先週の木曜日(3/29)のお話になりますが、外苑前にありますアイランドスタジオにて、大人のためのしょうゆ出前授業イベントが開催され、その中での「お醤油を使った料理デモンストレーション」の部分を担当させていただきました。
事前に様々な種類のお醤油を自宅へ送っていただき、まずは全ての香りや色、味比べをし、そこからどんな料理に合わせたいかを考えてみました。


普段わたしの料理に使用しているのは「濃口醬油」のみで、ブログや本の中のレシピにある「醤油」っていうのは全てこれを指しています。
ほかにも日本全国にはいろんなお醤油があることは知ってはいたものの、実際に使用する機会ってなかったのでとっても貴重な経験をさせていただいたなあと思います。
IMG_8392

・薄口醬油(関西で生まれた色の淡いしょうゆ。発酵と熟成をゆるやかにさせる食塩を、こいくちより約1割多く使用している。素材の持ち味を生かすために、色や香りを抑えたしょうゆ)

・たまり醤油(中部地方で造られる色の濃いしょうゆ。トロ味と、濃厚なうま味、独特な香りが特徴。古くから「さしみたまり」と呼ばれるように、寿司、刺身などの卓上用に適する)

・白しょうゆ(愛知県碧南市で生まれた、うすくちしょうゆよりさらに淡く琥珀色のしょうゆ。味は淡白ながら甘味が強く、独特の香りがある)

・再仕込み醤油(山口県柳井地方で生まれ、山陰から北九州地方にかけて多く造られる。他のしょうゆは麹を食塩水で仕込むのに対し、生揚げしょうゆで仕込むため「再仕込み」と呼ばれる。色・味・香りとも濃厚で、別名「甘露しょうゆ」ともいわれる)



この中から、今回はたまり醤油と再仕込み醤油の2つをそれぞれ使用したお料理です。


DSC_0034
春シイタケ香るハンバーグ
香りがよく柔らかくてうまみたっぷりの春シイタケを使って、和風のハンバーグを作りました。
シイタケとお肉の肉汁を受け止めるのはお麩。
食べたときにお口の中いっぱいにジューシーさが広がります。
お醤油は上にさっとひと塗り、香りと色を楽しみます。


材料(4人分)調理時間約20分
・豚ひき肉 200g
・シイタケ 6個(150g)
・麩 5g
A
・卵 1個
・塩 小さじ1/2
・コショウ 少々

・白ごま 大さじ1~2
・酒 大さじ2
・サラダ油 少々
・すだち 2個
・大葉 4枚
・たまり醤油 小さじ2

作り方
1) しいたけは軸とかさをわけ、かさの部分は薄切りに、軸は手で割く。麩は手で崩し、すだちは半分に切る。
2) ボウルにシイタケと豚ひき肉、麩、Aを入れて手で白っぽくなるまでよくこね混ぜる。4等分にし、小判型に丸める。小皿に白ごまを入れ、肉だねの片面に押し当てる。
3) フライパンにサラダ油をひいて中火にかける。2の肉だねの胡麻の面を下にしてフライパンに並べる。2分ほど焼いてこんがりと焦げ目がついてきたら裏返す。酒を振り、ふたを閉めて弱火で7分蒸し焼きにする。
4) 蓋を取って少し火を強め、水分を飛ばして火を止める。大葉を敷いた皿に胡麻の面が上になるように盛り付け、表面にたまり醤油を塗り、すだちを添える。

※豚ひき肉を使用しましたが、お好みで鶏のひき肉や合いびき肉でも。



DSC_0059


サーモンと菜の花のくるみ醤油和え
お刺身用のサーモンとほろ苦い菜の花を、香ばしいクルミと一緒にお醤油でシンプルに和えます。
それぞれの素材とほんのり甘い九州のお醤油との相性の良さを感じるレシピです。





材料(4人分)調理時間約10分
・菜の花 1束
・刺身用サーモン 150g
・再仕込み醤油 小さじ2
・粒マスタード 小さじ1/2
・エキストラバージンオイル 小さじ1
・製菓用くるみ 25g

作り方
1) 菜の花は熱湯でさっと茹でて冷水にとり、水けを絞って半分の長さに切る。サーモンはキッチンペーパーで水分を押さえ、薄切りにする。くるみはアルミホイルの上にのせてトースターで軽くローストし、粗く刻む。
2) ボウルに1のローストクルミと粒マスタード、再仕込み醤油、オイルを入れてよく混ぜる。ここにサーモンを加えてさっと和え、最後に菜の花を加えてざっくり和える。

※ポイント サーモンは調理前にしっかりと水分をふき取ることで、生臭さを抑えます。くるみはローストした後、冷ましてから調理してください。





さてさて、イベントでは・・・
まず第一部では、お醤油博士の松本先生による講義がありました。

しょうゆの種類やそれぞれの旨みの特徴、使い方のコツ、さらにはお醤油はどうやって作られているのかの過程を見せていただきながら、「もろみ」「しぼりたての生のしょうゆ」の味見などがありました。


IMG_8385

クイズなどを交えながら教えてくださるので、とても楽しかったです!


そして第二部になり、いよいよわたしの出番、、、💦
途中使用する2種類の醤油が頭の中でごっちゃになり、えーどっちやったっけ!今どっちの話してるんだっけ!ってなってひとりパニ子になりかけましたすみません、、、


180329_5D_0097
大量のしいたけを前に呆然と立ち尽くしている・・・・・ように見えなくもない。


180329_5D_0111
ハンバーグをこねこね。



180329_5D_0118
笑顔でハンバーグ丸め。
(しかし本当は心臓バックバク)




そして出来上がり!
IMG_8389


この後皆さんに試食をしていただきました。
特にシイタケハンバーグが人気だったようで、すぐに家でも作ってみますねと言ってくださったお優しい方もいらっしゃいました。ありがとうございます!



IMG_8393
司会をしてくださったアナウンサーの松岡さん、お醤油博士の松本先生、お世話になりました!
ありがとうございました。


イベントにご参加くださったブロガーの皆様、お醤油協会の皆様、アイランドの皆様、お会いできてうれしかったです。お世話になりました!皆様ありがとうございました!!






からの、昨日の日曜日のお昼ごはん。

IMG_8457
留守にしていた間に冷蔵庫に入れてあった食材がいろいろ使いかけになっていたので、それらを組み合わせてワンプレートに。

IMG_8456

茶色本に載っているポークチャップ煮をメインに、ほうれん草と牡蠣のオイル漬けをソテーにしたものやら、手前にホワイトソースやら。
シャウエッセンと目玉焼きも付ければめちゃ豪華な見た目で、なにやら流行りのカフェ飯風に()。
とても残り物を集めたようには見えますまい。



(ちなみにこれを作ってる途中で、いつものように無邪気オットに「今日の昼ごはんは焼きそばがいいなぁ」と言われましたがw)






夜は義父母宅へ行って(お寿司&焼き鳥&じいじのバースデーケーキなどなどを持っていきました)みんなで晩ごはんを食べました。


今週も頑張りましょう。


今までになかった、新しい作りおきの本です



↑Amazon
↓楽天

てんきち母ちゃんの あるものだけで 10分作りおき [ 井上 かなえ ]
てんきち母ちゃんの あるものだけで 10分作りおき [ 井上 かなえ ]



続きはメイさん↓