昨日の夜、お茶を買いに近所のスーパーへ行って何気なくスパイスコーナー見たら・・・




クミン売り切れ!!!!
パウダーもホールも両方!!!!!

テレビって凄い、、、、(((( ;゚д゚)))

20170925 004

9月24日、日曜日の晩ごはん
日曜日もみんなバラバラの時間に食べた模様・・・

*豚ロース肉の味噌ヨーグルト漬け
*レタス&ブロッコリーの森
*かぼちゃの小豆バター煮(茶色本より)
*味噌汁
*おでんごはん


20170925 007
味噌とヨーグルトを混ぜ合わせたものに豚肉を漬け込み、これをフライパンで焼くだけ。
豚肉はとんかつ用くらいの厚さに切ったロース肉を使用しています。
お肉は柔らかくなり、さらに豚肉の脂身の甘味が増します。


20170925 005
おでんの最後は煮汁と残った具材を刻んで炊き込みご飯、これが定番!
これが楽しみでおでんのスープをわざと多めに作ったり、最後らへんは汁を取りすぎないように注意したりして食べていますww

おでんの汁、おでんの具、それプラスお塩が小さじ1くらい。
これで炊き込むだけです。
めちゃくちゃ美味しい!


20170925 010

そしてかぼちゃ。
オットがこの日また大量のアイスを買って帰ってたんですが(娘に言われて。けど自分も食べようと思ってる)、晩ごはんの後に自分でアイスコーヒーを淹れながら

「アイス食べようと思ってたけど、かぼちゃを食べたらなんか甘いもの食べた気分になって、アイスは要らんかもな、、、」
と言っていましたが、まさにそのとおり。
これはほぼデザートですんで、、、









さて、お待たせいたしました。
一昨日に書いたゼッケン事件(→☆)の続きです。

(これまでの話を1行で説明:体育大会予行演習の朝に、高2の娘に頼まれて、大慌てで立ったまま母さんが縫いつけたゼッケンの数字は6番。しかし母さんが縫いつけたのは9番。つまりゼッケンさかさま。詳しくは一昨日の記事をご覧ください→☆




きっと怒っているであろうとドキドキしながら長女の帰りを待つ母。

ようやく帰ってきた長女なーさん(高2)は
「さいてー!」
とか
「もーさいあく!」
など、口では文句を言いつつも、ほんまに怒ってたらそんな口もきいてくれないことを母は知っているので、ちょっと安心したww



さて、長女の話によるとこうだった。



体育大会の予行練習のため、朝一で運動場へ行くとたちまち仲の良い友人が何かに気づき、血相を変えて駆け寄ってくるなり、自分を指差し、




「え、ちょ、、、、、ゼッケン!


それ、9になってるでwwww」


え?9?
9って何のこと・・・・?



おもむろに自分の体操服の胸元を見るなーさん。



「!!!!!!!!!!!!」





オワタ\(^o^)/
↑そんなふざけた気分には全くならなかったと。


その時点ではそれをネタにして笑う気分には一ミリたりともなれず、今頃家でのほほんと朝ドラでも観ているであろう母さんを本気で呪ったと。


かといって今日一日9組の人間として生きていくことなど、なーさんにはできなかった。

出会う人たちすべてに、いちいち


「聞いてください!みなさん!
聞いて!
わたしの話を聞いて!!!!!!

これは間違いです!間違いなんです!
わたしは皆さまご存知の通り6組なんですが、うちのおっちょこちょいの母が今朝サザエって、ゼッケンをさかさまに縫い付けたため、今日一日は不本意ながら9と見えて実は6というゼッケンを付けて過ごしております!
以後お見知りおきを!!!!!!!!
わたしは6!!!!!!!!6です!!!!!!!!6!!!!!!!!」
と声を大にして伝えながら歩くことは不可能だった。


どうしよう、、、、




(しかもゼッケンを母に縫い付けてもらったということを、高2にもなってゼッケンを自分で縫い付けなかった罰じゃと絶対に、絶対絶対絶対ぜーーーーーーーーーったいに怒られるに決まっているのだ)



(しかも2:運動会は学校ではない場所でやるため、教室へ裁縫セットや安全ピンなど便利グッズを取りに行くことは不可能)




まさに絶体絶命!
どうするなーさん!!!!!!!!
(その頃母さんは、娘のピンチをメッセージで知り、大慌てでツイッターで呟く←全然反省していないやないか)




しかし地獄に仏、渡りに船。
どんな窮地に立たされようとも救いの手を刺しべてくれる友という有難い存在。


何と別の友だちが、淑女の必須アイテム「裁縫セット」を持っていたのだ!!!!!!!
なんということでしょう。
これぞ女子高生の鏡!
(今度から毎朝持ち物を確認するときには、ハンカチ、ティッシュ、携帯、裁縫セットとしようではないか!!!)


と言うわけで母さんがせっせと縫い付けた、しっかりと周囲をまつり縫いしたゼッケンはあっという間に糸切りハサミによって解かれ、集合時間の迫る中を乙女たちの協力の元、四隅をなんとか縫い付けることに成功!!


おめでとう!!!!!!!!!

四隅を縫い付け終わったところでようやく、







これを笑い話にすることが出来たなーさんだったのでした。



 
続きはメイさん↓↓↓↓↓