いやーーーー朝は寒い!
未だ肌布団で寝てるんだけど、もうそろそろ羽毛布団に替えた方がいいんかなと思いつつ。
昼間はあったかいからつい忘れちゃうw
(ほんで夜寝るときに思い出して、でもめんどくさくてまあいっかとそのまま肌布団で寝てる←風邪ひくで)




寒くなってくると恋しくなるのがあったかい汁物。
お肉入りの具沢山汁だとこれ1品でもかなりおなかもいっぱいになるし(しかも低糖質だし)、いいよね。
今年の冬はこの具沢山スープ系が家ごはんの定番になりそう。




昨日の記事でレシピ書きまーす言うてた汁物レシピ。
卵入りでふわふわの鶏団子と、旬の春菊を使った中華風のスープです。
お味噌ベースの汁もいいけど、塩ベースもまた美味しいよね。
同じく、鶏ひき肉からめちゃいい出汁が出るから、シンプルな味付けでOK。
あれやこれや入れんでいいよ。

DSC_0014


【鶏団子と春菊の中華風スープ】

☑材料(たっぷり6人分くらい) 調理時間20分
・鶏ひき肉(もも) 400g
・春菊 1束
・きくらげ 12枚くらい
・厚揚げ 1丁
・水 1000㏄
A
・卵 1個
・生姜すりおろし 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・胡椒 少々
・片栗粉 小さじ2
B
・紹興酒(または酒) 大さじ2
・塩 小さじ1~
・醤油 小さじ1~2
・ごま油 大さじ1


☑作り方
1)鍋に分量の水を入れて火にかける。きくらげはぬるま湯で戻し、春菊は4センチ長さに厚揚げは食べやすく切る。ボウルに鶏ひき肉とAを入れて練り混ぜる。
2)鍋の湯が煮立ったところへ、1の肉だねをスプーン2本で丸めながら入れていく。すべて入れたらあくをすくって厚揚げときくらげを加え、Bを加えて5~7分ほど煮る。味を見て、足りなければお塩で調整する。
3)スープの器に生のままの春菊を入れ、アツアツの2を注ぐ。
IMG_5275


※春菊はすぐに火が通ってくたくたになってしまうので、最後に加えるか、時間差晩御飯の方は器の方に春菊を入れておいて、アツアツの汁を注ぐといいと思います。
※春菊は生でも食べられます~
※何度も温めなおしているうちにこういう汁物って煮詰まっちゃって辛くなってきちゃうんだけど、そういう場合はどんどんお水を足せば大丈夫です。
※春菊が苦手なら、もやしとニラでもいいです。その場合はBと同じタイミングで入れてください。




 昨日の晩ごはん


DSC_0033
昨日の11月14日木曜日の晩ごはん
*鶏むね肉のふんわり揚げ
*小松菜の胡麻ナムル
*カリフラワーの梅酢
*ミニトマトのチーズグラタン
*春菊とエビと厚揚げのとろみ汁


DSC_0039
前夜の鶏カラリベンジ!
やっぱ自分で作ったほうが断然美味しい・・・・自画自賛www

すぅがめちゃくちゃ喜んでくれて、「明日の弁当もこれがいい!これをそのまんま入れておいて!」というので、仰せのままに。
こちらは来年2月の料理教室用の試作。








※新刊が出ました!

シンプルだから
簡単で美味しくて続けられる!!
“てんきち母ちゃんの太らない!日持ちおかず”の本です。


51MQ+D1gMTL._SX350_BO1,204,203,200_

どうぞよろしくお願いいたします!!





☑サイン入りの本を置かせて頂いているお店
西宮ガーデンズのブックファーストさま
お問い合わせは→0798-62-6103

紀伊国屋書店梅田本店さま
お問い合わせは→06-6372-5821

紀伊国屋書店グランフロント大阪店さま
お問い合わせは→06-7730-8451





※レビューまたまた増えてた!ありがとうございます!
楽天↓↓↓

てんきち母ちゃんの太らない!日持ちおかず [ 井上 かなえ ]
てんきち母ちゃんの太らない!日持ちおかず [ 井上 かなえ ]



Amazon↓↓↓




続きはメイさん↓↓↓↓↓