週末土曜日に長女と出かけてたんですが、自宅マンションまで帰ってきて下の自動ドアのところに着いた時、そのむこーーーうのほうにあるエレベーターがちょうど降りてくるところでした。

ガラス越しにしかも数メートル先にあるそのエレベーターの、さらにその上にある監視カメラの薄暗い映像が、その映像っていうのがまさに今降りてきているエレベーター内が映ってるんですが、
エレベーターに乗っていたのはリュックを背負った細身の女の子の後ろ姿の一部で、その背格好、そして時間から推測するに、すぅが塾へ行くんだなと、


あれは次女だなと。
絶対あれは次女すぅさんで間違いないなと。


なんでかわからないんですが、その時はすごい自信があってそう思い込んだんです。

なので一緒にいた長女なーさんに
「あ、すぅがちょうど降りてきてるわー!」
と、さも自分が目が良いとでも言いたげに、アナタは見えないでしょうがわたしには見えますよと自慢げに言いました母さんは。


「えーーーーわたし全然見えへんわーーーー!ようあんな位置まで見えるなーーーー」
と長女に尊敬されつつ、自動ドアを抜けてエレベーターのほうへ歩み寄っていく、まさにその最中に、
エレベーターは1階へ到着、


バーン!と扉が開き、
(すぅはちょうど母さんとなーさんが下にいるからびっくりするでしょうねと母さん内心ワクワク)



そして出てきたのは






身長180センチ以上、かなりのがっしりした体型の短髪の中年男性、つまりすぅとの共通点は「リュック」と「人間」ってことくらいの人物でした。


誰――――――――――――――



「(えーーーーーーーーーーーーーーーーっ!)」
声に出すとお相手に失礼になるので、心の中で大声↑

そこからわが娘すぅが出てくるんだとばかり思い込んでいたのでその驚きと(え?イリュージョン?手品?なにこれ)、それと同時に自分の目の不確かさと思い込みの怖さと恥ずかしさでわけわからん状態になる母と、




その場に膝から崩れ落ちて、息も絶え絶えに笑い転げる長女。





なーさんにはエレベーターの中で
「しんどいわーーーもーーー」
と涙を拭きながら言われました。
もはや笑い過ぎてしんどい。



未だになぜそのお方がすぅさんに見えたのかは謎ですし、母さんの目は節穴決定です。




一昨日の土曜日はひな祭りでしたね。
この日はなーさんとランチへ行って大急ぎで帰ってきて(そして二人で涙を流して大笑いしながら自宅へ、すぅは玄関で靴を履いていたわ)母さんは着替えしてそのままジムへ、17時半に帰ってきて大急ぎで用意したので、簡単なものばかりですが、、、
女子たちが喜んでくれたから良しとします。
18時半スタート晩ごはんは女子たちのみですが、オットと息子も別時間に食べております。
DSC_0010
3月3日土曜日の晩ごはん
*叩きマグロのっけ寿司
*ハマグリとスナップエンドウのお吸い物
*ささみのとり天(茶色本より)とサニレタとブロッコリー
*レッドキャベツのマリネ
*クラッカーにクリームチーズと桜の花の塩漬けを乗せました
*エキナカで買って帰った桜餅

DSC_0014
あってよかった、生協で買ってあった冷凍のマグロのたたき。
ご飯は酢飯にしました。

DSC_0015
みんな大好きなささみのとり天。
作り方は茶色本に!

DSC_0016
スナップエンドウなのよ、それ。
はまぐりも先週の賢いわたしが生協で注文してくれていたから、冷凍庫から。




DSC_0012
なーさんが手伝ってくれたクラッカー。

DSC_0013
手作りする時間がなかったから買ってきたよ!
小ぶりサイズで美味しかった!


DSC_0008
ワイングラスは飾りですwww




今までになかった、新しい作りおきの本です



↑Amazon
↓楽天

てんきち母ちゃんの あるものだけで 10分作りおき [ 井上 かなえ ]
てんきち母ちゃんの あるものだけで 10分作りおき [ 井上 かなえ ]


 続きはメイさん↓