昨日の晩ごはん
IMG_0499
昨日の5月24日金曜日の晩ごはんは、置き晩ごはん。
*トマトクリームの煮込みハンバーグ
*低糖質レシピ:ふんわり柔らか◎えんどうまめの炒り豆腐
*ゴーヤと人参とわかめのツナ炒め



母さんは夕方から打ち合わせ、打ち合わせ後はそのままお外で晩ごはんの予定だったので、出掛ける前に作っておきました。
DSC_0001
メインはハンバーグ。
野菜ジュースで煮込んでありますが、ハンバーグの中のパン粉に生クリームを吸わせたものを入れたので、ちょっと濃厚&マイルドな仕上がりに。
キャベツも一緒に煮込んだのでボリュームたっぷりです。





副菜は
DSC_0004
粉豆腐の炒り煮。
玉ねぎ、えんどうまめ、豚小間、卵入り。
粉豆腐は高野豆腐をすりおろしたものみたいなもので、おからパウダーとはまた違うもの。
おからパウダーはややぼそぼそ感があるけど、粉豆腐のほうはあくまでも豆腐。
ふんわり舌触りも滑らかに仕上がります。


なーさんが気に入ってよく食べていたので、レシピをメモっておきます。



材料(作りやすい分量)
・粉豆腐 40g
・玉ねぎ 1/2個
・むきえんどうまめ(冷凍のものを使いました) 1カップくらい
・豚小間肉 100g
・卵 2個
・ごま油 大さじ1
A
・水 400㏄
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1/2

・鰹節 1パック
作り方
1)玉ねぎは1センチ角くらいに切り、豚小間も短く切る。
2)鍋にごま油をひき、玉ねぎ、豚小間を入れて火にかける。軽く炒めたらAを注いで煮立て、粉豆腐とむきえんどうまめ、かつおぶしを加えて中火から弱火にし、蓋をして5分ほど煮る(木べらでたまにかき混ぜてね)。
3)卵を溶いて塩一つまみを加え(分量外)、2へ回し入れる。へらで大きくかき混ぜてふたをして1分ほど加熱し、火を止める。


※むきえんどうまめの代わりにむき枝豆でも、椎茸でも、家にあるものでどうぞ。
※清潔な保存容器に入れて密閉して冷蔵庫へ、3日以内くらいで食べきります。


副菜その2は
DSC_0005
ゴーヤと人参とお味噌汁用のカットわかめを炒めて、ツナ缶と白だしで味付けしたもの。
多めに作ったのでお弁当に入れたり、数日間の副菜に活用したりする、お助けおかず。


みんなの晩ごはんを作り、帰ってきたらすぐにスイッチ入れられるようにお風呂も洗って蓋しておき、昨日も母さん、完璧に用意して出かけたつもりだったのですが!




母さんが出かけた後
一番に帰ってきて晩ごはんを食べようとした末娘すぅさんから1枚の写真が送られてきました。



そこには





炊飯器の中に、水に浸されたままの生米が。







ご、ごめ~ん、、、、
予約スイッチ入れ忘れてた、、、、、💦💦




――――――――――――――――――――
※掲載誌のお知らせです


IMG_0513
学研プラスさんから発売された、こちらの
「保存版 レシピブログで人気の最強10分おかず300品」
というムック本に、わたしもレシピを提供させて頂きました。
10分で作れるお弁当2種類と
IMG_0514

新作の↑のお弁当のレシピのほかに、ブログで人気だった10分で出来るどんぶりレシピやおつまみレシピも数点、載せて頂いております。

良かったらチェックしてみてくださいね。
保存版 レシピブログで人気の最強10分おかず300品 (ヒットムック料理シリーズ) [ レシピブログ編集部 ]
保存版 レシピブログで人気の最強10分おかず300品 (ヒットムック料理シリーズ) [ レシピブログ編集部 ]









→ハンバーグのレシピをもっと見る







続きはメイさん劇場↓