北海道料理教室イベントに早速お申込みいただいているようで!!
ありがとうございます。
正直、あまり応募がないんじゃ無いかなとか、ネガティヴ思考満載で、ライブドアブログのイベント担当者に方に
『もし応募がめっちゃ少なくて、さらに当日キャンセルとか多発して参加者3名とかになった場合、お客さんに紛れて参加してもらってもいいですかね』 
とか真剣に相談していたんです(どんだけネガティヴ)。
まだまだ締め切りまでは時間があるので、じっくり悩んでいただいて応募していただいて大丈夫です。
札幌からはだいぶ離れてるのでほんっと来ていただくにはご足労おかけしちゃうんですが、良かったら!!

➡︎ご応募はこちらのページから


 昨日からパソ子入院中で、今日代替パソコンが来ることになってるんですが、昨日は


----------------

ここまでアイパッドで書きまして、ここからパ曽於・・・・なんだこれもう・・・この子変換がオカシイ・・・派曽於←ぱそおと書いておりますさっきから。
正解はパソ夫(そんな変換できません←パソ夫の声駄々漏れ)


使い慣れないパソコンからですが、しばらくはこちらからお送りいたしますので、誤変換など温かい目で見守りくださいませ。








いやあああああ年齢を重ねるごとに新しいことが覚えにくくなってるというか。
このタイミングでの突然の新しいパソ夫の扱いにもう・・・・脳フル回転。

このタイミング1=昨日から北海道イベントの募集開始で募集ページの管理を自分でしている
このタイミング2=某企業様案件を抱え、お直しレシピを月曜に再提出するはずが、作成した文書はすべてパソ子の中。その撮影は来週に迫っている。
このタイミング3=月末にいよいよ新刊の撮影があるので夜な夜な新レシピをダーーーーっと文書に起こし中なのですが、それもパソ子の中


あれだね、すべてウェブ上に保存しておけばよいんだね。
やっと意味がわかったよ。
パソコンが変わってもどの機械からでも(須磨穂でも・・・ええええええ!すまほくらい変換しようや!誰やねん須磨穂って!アイパッドでも)編集できるんだッてことも、昨日やっと知った、、、、







さ、やっとパソコンに写真が取り込めたので溜まっている晩ごはんから。


これは出張前夜かな。
20190710 008
7月7日、日曜日の晩ごはん
(あっ!七夕・・・)
*オレンジとフレッシュ野菜のヘルシー酢豚
*マヨなし歩手皿・・・ポテサラくらい変換してよ・・・←かなえの声駄々漏れ
*化に釜と(ええええカニカマくらい察して)カニカマとわかめの酢の物
*手羽元ともやしのキムチスープ


七夕ごはんじゃなくてごめんなさいね。
そうめんはお昼に食べたよ。

IMG_1584
ほら。
(メイがわざとここに座って私が来るのを待ち構えています)

そうめんにごはんにって炭水化物祭りじゃん!と母と妹から総ツッコミを受けた写真ですわ←
向かいの席に座ろうとしている裸足の人間は、息子。
日曜で仕事がお休みでした。


そして翌月曜日は出張だったので晩ごはんは新幹線の中でお弁当を。
家にいた子どもたちはおのおの済ませてもらいました。



そして昨日の晩ごはん
20190710 039
昨日の7月9日火曜日の晩ごはん
*豚肉のソテーにトマトだれ&ベビーリーフ
*干し豆腐ときゅうりの和え物
*豚肉と春菊のカレー卵とじ
*キャベツとたまねぎのお味噌汁


20190710 036
しょうがや起用の・・・生姜焼き用のアメリカンポークを使って、10分でできちゃうスピードおかずです。
肉焼くの3分、トマト切って調味料と混ぜ合わすの5分、盛り付け2分。
盛り付けにそこまで時間をかけなければ8分で出来上がるね!
レシピはこちらにも貼り付けておこう。


材料(4人分)
・豚生姜焼き用のお肉 12枚~食べたいだけ
・塩、ブラックペパー 各少々
・サラダ油 少々
・トマト 大1個
・レタスなど 適量
A
・味噌 大さじ2
・米酢 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・ニンニク(すりおろす) 1/2片分
・豆板醤 小さじ1
・ごま油 大さじ1
・すりごま 大さじ2

作り方
1)トマトは1.5センチ角くらいに切ってAと一緒にボウルに入れて混ぜる。レタスは食べやすくちぎる。
2)豚肉をサラダ油を敷いたフライパンで両面焼き、塩、ブラックペパーを振ってレタスと一緒に皿に盛り付ける。
3)2に1のトマトだれをたっぷりと掛ける。


※味噌はわたしは信州みそ(米味噌)を使用しています。麦みそでも合わせでもご家庭のお味噌でお試しください。




あとは、大好きな干し豆腐と千切りきゅうりを混ぜて塩とごま油で味付けしただけの
20190710 043
豆腐なので糖質を心配せずに安心して食べられる。

20190710 044

これも秒でできるおかず。
レシピはこれ→5分でできる豚肉と春菊の和風カレー煮

炒めずに煮るってだけ。
こうすると炒めて作るよりも断然肉が柔らかく仕上がるような気がします。
油も飛び散らないし、どんどんなべに入れていくだけなので簡単です。






→この本についてのわたしの思いを書いています。 



ここまで書くのに1時間・・・・汗汗
はぁはぁぜぇぜぇ



↓続きはメイさん