※本日1月8日(火曜日)お昼の12時から、東京料理教室のお申し込みがスタートします。
お申し込みページはこちらです。

一汁三菜を楽しむかな姐の料理教室


次回お料理教室の詳細についてはこちらの記事をご覧ください→☆







昨日の晩ごはん
DSC_0006 (1)
昨日の1月7日月曜日の晩ごはん
*蕪の豚肉巻きグリル☆
*鶏ひきのくるくる(試作で)☆
*ナスと厚揚げの麻婆煮☆
*春菊と豆腐のお吸い物☆
*雑穀ごはんを一口だけ←白ごはんに蒸し雑穀を混ぜたものを40gだけ




生のままの蕪を8つ割りにし、これに豚ロースの薄切り肉をくるりと巻いて塩、ブラックペパーを振り、魚焼きグリルで焼くだけっていう。

蕪は生のまま焼き始めるのがポイント。

DSC_0009
半生仕上げになるよう、肉に焦げ目がついたら速攻で取り出します。
グリルの中に余熱で置いてたらせっかくの食感が無くなってしまいますー!
カリっと仕上げた蕪のジューシーさに驚く一品。
好き嫌い女王のすぅさんもこれは大好き。
大根じゃなくて蕪でぜひ。

奥の海苔巻きはちょっと雑誌の仕事の試作で。


DSC_0007
少量の豚ひき肉と、ナスと厚揚げを麻婆風に煮物に。


DSC_0010
お味噌は麻婆のほうに使ったので、汁物はお吸い物に。
春菊は炊くとすぐにくしゃくしゃになってしまうので、うちのように時間差で食べる家族の場合は、お椀のほうへ生の春菊をスタンバイさせておき(けっこう盛り盛りにする)、アツアツのおだしを注ぐシステム。
いつの間にやらすぅさんも春菊を普通に食べられるようになってたけど、そういえば元祖好き嫌い王のオットはもともと結婚当初、
「鍋に春菊を入れないでくれ」
って言ってたんだったwww

春菊も水菜も豆苗も嫌いだと言っていた。
カボチャもジャガイモもサツマイモも豆も。
野菜=レタスで、レタスさえ食べていれば野菜をたくさん食べてる気分になってる人だった。
今はほぼなんでも食べられるようになったなぁ。

(感謝してほしいわ)



昨日はお昼に七草がゆならぬ、七草雑炊を作りました。
IMG_5859

なーさんと二人だけのお昼ご飯に、この1パック全てを使用するという贅沢さ。

IMG_5861
冷凍してあった鶏皮と昆布のお出汁にし、ご飯はほんのちょびっと、椎茸やら椎茸の軸、タケノコやら入れて具沢山に。
ざくざくと粗く刻んだ七草は最後に入れて(下茹でしないよ、刻んだだけ)、お塩だけでほんのりとお味付し、明太子、焼いたお餅を仕上げにトッピング。
おなかいっぱい食べてあったまった後は、仲良くジムへ行きました(別々のジムだけど)。





新しい年の始まりに食生活の見直しはいかがでしょう



↑Amazon

↓楽天
てんきち母ちゃんの ゆる糖質オフのやせる献立ーーたっぷり食べてウエストマイナス9cm!-- [ 井上 かなえ ]
てんきち母ちゃんの ゆる糖質オフのやせる献立ーーたっぷり食べてウエストマイナス9cm!-- [ 井上 かなえ ]


続きはメイさん↓