本日2つ目の記事です。
今朝の記事はこちら→※イベントのお知らせです!(東京)と和風ロールキャベツの献立、それから・・・お料理対決しました


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



先日下の娘(高1)が定期を無くしました。
夏休みが開けて9月になってすぐに買ってやった大事な大事な3か月分の通学定期券を。
しかも、その定期はクレカにもなっているので、学校へ行く以外にも私鉄やったらどこへ行くにも乗り放題で、ピッとすれば娘の懐はひとつも痛まず、すべての請求は親に来るっていうシステム。



無くした、というのを母さんが聞いたのは無くした翌日の夜22時過ぎのことで、もうすでに紛失してから24時間は経っていました。

娘曰く、落とした場所はわかっていると。
わかっているからすぐにその施設に自分で電話をしたが、営業時間外だったので留守電的なものにしか繋がらず、落とし物についての詳しい情報と自分の名前、連絡先として電話番号も言ったと。
しかしながらその翌日はたまたま関西に台風接近中でその施設の営業は早々に取りやめとなり、当然電話もかかってこなかった、と。

というところまでの一連の報告を受け、母さんは怒りたい気持ちもあったのですが、娘がどう対処するのか、見守ることにしました。
自分のやらかしは自分で解決するべく動かなければならない、もう小さな子どもではないのだから。
それに、きっと明日にはなんらかの連絡があるだろうと。


はたしてその翌日。
つまり落とした日から数えると3日目。
その日は日曜日だったのですが、英検講座があるとのことで学校へ行かねばならなりませんでした。
定期が無いのでお金を渡し(1日往復で1000円以上かかるんやで!!怒)送り出しました。
昼過ぎに講座を終えて娘からLINEが来ましたが、なんと授業中におそらくはその施設から電話がかかっていたようだが、出られなかったためすぐにその番号にかけなおしたとのこと。
しかし電話が大変混みあっておりますと自動音声が返事するばかりで30分以上待ったが結局つながらず。

でもきっとまた掛け直してきてくれるはずだから、今度掛かってきたらちゃんと取るように注意しておきなさいとそう伝えました。



が、残念ながらその日はもう二度とその電話はかかってきませんでした。
大きな施設ですから、うちのバカ娘の小さな落とし物ひとつにかけられる時間など限られているのでしょう。落とし物をするのはうちの娘だけではないのでしょうから。
それに今日は日曜日だし、問い合わせの電話も立て込んでいるのでしょう。
お忙しい中をお手を煩わせてしまい、本当に大変に申し訳ない。


そして月曜日。落とした日から数えると4日目。
朝練のため、6時には家を出る娘に交通費を渡し(1日往復で1000円以上かかるんやで!!わかってるんか!!反省してるか!!怒2)、休憩時間になったら必ず施設に電話するように!と伝え、送り出す。

しかし娘からの報告によると、10時過ぎにまた昨日の電話番号からの着信が一度だけあったようだが、その時間には携帯はロッカーの中。
昼休憩にこちらから電話するがまたもや繋がらない。
部活が終わって夕方電話したが、もう営業時間外。
(その間着信は無し)

そうこうしているうちに無駄に1日は過ぎた。



冷静に冷静に。
怒らない怒らない。


・・・・・。




いやもうほんとごめんなさい。
ちょっとだけ口汚く怒っちゃうけどいいかしら。



ふつふつと沸いてくるどうしようもない怒りをどのように処理すれば!!!!!!!




そもそもなんであんたの携帯番号を伝えたん!!!!!!
昼間は連絡取れないんだから、家の電話番号か若しくは母さんの番号を伝えるべきだったでしょう!!!!!!



わたしは過去の行動についてくどくど怒ることは滅多にないのですが(だって過ぎたことをくどくど言ったってしゃーない。やっちまったんだもの)、この時ばかりはさすがにイラっとしてしまった。
そもそも定期は見つかったのか、見つかってないのかもわからなかったから。
その施設で本当に落としたのか、それとも施設から駅に歩いてる途中で落としたのかも、正確にはわからないではないか。
それならばさっさと警察や駅に言わなあかんし、クレカを落としたらすぐにカード会社に電話してストップしてもらわなあかんねん!悪い人に拾われて悪用されてたらどうするねん!
もういいわ、あんたに任せられへんわ。
明日は母さんが電話します!!!!!!←もう小さな子どもちゃうねんから見守る言うたのはどうなったん


その翌日。5日目。
すぅには5000円を渡し、とりあえず昔使っていたイコカにチャージして使うように伝える(1日往復で1000円以上かかるんやで!!怒3&4)。
そして大阪市内で仕事中だった合間を縫って、娘にかわってわたしが電話をかけてみる。
昼間だったからかもしれないが、わりとすぐに電話は繋がり、機械ではなく窓口の人と直接話すことができました。
落とし物をしたと娘がそちらに連絡をしたのだが、その返事と思われる電話が娘の携帯にかかってくるのだが、娘は学校に行っているのでその電話を取ることができない。
なので今後はその連絡は母の携帯にしてくれるようにお願いしますと。
今この電話でその落とし物についてのお返事はできません、後ほど担当の者がかけなおします、と言われ、そのまま電話を切る。
これでようやく話が進むと安堵したのもつかの間・・・


仕事中だったわたしも、その30分後にかかってきた担当の方からの電話が取れなかったのだ。

着信があったことに3分後に気づき、すぐにかけなおす。
が・・・・

繋がったのはまた、先ほどの窓口の方なのだ・・・。
たまたま同じ方だったので、今そちらからかかってきたんですが、取れなかったんです!で、かけなおしたんです!と必死に説明するも、
この電話でその電話を今かけた担当につなぎなおすことはできません、何度かその担当からかけなおすことになっているはずなので、その電話をお待ちくださいと。

はあ・・・・ワカリマシタヨ・・・・チーン

電話を切る。


仕事中だったとはいえ、ワンチャンスを逃した自分を呪う。

その日は大阪で仕事をしたあと、その足で東京へ行かねばならなかった。
新幹線の車内でも電話が鳴ったらすぐに気づいて取れるように、秒で取れるようにと左手にスマホを握りしめたまま東京へ。

しかし17時になっても電話は鳴らず、18時、19時、20時、21時・・・片時もスマホは手放さなかったが(トイレにも持ち込み)電話がかかってくることはなかった。


ならば明日、かかってくるのであろう。



翌日、つまり6日目。
その日はホテルを朝7時には出て、7時半にスタジオ入りし、ずっと料理の撮影というハードスケジュール。
しかしいかなる時も電話に出なければならないので音量を最大にし、電話がなったら即出られるようにエプロンのポケットに突っ込み、仕事をした。

9時になり、


11時になり、


昼になり、


気づけは15時。
撮影全て終わった。

電話は一度も鳴らなかった。

どのタイミングで鳴るんだろうか。
いつ掛かってくるんだろうか。
手にスマホを握りしめたまま山手線に乗り、品川駅へ。
時刻はすでに16時。
有人による受付終了時間まで1時間。

しびれを切らしてもう一度、電話をしてみた。
エキュート品川の隅のほうで立ったまま。

昨日の方とは違う方だったが、その方に藁にも縋る思いで今の状況を伝える。

(高校生やから昼間に電話してもらっても電話に出られないから母の携帯にかけてもらうように言ったんですけど、そもそも一日に1回しかかかってこないなんて、そんなことあります???それに出られなかったらもうその日は一生かかってこないシステムなのでしょうか?その時はたまたま出られないってこともあるでしょう?トイレに行ってたとか!来客中やったとか!定期が無いから、今娘は1日に1000円以上もお金使って電車乗ってるんです!いやごめんなさい、あなたに怒っても仕方ないってわかってるんですけどすみません!←最後は涙声に)


で、この後ですね、新幹線の中で電話がやっとかかってきまして、電話に出ることができました。
そう、やっと話すことができたのです落とし物担当の方と。
その方の説明によれば、母の携帯に電話せよという昨日の連絡が今日は無かったことになっていたらしく、今日も午前中に娘の携帯に連絡したが、繋がらなかったとのこと。
(いやそりゃそうでしょうよ!!!!!!とそっと心の中で思っただけです決して口に出してません)

で、貴重品になるので、これはお母さんではなく娘さん本人と直接話さなければいけません、とのこと。

「それはわかりましたけど、そもそも一番大事な事伺ってもよいでしょうか?
定期は見つかったんですか?それだけ聞いてもいいですか?」



「あったから電話してるんですけど笑」











ああ、、、、、そ、、、、、、うなんですか、、、、、、?
あったんだったらいいんですよ。
ええ。
ホッとしました。
あったのか無かったのかすら今の今まで全くの不明だったんですから。
落としたのは娘ですし、落ち度があったのは全面的に娘のほうですから。




どうしても娘と直接、とおっしゃられるなら、娘が帰宅するのは毎日20時ですのでその時間以降にかけてきてください。朝は6時には家を出ます。土日も学校です。
夜の時間帯にかけてみて、万が一携帯がつながらなければ自宅にかけてください。

と伝えると、

「その時間は営業時間外になりますので、電話を掛けられるかどうかお約束はできません。
わたしがかけるわけじゃないので。
今日の20時にかけられるかどうかはわかりませんけど、それだけはご了承ください。」

と言われ、わかりました、と電話を切りました。
とりあえず、定期はあったのね・・・という安堵。
悪用されてなくてよかった!
娘の定期を拾ってわざわざ届けてくださったお優しい方、どうもありがとうございました!!!
ああよかった、、、、あってよかった、、、、、

その日、20時には電話はかかってこず(もう何があっても驚かない、笑う)、なぜか家の電話に21時半ごろかかってきました。
営業時間外にわざわざかけてくださってありがとうございます。
無事に娘本人と直接話をすることができ、定期は自宅に着払いで送ってもらうことに。
娘はちゃんとまるでいっぱしの大人のように、「ありがとうございます!!すみませんでした!!」と電話口で丁寧にお礼とお詫びを述べていた。

もう夜だから明日の便には間に合わないけど、きっと明後日には家に届けられるはず!
交通費と着払いで・・・結局何日分無駄になったんや・・・いやもうその件については考えるのは止めておこう。



(ちなみにこの翌日にもこの施設の別の方から電話がかかり、「お問い合わせのあった娘さんの落とし物ですが、残念ながら見つかりませんでした・・・」という謎の報告があった💦え・・・・絶句・・・・どうやら伝達ミス?いや、いいんですよ、、、、間違いは誰にでもありますし、定期は無事に見つかったんだからもういいんですわざわざご丁寧にご連絡くださりありがとうございました!)


そしてその2日後に定期は無事に届きましたが、今度はなーさんがiPadを紛失する、という事件を起こすのでした。


もうほんまに・・・ええ加減にしいやあんたら(低い声)。





(ってよくよく考えてみたら、娘が学校へ行く間携帯をわたしが預かってたらもっと早く解決してたんやな。もっとも本人ちゃうから確認にはきっと手間取ったはずやけれども)



沢山の方にご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
そして娘の定期を拾って届けてくださった方、本当にありがとうございました。
オットにはこの件は一切内緒にしていたのですが(余計な心配をかけるかなと)、もしもオットがわたしの立場であったならば、





きっと定期を落としてしまった娘の失態をくどくど責めたりせず、やれ何日分の定期券が無駄になったお金がもったいないだのなんだの愚痴ったりせず、
なにはともあれ娘本人が無事でケガもなくうちへちゃんと帰って来られたことを喜び、それをまず一番に娘に伝えるのではないだろうかと、ふと思ったのでした。





読んだよのしるしに、ぽちっと応援クリック→人気ブログランキングへ