昨日のお昼ご飯です。


濃い目の味付けでご飯にあうあう!
ポイントは甘い系の調味料を使わなかったことかな。
玉ねぎが甘いので、あえて入れずに作ったら、めっちゃちょうどよかった!


IMG_5973

豚肉と玉ねぎの山椒煮


材料(4人分)
・豚バラ薄切り肉 300g
・玉ねぎ 1個
・生姜 1かけ
・実山椒(茹でて冷凍しておいたもの) 1/4カップくらい
A
・酒、醤油 各1/4カップずつ

作り方
1)豚肉は食べやすい長さに、玉ねぎは薄切りに、しょうがは千切りにする。
2)鍋に全部入れて中火にかける。たまにかき混ぜながら加熱し、汁気がなくなったら火を止める。


※実山椒の季節にゆでて冷凍しておいたものを使用しています。
※実山椒の佃煮などで代用してもよいかと思いますが、その場合は調味料を控えめに。

IMG_5968

今朝はなーさんのお弁当にも入れました♪





実家の母から子ども時代のアルバムに貼られている写真がネットを通じて送られてきている、と先日書きましたが、現在赤ん坊時代から時は流れて小学生時代のアルバムに移っております。
暗黒の小学生時代。
思い出したくもない過去、的な、、、(そこまでは)


一昨日も試験で早く帰っていた長女なーさん(高2)がリビングで絶賛勉強中だったのですが、タイミングよく(悪く?)また実家の母からこのデータが送られてきまして、
そういうわけで、

今どき娘代表、自撮りなら任せて!自分を可愛く見せる方法ならわたしに聞いて!おしゃれJKのなーさんも一緒にこの母さんの暗黒の小学生時代の写真を見る格好となりました。




最初に言っておくね、ほんとごめんw




561957




 「え゛」


まさかの母の少女時代の写真に、少し無言になった後、静かに口を開く長女。



「随分とご陽気なお子さんだったようで。」



何も言えなくて、秋。


だってさぁ(だってとか言わない)
この時代って自分を可愛く見せる撮られ方とか可愛い角度とか足が細く見える立ち位置とかアングルとかそんなん一切考えたこともなかったわ!


しばらくその時代の写真を見て、母さんのおバカ具合に呆れつつ、



「ところで、なぜ母さんもサチャンも二人ともサランラップの人みたいな髪型なの」

と聞かれたんですが、


(サランラップじゃなくてクレラップの人→こんな?



いわゆる、マッシュルームカット?
あ、ヘルメットカット?

今風に言うと、雨上がりの蛍原さんカットかな(もうええわ)。




母さんの幼馴染みの女の子の家が散髪屋さん(理髪店)で、母さんは赤ちゃんの頃はおばあちゃんにオンすぎるだろ眉毛にカットされていたんですが(前髪は頭頂部から2センチ、もはや事故レベル)、4歳くらいからは理髪店デビュー。
昔はみんな散髪屋さんで髪の毛切ってなかった?もしくはお母さんカット。
美容院なんて中学生になるまで連れて行ってもらえなかったなぁ、、、
近所の子はみんな同じ髪型だったことに気づいたよね、今になって(ピアノの発表会の集合写真で7割がこの髪型だった)。


理髪店だからもちろん、カットした後には必ずもみあげ剃り、うなじ剃り、顔剃り、眉毛剃り、ひげ剃りもされていたよね~懐かしい。
じょ~りじょ~りじょ~り
ホットタオルがめっちゃ気持ちいいんだよねw



からの、昨日の晩ごはん。

DSC_0029

*塩サバのグリル
*牛肉とジャガイモの甘辛バター
*ブロッコリーの塩ナムル
*筍と山椒のしらす煮
*豆腐とわかめのお味噌汁


オットが晩ごはん要らないかもしれないと言っていたので、サバで、、、
DSC_0034

要らないかも?要るかも?と言っていたんですが、要らないほうに賭けて作ったww
そしたらやっぱり要らなかった!
よっしゃ!



DSC_0032

牛肉のほうが多いんじゃ・・・?レベルのジャガイモの煮物。
仕上げにバターで若者ウケを狙いました。


DSC_0035

茹でたブロッコリーに美味しい塩とごま油だけ振りかけて冷ましたもの。
すぅが珍しく残さず完食。

DSC_0033
筍の水煮としらす、それからここにも登場実山椒を。
お酒、水、塩で煮ました。
めちゃうま!!!!!!!!







→この本についてのわたしの思いを書いています。 





続きはメイさん