本日のお品書き
①牡蠣のガーリックオイル漬けレシピ
②いんげんと鯖缶の生姜煮レシピ
③土曜日の晩ごはん
④日曜日の晩ごはん
⑤メイさんの笑顔vs寝ぼけ顔メイさん



今年もまた牡蠣のガーリックオイル漬けを作りました(この写真はめっちゃ昔のだけど)。
台湾へ行く前日にお取り寄せしていた牡蠣が届いたのですが、その日の晩ごはんは別予定になっていたので、これはやばい・・・・!と、慌ててこれにして保存しておいたのです。
台湾から帰ってきてからありがたく頂きました。

以前よりも作りやすい作り方を。
以前は酒蒸しにしたものを、塩味入りのオイルに漬ける方法にしていたのですが、今回は牡蠣のほうに塩味を付けてしまってからオイルに浸すので、味にばらつきがありません。
(以前の作り方→ふっくら旨い@ガーリックオイル牡蠣
※そして蒸し汁はわけて別にし、別のお料理にしました。


牡蠣のガーリックオイル漬け

52162a7a

材料(作りやすい分量)

・牡蠣の剥き身 450g

・酒 大2
・塩 小さじ2/3くらい

A

・エキストラバージンオリーブオイル 100~200㏄(ひたひたになるまで)

・ニンニク 1片

・タカのつめ 1本

作り方

1)牡蠣は塩水で洗ってざるにあけ、真水で流して水気を切る。ニンニクは薄切り、タカのつめは種を取って小口切りにする。
2)小鍋に牡蠣と酒を入れて火にかけ、中火で時折木べらでかき混ぜながら牡蠣の身がふっくらとふくらむまで5分ほどふたをしながら酒煎りにして火を止める。熱いうちに塩を振って全体になじませてそのまま置いて粗熱を取る。粗熱が取れたらざるにあけ、汁と身にわける。汁捨てないで!ボウルに受け止めて。

3)清潔な保存容器に2の牡蠣のみを入れ、Aを入れて浸す。

※2で取り分けた汁は、水で伸ばせばスープになります。和風ならばお醤油で香りづけ、洋風ならバターで香りづけ。
※牡蠣は冷蔵庫で保存し、2週間以内に食べきります。


そのまま大事に食べても良し、ほうれん草と一緒に加熱して副菜にするもよし、牡蠣パスタにするもよし。

DSC_0025
茹でたほうれん草と一緒に炒めたもの。
牡蠣に味付けしてあるので、味付け不要です。





もう一品!
こちらは鯖缶といんげんを使った副菜です。
生姜が効いて美味しいです。
鯖缶ですが、缶から出した後、崩しすぎないようにお箸で割るようにすると(この時に中骨を外してもいいし外さなくてもそのまま食べられるし)、煮あがりもきれい。
崩しすぎず大きめの身のまま煮れば、2~3人前くらいの主菜になりますよ。
うちは5人なので鯖も細かくほぐして副菜に↓

いんげんと鯖缶の生姜煮
DSC_0016

材料(4人分)
・いんげん 200g
・鯖缶 1缶
・生姜 1かけ
A
・水 1カップ
・酒 大さじ2
・醤油 大さじ1
・塩 少々

作り方
1)いんげんはヘタを切り落として半分の長さに、生姜は千切りにする。
2)鍋に1のいんげんと生姜、鯖缶(汁ごと)を入れ、鯖缶はお箸で大きめにほぐしてAを注いで中火にかける。
3)たまにかき混ぜながら汁気が半分になるまで煮詰める。




週末土曜日の晩ごはん
DSC_0006
一昨日の1月26日土曜日の晩ごはん
*豚ヒレカツ☆
*千切りキャベツ、ごぼサラ、トマト
*いんげんと鯖缶の生姜煮☆
*蕪の葉っぱのお漬物☆
*いろいろきのこのクルミ味噌絡め☆
*豆腐とお揚げのお味噌汁☆


昨日の日曜日の晩ごはん
DSC_0020
昨日の1月27日、日曜日の晩ごはん
*むね肉のチーズタッカルビ(キャベツ、玉ねぎ、赤パプリカ、スナップエンドウ)☆
*千切り大根サラダ☆
*ほうれん草と牡蠣の炒め物☆
*大根とわかめのお味噌汁☆


チーズタッカルビのレシピはゆる糖質オフの本から。
冷蔵庫の残り野菜を味付けせずに炒めたものの上にのっけて、ごはんがなくても物足りなさを感じさせないように工夫してますよ。





お腹いっぱい食べても大丈夫!
大事なのは選ぶこと。
↓↓↓↓


↑Amazon

↓楽天
てんきち母ちゃんの ゆる糖質オフのやせる献立ーーたっぷり食べてウエストマイナス9cm!-- [ 井上 かなえ ]
てんきち母ちゃんの ゆる糖質オフのやせる献立ーーたっぷり食べてウエストマイナス9cm!-- [ 井上 かなえ ]



続きはメイさん↓