冷凍してあった牛薄切り肉で、肉野菜炒めです。
寒くて買い物行きたくないから、家にあるものと生協で届いたものでしのいでおります。


肉と野菜を一緒にガーっと炒めてしまうと、うちみたいにバラバラな時間に食べる場合、遅く帰ってきた人が食べるころにはもう、野菜から汁が出てちょっと残念なことになってしまうので、肉と野菜は別々に炒めておいて食べるときに一緒に盛るっていう方法が好きです。
こうすると野菜から出た水分で肉の味がぼやけた感じになったりもしません。
野菜の味が肉に移らないから肉を食べてます!って感じに食べられるのもいいところ。

牛肉で作っていますが、もちろん豚肉でも作れます。
野菜も、昨日は玉ねぎと人参を使用しましたが、そのほかにキャベツやらもやし、豆苗やらキノコ系などなど冷蔵庫の中にあるものでいいです。

ちなみに末娘すぅは
「玉ねぎのかわりにジャガイモで作ったんやったら好きやったのに!」
いうて食べていましたww

作り方も何もって感じなのですが、一応作り方をメモ。

DSC_0008


牛肉と千切り野菜のおろしポン酢

材料(4人分)
・牛薄切り肉 400g
・玉ねぎ 中2個
・人参 1本
・ごま油 適量
・塩、ブラックペパー 各少々
・大根 10センチ
・青ネギ(小口切り) 少し
・ポン酢 大さじ2~

作り方
1)玉ねぎは薄切りに、にんじんはやや太めの細切りにする。牛肉は食べやすく3センチくらいの長さに切る。大根はすりおろす。
2)フライパンにごま油をひいて強火にかけ、1の牛肉を広げてさっと炒める。色が変わったら塩、ブラックペパーを振って皿に取りだす。
3)空いたフライパンにごま油を足し、1の玉ねぎと人参を炒める。
4)3の野菜の上に牛肉を乗せ、大根おろしと青ネギをのせてポン酢をかけていただく。


※肉を炒めた後のフライパンでそのまま野菜を炒めますが、野菜のほうには味付けしません。塩をしてしまうと水分が出てくるのでご注意!

※玉ねぎ、にんじんのほかに、ピーマン、キャベツ、キノコ類、もやし、豆苗、ジャガイモなどでもOKです。
※肉はさっと炒めるだけでOK。火が通ったら、長時間フライパンの上に置きっぱなしにしないでね。余熱で火が通りすぎてカスカスのお肉になってしまいます。

※大根おろしとポン酢は必須です。

※牛肉はアメリカンビーフの肩ロース薄切り肉を使用しました。




生協で注文していた北海道産カボチャが届いてたんですが、若干小さめです。
煮物にして副菜にしようと思ってたんだけど、ちょっとボリュームを持たせたくて紫玉ねぎと合わせてサラダにしました。
紫玉ねぎを1個まるまる使ったら、むしろ玉ねぎメインのサラダになってしまって一瞬やっちまったかと焦ったんですが、これが!


めっちゃ美味しい!


そういえば結婚した当初うちのオットはカボチャなんて食べなかったんですが(甘いしご飯のおかずにならないし、もそもそして口中の水分なくなるし)、今では全然食べます。
世の中には、ご飯のおかずにならないおかずもあるんやなってことを学んだんだね~

良かったね~、妻のおかげで色々食べられるようになって(上から目線で)。



DSC_0014

カボチャと紫玉ねぎのツナサラダ

材料(4人分)
・カボチャ 1/4個
・紫玉ねぎ 1玉
・オリーブオイル 大さじ3くらい
・塩 小さじ1/2~
・はちみつ 大さじ1
・ブラックペパー 少々
・ツナ缶 小1缶
・米酢 大さじ2

作り方
1)カボチャは5ミリ厚さに切り、食べやすく切る。紫玉ねぎは繊維に逆らうように薄切りにする。
2)フライパンにオリーブオイルをひいてカボチャを並べ、火が通るまで蓋をしながら蒸し炒めにする。カボチャに火が通ったら紫玉ねぎを広げて入れ、塩、米酢を入れてひと煮たちさせて火を止める。
3)粗熱が取れたら、はちみつとツナ缶、ブラックペパーを加えてざっくり混ぜる。

※アツアツではなく、冷まして食べるサラダです。

 
という以上2品が出てくる、昨日の晩ごはん
DSC_0005
昨日の1月11日木曜日の晩ごはん
*牛肉と千切り野菜のおろしポン酢
*カボチャと紫玉ねぎのツナサラダ
*さつまいものココナッツオイルグリル
*キャベツのお味噌汁


晩御飯を食べ終わった後で、キャベツのお味噌汁はキムチトン汁に作り変えました。
(寒いから、具沢山の汁ものが食べたい!と長女にリクエストされた)






↑Amazon

↓楽天
てんきち母ちゃんの 夜10分、あるものだけで おつまみごはん [ 井上かなえ ]
てんきち母ちゃんの 夜10分、あるものだけで おつまみごはん [ 井上かなえ ] 


この本について詳しく書いています→☆☆☆ 


続きはメイさん↓