グレーヘア(シルバーヘア)が流行っているそうだ。
白髪を染めたりせず、自然のままありのままの自分を受け入れ、老いによる変化をも楽しもう!という最先端のおしゃれ。
女性で言えば草笛光子、男性で言えば吉川晃司さんのようなイメージだろうか。
たしかにおしゃれだしかっこいい!!

オットにもぜひ吉川晃司さんのようなヘアスタイルを目指すように勧めているのだが、やはり「老けて見えるのではないか?」という不安があり、未だに黒髪に染めている。
というわたしも月に一度は美容院へ行ってしっかり染めてもらっているのだが、



いやぁーーーー



この時期の白髪染めの寒さよ!!!!!!
大体根元をしっかりと染めてもらうのが目的だから、冷たい冷たいあのしっかりとしたクリーム状の液体が、重さを持ったクリームが地肌全体を覆うんですね。
それは頭全体が氷で覆われているんじゃないかくらいの冷たさ。

冬場の美容院の寒さは以前にも書いたのだが、そもそもシャンプー自体がもう寒い。
お湯が当たっているところのみ温かいような気がするけど、当たっていない部分はずっと氷。
そして特筆すべきは・・・

わたしを担当してくださっている、美容師さんが冷え性だという事実。
びっくりするほど手が冷たくて、ほんとにかわいそう、、、、(´Д⊂)
なのでわたしばかりが寒い寒い言ってはいけないのだ、目の前にもっと寒い思いをしている人がいるのだから!!

先日はたまたま、めちゃくちゃ寒い日に白髪染めの予約が入っていたのだが、冬場に美容室へ行くときは厚着をしておかねばならなかったということをうっかり忘れていた。
今季初の寒い日だったので。

美容室へ行くときには超極暖ヒートテックのアンダーシャツに、下半身も極暖、そのうえにシャカパン、靴下二枚履きにもこもこブーツ、腹部にはあったか腹巻で、雪だるまのように着こんで攻めなければならなかった。

かっこよく薄着で行っている場合ではなかった。
コートを預けてからそのことに気づいたが、まさかコートを着たまま白髪を染めてくれとも言えず、、、、その日はパーマもかけたのでフルコースで3時間もの間、



終始、指先は寒さでかじかんで痺れたままで感覚はなく、温まろうと思って熱いコーヒーを頂いたら、その後はトイレばっかり行きたくなる闘い。




来月の予約の時には必ずやスキーウエアを着よう、



と心の中で密かに決意したのだった。
スキーウエア、持ってないけど。












ってかそもそも、白髪を染めるのを止めておしゃれグレーヘアになればいいって話?

関連記事
女性は寒がりで男性は暑がりの件
真冬の美容院の恐怖




一昨日の晩ごはんです。

IMG_5227
一昨日の12月11日火曜日は母さんは友人と外食したので、家族には置き晩ごはん。
*回鍋肉
*ほうれん草と金時ニンジンのナムル
*いろいろきのこの塩蒸しを柚子胡椒で
*大根の塩そぼろ煮
*玉ねぎとお揚げとキムチのお味噌汁




回鍋肉にオットが大喜び。
肉はしっかり味なんだけど、キャベツで緩和されるといういいバランスです。
このレシピは2月発売のとある雑誌に載るはず。
そして今年は大根がお安い!
めちゃくちゃ大きな大根(兵庫県産)が1本90円くらいでした。
甘辛く炊くことの多いイメージの大根ですが、塩味も美味しいのです。
うまみたっぷりの豚ひき肉と一緒に塩味で煮て、最後にうっすらととろみをつけてみました。
(片栗粉の使用は小さじ1くらい)

低糖質なので、たっぷり食べても安心です。
IMG_5228
材料(たっぷり5人分くらい)
・大根 2/3本(800gほど)
・豚ひき肉 200g
・ごま油 大さじ1
・水 400㏄
・酒 大さじ2
・塩 小さじ1
・黒コショウ 少々
・水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1+を水小さじ2で溶く)

作り方
1)大根は皮をむいて一口大に切る。
2)鍋にごま油をひいて1の大根を炒める。表面がやや透明になってきたらひき肉を加え、色が変わるまで炒める。
3)水を注ぎ、酒を入れてふたを斜めにずらして中火で15分ほど煮る。
4)大根が軟らかくなり、煮汁が半分くらいになったら塩を加える。全体を混ぜ、5分ほど煮たら水溶き片栗粉でとろみをつけ、火を止める。器に盛り、黒コショウを振る。

※豚肉のにおいが気になる方は、生姜を一緒に煮ても良いです。ニンニクでも美味しいです。


痩せにくくなったアラフォー、アラフィフ世代の皆様。




↑Amazon

↓楽天
てんきち母ちゃんの ゆる糖質オフのやせる献立ーーたっぷり食べてウエストマイナス9cm!-- [ 井上 かなえ ]
てんきち母ちゃんの ゆる糖質オフのやせる献立ーーたっぷり食べてウエストマイナス9cm!-- [ 井上 かなえ ]



続きはメイさん↓