はい、お待たせいたしました大家族。
子どもたちもいつしか大きく育ち、大人ばかりの4人以上の家族になると(子どもたちが中高生以上になったご家庭を想定)、休日のお昼ごはんをパスタにする場合、
一度に700g以上のスパゲティ(※男子中高生はスパゲティを1人200g前後くらい食べることがあります←)を大鍋でぎゅうぎゅう状態でやっとこ茹でるという、基本のスパゲティの茹で方をまるきり無視したような最悪な茹で方wをしなくてはいけなくなってくるんですが、
そんな大量の麺をさらにフライパンで具と一緒に炒めるとか絶対無理な話なんですね。
フライパンにまず入りきるわけが無い!
入れたとて、入ったとて、全体が均一に混ざりきるわけが無いんです。
菜箸折れるわ。

かといって誰が1人前ずつ作るねん・・・
何回転しなあかんねん・・・


というわけで、
茹でた麺にただかければいいミートソースもしくはトマトソースなどのソース系が、大人数のスパゲティのときにはらくちんなんですが、もっとほかにもバリエーションが欲しい!と、勝手にシリーズ化しましたw

 

今回は、昭和の喫茶店の味、ナポリタンをかけるソースにしてみました。


どうぞご覧ください。

IMG_2157
フライパンにオイルをひいて玉ねぎを炒める。
映ってないけど隣でパスタをゆでるための湯を沸かし始める。

IMG_2158
しめじも入れて炒める。


IMG_2159
ウインナーも入れよう。
ウインナーの代わりにハムでも良いし、ベーコンでも良い。

IMG_2160
ピーマンも。

もはやこんなに具が入ったらこれ以上どうやっても麺なんか入れられへんやろという状態。



IMG_2161
味付けはカレーパウダーとケチャップ。


IMG_2162
そして塩、胡椒、バター。


IMG_2163
最後に牛乳です。
これでソースっぽい具になります。
ここで必ずお味見する。足りなければ塩で調整します。


IMG_2164
ひと煮立ちさせたら完成です。
これを・・・


IMG_2166
茹で上がった麺の上に


IMG_2167
かけていけばいいだけ。
麺を炒めなくてオッケー!
あとは個人が皿の上で混ぜながら食べるシステムです。




DSC_0037


【大人数にも対応!かけるタイプのナポリタン】

材料(4~5人分)
・玉ねぎ 1玉
・しめじ 1株
・ウインナー 8本
・ピーマン 3個
・オリーブオイル 大さじ1
A
・ケチャップ 大さじ8
・カレー粉 小さじ2←すみません抜けてました!
・塩 小さじ1/2
・胡椒 少々
・バター 20g

・牛乳 100㏄
・スパゲティ 人数分
・粉チーズなど お好みで

作り方
1)玉ねぎは2センチ角に、しめじは石づきを取って小房に分け、ウインナーは斜めに切り、ピーマンは輪切りにする。スパゲティはたっぷりの湯に塩を入れて既定の時間茹ではじめる。
2)フライパンにオイルをひいて玉ねぎを中火で炒める。続いて、しめじ、ウインナー、ピーマンの順に入れて行き、その都度炒める。
3)Aを加えて全体に絡めたら牛乳を入れてひと煮立ちさせる。(味を見て調整する)
4)茹で上がったスパゲティを皿に盛り、3のソースをかける。お好みで粉チーズや茹で卵をトッピングする。

※具だけ作って冷蔵、冷凍で保存も可能です。お好きにお使いください。

IMG_2172







カルボナーラもかけるタイプで↓



のっけタイプのパスタも大人数対応↓



オイルパスタもかけるタイプで解決↓









DSC_0070
5月27日水曜日の晩ごはん
*牛肉のエスニック仕立て
*じゃがベーコン
*キャロットラペカレー味
*豆苗のカリカリじゃこサラダ
*キャベツのお味噌汁


DSC_0091
豆苗のカリカリじゃこサラダ。
茹でるとシューンと小さくなってしまう豆苗、半分火を通すイメージで調理するとかさも減らず、水分も出すぎず、食感も香りもふんわり美味しいです。



IMG_2200
①ボウルに豆苗と白ごま、塩を混ぜたものをスタンバイ

②じゃこをごま油でカリカリになるまで熱する。

③じゃこをジュッ。


分量とか、特にないので感覚でお試しください。




太りにくいように工夫している普段のおかず↓






続きはメイさん↓