結婚して23年経つ。
今でこそ、夫婦仲が良いねと皆さんに言っていただくが、これまでの道のりは長かった。
それこそ何年か前までは長期にわたる冷戦的大ゲンカをしょっちゅうしていたが、


穏やかになったなぁと思う。


わたしが穏やかになったからオットも穏やかになったのか、オットが穏やかになったからわたしも穏やかになったのか。
20年以上夫婦をやってきて思うのは、お互いが別の人間だということを意識し、お互いの境界線に踏み入らないようにすることは非常に大事だということ。

それはお互いが大切にしているものを、尊重すること。
大切な領域に立ち入って、求められてもいないのに意見をしたり、口出しをしたりすることはプライドを傷つける。
これが長いことできなくてわたしは、オットをイライラさせていたのではないかと思う。


さて。


オットが自分で、自ら、進んで、掃除機を(たまに)かけてくれるようになったって書いたけど、もうひとつあった。
いやもう些細なことすぎて見過ごしてたけど、そういえばそう。
よそ様のお宅では当たり前の、そんなことは当然のことかもしれないけど、うちではそうではなかったから。
昔は。
結婚してから20年くらいずーっと。



それは、食事の時の自分のお茶は、自分で入れるということ。
そのくらいのこと、疲れて帰ってきた旦那様にして差し上げれば良いことじゃないの!って思うかもしれないが、いや、そうなんだけど、、、


以前は食事の時は、オットは手ぶらでやってきて席に着くだけで、

「お茶は?」
「箸は?」
「氷もっと入れてきて」
「醤油いれる皿は?」
「ドレッシングは?」
「ティッシュ取って」
って指示してくるだけだったのに、今は席に着く前に食卓を見て、お茶が出ていなければ自分でコップを用意し、氷とお茶を入れてコースター(にティッシュを敷いて←水滴が気になるから)を出している。

妻が長期留守をすると、子どもたちそれぞれが自立し成長するいい機会だと思っていたけど、これ以上成長することも学びも無いと思われた52歳成人男性もこんなにも成長するとは。



オットが食後のコーヒーを自分で淹れられるようになってから2年くらい経つが、それがだんだんと
「食後に自分が飲むためのコーヒーを淹れるのは自分だ」
と認識するようになり、妻がソファーでのんびり横になってくつろいでるときや読書をしている真っ最中などに
「コーヒー淹れてくれへん?」
と言わなくなって久しい。

むしろ
「わたしのコーヒーも淹れてよ」
とお願いすれば淹れてくれる。


もしかしたらこの、「コーヒー」がきっかけではないかと思うのだが、
いやぁ~すごいな!
こないだはお布団まで干していたよ!(まくらを取り入れるのを忘れて、つめた~くなっていたよ!)
もっともっと褒めて、褒め称えて、オットの自立を促そう!



昨日の晩ごはん
DSC_0017
昨日の11月6日火曜日の晩ごはん
*キャベツバーグ(糖質オフのパン粉使用で)☆
*セロリの塩おかかきんぴら☆
*ミニトマト
*いろいろきのこの塩蒸しをわさび醤油で☆
*千切り野菜のスープ(水菜、ニンジン、椎茸、白ネギ、大根)☆


ちょ、、、盛り付け酷いけど勘弁して。
バッタバタ。



 ありがとうございます!
重版出来の連絡が来ました。3刷です!




↑Amazon

↓楽天
てんきち母ちゃんの ゆる糖質オフのやせる献立ーーたっぷり食べてウエストマイナス9cm!-- [ 井上 かなえ ]
てんきち母ちゃんの ゆる糖質オフのやせる献立ーーたっぷり食べてウエストマイナス9cm!-- [ 井上 かなえ ]


続きはメイさん↓