オットは昔っから
思ったままを口に出す
っていうタイプの人間でして、何の考えもなくそれを悪気なく、躊躇いもなく言っちゃう。
今は大学生のなーさんがまだ小学生のころにこういうことがあって(そうか、なーさんはパパ似か)、図書館で借りてきたとある本を読み聞かせて、思ったままを正直に全部口に出すということは、時と場合によっては失礼になることがあるから気をつけようねっていう話をしたと思うのだが、

ま、いいや、それは置いといて。


例えば、妻がせっかく丹精をこめて作ったエビマヨを見て、さあ頂きますって言うよりも前に早速地雷を踏むオット。



「俺、エビフライが食べたいなー」

って言っちゃう。
言っちゃうのよ。
つい心の声がぽろっと。


たとえ自分が今日はエビマヨ気分じゃなかったにしろ、
せめて食べ終わってから言いなさいよ?
いや食べ終わってから言われてもちょっとモヤっとするかもしれないから、そういう場合は後日、妻に甘いものでも買って美味しいコーヒーでも入れて、それらを差し出しながら言いなさいよ。それなら許そう。




先日、お昼にパスタを作ったのだが、、、
食卓に並ぶ、妻特製のパスタを見ながら席に着きつつ→この日


「俺、ばーちゃんが前に作ってくれたツナのパスタが食べたいなー」

とね。
踏んじゃったよね地雷。


ばーちゃんというのはわたしの母のことで、母のツナのパスタはそりゃあもう美味しいし、なんていったって10数年前にクックパッドで殿堂入りするくらいいろんな人に作ってもらってたレシピだけれども、オットは昔っからこのパスタが大好きなんだけれども、


まずその、目の前のパスタを作ってくれた妻に感謝的なあれは?
美味しそう!とか無いのかね・・・

お昼ごはんは自動では出てこないんですが!






しかし・・・




ムッとしつつも数日後にはリクエストにさりげなく答えてしまうのは、何故なのだろうかw





というわけで、
その数日後に作ったレシピを今朝はご紹介しようかと(前置き長い)。

ばーちゃんのツナのパスタは、ツナ缶のほかに瓶詰のなめたけや大根が必要で、これらは家になかった。
なめたけを作るためのエノキも無かったし、そもそもほかにキノコは何も無かった。


スーパーは開いてるんだから、そのくらい買えばいいって?ww
ま、買いに行ってもいいんだけどさ。
無くても何とかなる。
何とかしたいやん?←



まずは写真でどうぞ。

IMG_1846
茹で上がった麺をお皿に手早く盛り付ける。
(この日のお昼ご飯メンバーは、オット、わたし、大学生、高校生の4人)


IMG_1847
新玉ねぎのスライスとツナ缶を乗せ(ツナ缶は2人で1缶使用)

IMG_1848
たれをかけてカイワレを散らせば(ネギでも大葉でも可)、ハイ完成!
見た目だけ、ちょっとばーちゃんのツナのパスタに寄せてみた!w
ばーちゃんのパスタの場合はなめたけの味が最大のポイントになるんですが、このパスタの場合はその代わりにたれをかけます。
家にある調味料のみを組み合わせて作りました。

具とたれさえ用意しておけば、大人数のお昼ご飯にも対応可能!

今回は今の季節めっちゃ甘くておいしい新玉ねぎのスライスを使用しましたが、レタスを細切りにしたものでもいいし、大根をうすくピーラーでそいだものも合いそうやし。きゅうりでもいいかも。
でも本音はやっぱり新玉ねぎがおすすめ!

IMG_1845
(パスタをパウンドケーキ型に入れなさんな←計量するときに便利やから)

大人数対応レシピ【新玉ねぎとツナのマヨ醤油パスタ】

材料(4人分)調理時間 15分くらい
・スパゲティ 人数分
・新玉ねぎ 大1個
・ツナ缶(オイル缶) 2缶
・カイワレ大根 1/2パック
・刻み海苔 あれば
A
・マヨネーズ 大さじ3
・醤油、ポン酢 大さじ2ずつ
・牛乳 大さじ3

作り方
1)新玉ねぎはスライサーでスライスして30分ほど空気に触れさせて辛みを抜く(時間が無ければ水にさらしてもOK)。スパゲティはたっぷりの湯に塩を入れて既定の時間茹でる。Aを混ぜ合わせてたれを作る。
2)ゆであがったスパゲティはざるで湯切りし、お皿へ盛る。新玉ねぎとツナ缶(軽く油を切って)を乗せ、たれを大さじ2ずつかけ、カイワレを散らす。あれば刻み海苔ものせるとさらに美味しい。


IMG_1918
(パスタだけでは足りない人のためにホームベーカリーで焼いた食パンも置いてある図)


麺はあったかいまま作っていますが、夏になったら冷製にしても美味しそう。



案の定オットは
「お!ツナのパスタ~♪」
と喜んだし、

娘たちは
「めっちゃ美味しい!!!!!!!ハマる味!!」
と言うてくれたので、単純な母さんはご機嫌です。







オットにも読み聞かせしようかw





IMG_1917
食パンは残ったらフレンチトーストにしよう思ってたのに、1枚たりとも残らなかったことをここにご報告申し上げます。



一昨日の晩ごはん
DSC_0001
5月20日水曜日の晩ごはん
*牛肉と厚揚げのコチュジャン炒め(にんじん、にら、たけのこ)
*レンチンチャーシュー
*卵無しのお好み焼き
*新玉ねぎとお揚げのお吸い物
*ミニトマトの胡麻味噌酢和え

DSC_0011

牛肉と厚揚げのコチュジャン炒めは甘辛く仕上げてるんですが、一緒に混ぜて食べるための野菜(にんじん、にら、たけのこ)は少量の塩とごま油だけで炒めてあります。
これを混ぜながら食べるシステム。
いろんな味がして美味しいです。



レンチンで作る煮豚はこれ。


これはもも肉やバラで作っていますが、今回は肩ロースです。
お好みの部位でどうぞ。



こっちは大量バージョン。



これはヒレ肉で。




どんな部位でもめっちゃ柔らかく仕上がります。
恐れずにトライ。

失敗しないコツは肉を室温に戻してからチンすること。
冷蔵庫から出したてのお肉だと、ちゃんと中まで火が通りません。



この本にもレンチンチャーシューのレシピを載せています。
レシピをお手元に置いておきたい方はこちらをお勧めします。









続きはメイさん↓