼きあがったら10分くらいお肉を休ませておきます。
その間に。

IMG_4353
同じフライパンで種を取って斜めにカットしたきゅうりを炒めます。
味付け無しです。


(フライパンのふちがめっちゃ焦げてるけど、簡単にする~んと汚れが落ちますこのフライパンほんと優秀な子)

あとは肉を3センチ角くらいのサイズにカットして(包丁でカットするのがポイント!お皿の上でナイフとフォークでキコキコして食べるより、断然包丁)、きゅうりと一緒に盛り付け。
肉を休ませておいた間に出る肉汁はお肉にかけときます。
はい、完成!

DSC_0007

めっちゃ美味しいよ!
肩ロースやリブロースは脂身が適度に入っている部位なので、コクと旨味があってガツガツ食べられる感じ。
アメリカのお肉はこういう部位のお肉も、脂身が全然しつこくなくてアラフィフでもガツガツいけます。

KNE48もこの量をペロッといける。

というわけで、恐れず買ってみて!
ポイントは
①肉は焼き始める20分~30分前には冷蔵庫から出しておく
②肉の表面についているドリップ(汁)はキッチンペーパーで十分にふき取る
③ソースレスで食べて美味しいように、肉はどこの部分を食べても美味しいように、塩はきっちりとしっかりと振る。
④強火でガンガン焼いちゃってOK
⑤包丁で一口サイズにカットしてからお皿に盛り付ける

という感じでしょうか。
ちなみにだけど、うちは18時にすぅさんが、19時に母さんが、20時に長女が、22時に長男が、23時にオットが、というように全員ばらばらの時間に食べているけど、焼いたのは17時台で、そのあとはすべてレンジで温め直して食べています。
1人前で、600wで1分半くらいずつかな。
温度設定が出来るタイプならば、65~70度設定くらい。




という昨日の晩ごはん
DSC_0005
8月3日月曜日の晩ごはん
*一口ビーフステーキときゅうりの炒め物
*いんげんのホイル焼き
*サツマイモとレーズンとクリームチーズのサラダ
*トマトと玉ねぎとマッシュルームのスープ

DSC_0012
いんげんはホイルに包んで(塩とオイルまぶして)、魚焼きグリルで5分焼いただけ。
付け合わせにぴったり。

DSC_0013
これは先週の日持ちおかずの中にあったやつ💦
まだ残ってたのでさりげなく出しておいたw
ラム酒が効いてめちゃウマ!!!!!


DSC_0011
一昨日の夜やったかなーー
長男に
「あれ?汁物は無いん?」
と聞かれたんですね。
暑いし、他にもおかずいっぱいあるからいっか!思って省略してたらこれよ・・・
オットに言われたらムッとするけど、子どもに言われたら腹も立てず、「ハイハイ汁物ね~」いうてちゃんと作るお母さんwwwww



最近いろんな食材のいろんな旨味を試してるんだけど、味が出るのは肉ばかりじゃないね。
野菜の持ってる旨味も侮れんよ。
二度見するくらい美味しい。
夏やから汁物えっか!思ってたけど、やっぱ美味しいな。
やっぱ作ろう。




DSC_0007

【一口ビーフステーキときゅうりの炒め物】

材料(4人分)
・アメリカンビーフ 肩ロースやリブロースステーキ 厚み1センチくらいのもの250g×2枚
・塩、ブラックペパー、ステーキ用スパイスなどあれば 適量
・きゅうり 3本
・オリーブオイル 適量

作り方
1)きゅうりは縦に切って中の種をスプーンでかきだし、斜めに切る。肉は焼き始める20分~30分前に冷蔵庫から出し、表面のドリップをキッチンペーパーで拭く。
2)肉の両面に塩、ブラックペパー、(あればスパイス)をまんべんなく振りかける。
3)フライパンにオイルをひいて強火にかけ、2の肉を並べる。裏面がこんがりと焦げて肉の周囲の色が変わってきたら裏返し、同じように焼く。両面焼けたら皿に取りだし、10分ほど休ませておく。
4)その間に、空いたフライパンにきゅうりを入れてさっと炒めて取り出す。
5)3の肉を2~3センチ角に包丁で切り分け、皿に盛り付ける。4のキュウリも上から盛る。



今年は夏休みが短く、8月に入ってもまだまだお弁当が続いている方も多いですよね。
一番簡単なお弁当の本です↓





続きはメイさん↓