さて今週もまたまた始まりました。
早朝、ごみ捨てに降りたら、雨上がりでめっちゃ空気がさわやか~
お天気も良いし、早起きしたついでに今朝は布団のシーツをどんどん洗って干しています。

今週も引き続き、家で楽しく健康的に過ごします。
満ち溢れてw

今朝のレシピはこちら・・・♪

DSC_0044

あるとめっちゃ便利な生春巻きの皮を使ったレシピです。
何もない時にも、ちょっと野菜やら残り物おかずを巻くだけで立派な1品になるし、そもそも調理が楽。
生春巻きの皮は乾物なので、扱いがめんどくさいんじゃ・・・?

と躊躇されがちなんですが、全然そんなことない!
水やお湯に浸しておく、とかも要らないんです。

使いたい時に袋から出し、いやもう使いたい直前っていうかその時!でいい。
調理する前にまず先に戻しておきましょうとかでもなく、具は全部切って用意しておき、最後の最後、もう巻きまっせ!って時でいい。
その時に生春巻きの皮を1枚、袋からおもむろに取り出し、水道の蛇口の下でじゃっと両面水に濡らす。

両面濡らしただけの状態ではまだ固いねんけど、それでいいんです。
固いまま、まな板の上へ。
DSC_0006
※濡らしたけどまだ固い状態

(木のまな板はさっと濡らしておくよ。プラスチックなら要らん)


まな板の上に乗せたころには徐々に柔らかくなってきてるから、気にせず具を載せますね。
はい、巻きます。
DSC_0014

もうそのころにはぐにゃぐにゃに戻ってますから、自由に思いのままに巻けますっていうわけ。
水で両面濡らすだけ、しかもご丁寧にバットに水を張り・・・とかでもなく、蛇口から出るお水で濡らすだけ。
めんどくさがりのわたしにもできます。

逆に先に5枚くらいまとめて水に濡らしておくとかもしないほうがいいんです。
戻した皮同士が引っ付いちゃうんで。
1枚ずつが鉄則。
巻き終わってから、また次の1枚を濡らしてまな板へ、っていう方法で。
水で濡らして加熱もせずにそのまま食べられる乾物、それが生春巻きの皮です。

そんな生春巻きの皮を使って、小腹が減ったときの軽食にぴったりな豚肉のおかずを作りました。
アメリカンミートさんの公式サイトで連載させていただいている《低糖質なアメリカンミートで上手に肉食生活!》の5月のページです。

ここでは毎回、中高年向けの健康的なダイエットに関するコラムを書かせていただいているんですが、今月のコラムは

Point5 血糖値の上がり下がりをゆるやかにするための小腹満たしおつまみ


ダイエット中のおやつの存在について書きました。

レシピは【アメリカンポークのおつまみ生春巻き】です。
これ、シンプルだけどめっちゃ美味しい。
豚しゃぶとパクチー、レモンとクリームチーズ、それとスイートチリソースの相性たるや・・・!
もう、パクパク食べちゃう(あかんで)。


※ちなみに生春巻きの皮は糖質なので、食べる量に注意しながらお野菜やお肉と一緒に食べるようにしましょう。(1枚当たりおよそ15g)




昨日の晩ごはん
DSC_0018
昨日の5月10日、日曜日の晩ごはん
長女なーさんがお寿司を買って帰ってくれました!ありがとう~~~めっちゃ美味しかった!
*握り寿司
*豚巻き蕪のグリル
*美味しいブロッコリー
*ささみのカレー竜田揚げ(弁当の残りスライド)

DSC_0026
握り寿司食べるの久しぶり!
作ってもらったごはんは美味しい~^^

DSC_0023
ちょっと写真を提出しないといけなかった関係で、蕪のいつものやつ。


DSC_0024
朝の弁当に入れた残り。



DSC_0021

色とりどり~
ごちそうさまでした!幸せ。


またお願いしますw


うちの普段のおかず↓↓↓↓↓





 続きはメイさん↓↓↓↓↓