結婚した当初は自分が食べたお皿も下げないような俺様オットでしたが、数年ごとに徐々にバージョンアップを遂げ、銀婚式を迎える頃になってようやく

・食べ終わったお皿はシンクまでもっていく
・食事のときに自分が飲む麦茶は自分でいれる
・食後のコーヒーを自分で淹れる
・妻にもコーヒーを飲むか尋ね、いると言われれば淹れる
・ご飯のおかわりがしたい場合は自分で行く
・帰宅後に妻が寝ていたら弁当箱は自分で洗う
・自分の布団は自分で干す←new
使い終わったマヨネーズやドレッシングを冷蔵庫にしまう←new

頑張っております54歳男性。


次のステップとして
「麦茶のポットが空っぽになったら次のお茶を入れておく(水出し麦茶)」
を習得させたいと思っております。

でっきるっかな~


一昨日の晩ごはん
DSC_0020
7月25日土曜日の晩ごはん
*チリポテトのレタス包み
*ナスとアスパラの豚バラ巻き
*エノキと長ネギと油揚げのお味噌汁


いつもわたしの分の晩ごはんの写真しか撮ってないのであれなんですが、別時間に食べているほかの家族の晩ごはんはこんな感じなんです。


IMG_4041
全然ボリュームが違うよっていう。
これは24歳長男の分。
ごはんはこの大きなお茶碗でおかわりして食べています。
これプラス、納豆をセルフで。

DSC_0027
ナスを縦に細長くカットして、豚バラ肉を巻き付けてフライパンで焼きました。
魚焼きグリルでもいいんだけどね、アスパラの方をグリルで、ナスはフライパンで焼きました。


IMG_4036


大量なので手分けして焼いてもらわんと。
焼きあがった後に塩とブラックペパーを振りかけてます。
食べるときにお好みでポン酢などをかけて。

ミョウガがいい仕事していました~
夏はやっぱ薬味だね~
薬味が好きすぎるw


DSC_0025
ジャガイモと玉ねぎ、合いびき肉を炒め煮にして、肉じゃがっぽい味付けもいいんだけどもうちょい夏向きにしたいな~っと思って、チリパウダーで味付けしました。

チリパウダーと塩で一回味見してみたら、ちょっとこってりだったのね。
もっときりッとシャキッとパキッとさせたいな~と思って、米酢を入れてみたところ、これが正解!
決して酸っぱくは無いんだけど、味付けの印影がはっきりとしてアラフィフの胃でも食べやすくなりました。
最近気が付いたらなんでもレモン絞って食べてるわ、、、、身体がもう酸味を求めているんだろうね。
市販のレトルトカレーでも、お酢を入れるとめちゃくちゃ食べやすくなります。マジで。

ちなみにうちで普段使いしているのが米酢で、これは火を通さないお料理(マリネ、酢の物、ドレッシング、冷麺など)でも酸味がマイルドで食べやすいので、結婚前は酸っぱいものが苦手だったオットにも違和感なく食べてもらえます。

穀物酢はかなり酸っぱいので、我が家では加熱用にしています。
酸っぱ煮みたいな手羽元を煮るときに使ったりすると吉(今は常備はしてません)。

あとは持っているのは黒酢で、これはコクがあって香りも豊かなので中華のお料理などに。

ワインビネガーはこれもマリネ系などに使いますが、けっこう酸味がツンツンしていて、くっきりはっきりした酸味が欲しい野菜や魚のマリネなどに。

同じく酸味系の調味料としてよく登場するのがレモン汁なんですが、これはもっと酸味がやわらかなので、甘い調味料(はちみつやメイプル)と組み合わせてキャロットラペやコールスローサラダなどに使います。

そしてハマっているのが赤酢で、これは断然うまみと香りが違う!これで作る酢飯が好きすぎるので、いつでも寿司が食べられるように常備しています。
(スーパーにはなかなか売っていないのでネットで買っています)
赤酢を使ったお料理



お酢は体脂肪を減らしてくれる効果があるし(1日に大さじ1のお酢を摂るといいらしい)、夏場に食欲アップさせてくれるし、血糖値の上昇を緩やかにし、疲労回復効果も。
お酢について以前に書いた記事です↓






お酢を効果的に使って太りにくい食生活を。
↓↓↓↓↓





続きはメイさん↓