朝ごはんを食べ終わり、朝のやるべきことが一通り終わったころ、娘とわたしの間で毎日のようになされる会話がある。

それは



「昼ごはんどうする?」


というもの。
(どうする?と聞かない日は、母さんが仕事で試作しなければならないものがある日だけ←ここんところおは朝の試作が主)

おうちカフェごっこで盛り上がるもよし、娘のうちのどちらかが生徒になって料理教室ごっこで料理の特訓をするもよし。
家にある材料であれば、何を希望されても作るのだが、ここのところそれにも飽きてきつつあり、もはや何が食べたいのかもわからなくなってきた。


昨日の場合はこうだった。

パスタ、ごはん、そうめん、ラーメン、焼きそばなど、お昼ご飯になりそうな食材はたくさんあった。

冷蔵庫のありあわせ食材で和風パスタにするか・・
それとも昨日の残りごはんと冷凍ごはんを合わせてチャーハンやオムライスにするか・・・
少し暑くなってきたから冷たいそうめんを食べるという選択肢もある。
もしくは先週生協から届いたインスタントラーメンを作るという手も。

どうするどうする何が食べたいの・・・
なに気分なの・・・

しかし次女はご存じのように、自分で何も決められない性格。
「えーーーどれでもいいよ!パスタでもいいよ!チャーハンもいいね。ラーメンもいい!」


じゃあ納豆チャーハンでもする~?
(そう、納豆チャーハンはいつ作っても無難に喜ばれる品)


「あーーいいね~それでも」

うーん。。。納豆チャーハンな・・・
作ってもいいけどワクワクはしない品だ。
あーーー納豆チャーハンね~・・なるほど・・・的な。



と、そこで冷蔵庫を覗いてピンときた。
閃いた!
作るべきものが降りてきた!


冷蔵庫で見つけたのはそう、使いかけのキムチ。
おお、これがあったか。


「そうだ!キムチあんかけチャーハンや!」

と母さんがすぅに宣言すると、それを聞いたすぅは案の定大喜びだ。


「正解!」

キムチあんかけチャーハンをこよなく愛するすぅ。
正解だったらしい。


さらに冷蔵庫の食材を見ていて閃いた母さん。

「わかった!キムチあんかけ納豆チャーハンや!!!!」


「正解!!!!!!!!!」

さっきより正解の声が大きくなったw


無事にすぅが食べたいお昼ごはんの正解を導き出すことができて良かった。
絶対に美味しいであろう組み合わせではないか。
今まで何故やらなかったんだろうかと、今すぐその組み合わせをやってみたくてたまらなくなる母さん(ワクワク)と、自分が食べたかったものを母さんが見つけてくれて喜ぶ次女ww


キムチあんかけ納豆チャーハンは、想像した通りに美味しくて、次女はもちろん女子大生長女も社会人長男もみんな大満足の昼食タイムとなった。


(晩ごはん写真のあとにキムチあんかけ納豆チャーハンの作り方動画を貼りました↓↓↓母さん先生指導の元、なーさんが調理実習しました)



一昨日の晩ごはん
DSC_0061
5月1日金曜日の晩ごはん
*ささみのオーロラソース絡め
*春キャベツのアンチョビソテー
*いんげんとエビのクミン炒め
*春菊のたらこ煮びたし
*モヤシのお味噌汁


DSC_0065
下味をつけて粉をまぶしたささみをフライパンで焼いて、ケチャップ、マヨネーズ、レモン汁、はちみつで作ったソースに絡めました。

ささみを使ったおかずをもっと見る



副菜はこちら(低糖質&日持ちおかず)



副菜2(低糖質)






そしてお待たせいたしました、正解のキムチあんかけ納豆チャーハンはこちらです。


大人4人分のごはんでぎりぎりかな。
5人分はこのフライパン(30センチ)でも無理。




 

洗い物を増やしたくないが故、1個のフライパンでチャーハン作ってあんも作ってます。


材料(4人分)
・ごはん 大量にw
・ウインナー 6本
・納豆 3パック
・卵 6個(チャーハンに3個、あんに3個)
・青ネギ 適量
・サラダ油 大さじ2
・塩 適量
・醤油 適量

A
・水 600㏄
・キムチ 100gくらい
・鶏ガラスープの素 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・醤油 小さじ2

・水溶き片栗粉 適量
・ごま油

作り方
1)ウインナーは小口切りにし、フライパンにサラダ油大さじ2をひいて炒める。納豆はたれとからしを混ぜ合わせ、ウインナーと一緒に炒める。しっかりめの塩をする。
2)溶き卵(3個)を流し入れ、ごはんも入れて炒める。ご飯の水分が飛んでぱらっとしてくるまでけっこう炒める。中火のまま。
3)青ネギと醤油を加えて味を見て、足りなければ塩を足す←あんをかけるから薄めで。皿に盛り付ける。
4)空いたフライパンにAを入れて煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつけて溶き卵(3個)を流し入れ、大きくかき混ぜる。ごま油で香りを付け、3の炒飯の上に盛り付ける。










続きはメイさん↓↓↓↓