先日某居酒屋さんにて、季節のおすすめメニュー!と書いてあったピュアホワイト(白いトウモロコシです)のかき揚げを注文したんですが、


それがどうぞネタにしてくださいと言わんばかりの、むしろ突っ込まれるのをわくわくしながら待ってるのかと思うほどの(ドM居酒屋)メニューの写真と実物の差よ。

お皿の大きさにもそもそも全く合ってないので、



いやいや、ちゃうねん。
フレンチとかオシャレ系素敵レストランにて、めっちゃ大きいお皿に端っこの方にちょこっとだけ盛り付けてあるとかそっち系ではなく、
大きな白いお皿にめっちゃ小さな、直径3、4センチくらいのかき揚げが3つ、ちんまりとぽん、ぽん、ぽんって並んでいる感じ。
運んでる途中に皿の上を自由にあっちこっち移動しそうな感じ。

その貧相な外見がますます強調されてしまう結果となっていたので、
運ばれてきた瞬間に
「えー!これ・・・・」
言うてしまったほどに(すぐそういう失礼なことを、思ったことが口から出てしまう、言うてしまう、それがオバちゃんというもの)


食べたらめっちゃ美味しかったので、たぶんお皿とかき揚げの大きさの問題なだけで、お皿が合ってなかったっていうだけなのかもしれないですが、
(そしてメニューの写真はめっちゃ寄りで写してもらったんかもしれん)



ちょうど北海道のとうもろこしが10本も届いたところだったので(黄色と白と5本ずつ)、炊き込みご飯にした翌日にかき揚げにしました。
娘たちにもあのかき揚げを食べさせてあげようと♪




20170909 013


かき揚げの準備をしていたらちょうど長女なーさん(高2)が部活から帰ってきて、
「えー!なにするん!せっかくのとうもろこしを!!!!!
今日の弁当の炊き込みご飯がめっちゃ美味しかったから、残り全部炊き込みご飯にしてもらおうと思ってたのに!!!!!!!」
と文句ブーブー。

でもきっと食べたら美味しいって言うと思うよ、炊き込みご飯よりも好きかもしれないよ、って言いながら揚げはじめたんですが



もう母さん、2度とトウモロコシのかき揚げはしません!!!!!!
って、前にとうもろこしのかき揚げを作った時にも言ったか?
毎回とうもろこしを揚げるたびに言うてますか?
どんだけ忘れっぽいねん・・・・
そうだ、、、トウモロコシのかき揚げってこんなに危険な料理やったんや、、、、、と、揚げながらめちゃめちゃ後悔。
ボンボン撥ねます。
たまにボーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!
と、危険な玉が大体2メートルくらい何の前触れもなく頬をかすめて飛んでいきます。

コンロ周りは油を撒き散らしたんかな?くらいの惨状に。
隣で作っていたキャベツのスープの鍋、蓋の上が油をかぶったんかというくらいに油まみれ。



「母さんはもう2度とトウモロコシのかき揚げを作りません。
何があっても絶対にこのことを忘れません。」
とたぶん15回くらい言いながら揚げ終わり、揚げたてをなーさんに食べさせたら




「いや、忘れて!また頑張って作って!」
と、めちゃくちゃ美味しい!いうて食べてましたww



いやもうええわ、、、、
掃除がどんだけ大変やったか、、、、

そんな土曜日の晩ごはん。

20170909 009
一昨日の9月16日土曜日の晩ごはん
*牛肉とセロリのレモン塩炒め
*恐ろしいフレッシュコーンのかきあげ
*キャベツとシャウのミルクポトフ


20170909 011
セロリ3本とちょっぴりの牛肉を炒めて、レモン風味に仕上げました。
塩はちょっと多めにしっかりめに効かせるのが美味しい。
セロリのシャキッとした食感と下味に絡めた牛肉のうまみがめっちゃよく合います。
レモンでさっぱり、だけどご飯のおかずにもビールにも合います。

セロリ好きなら是非お試しを。


材料(4人分)
・セロリ 2,3本
・牛薄切り肉(切り落としでもなんでも) 300g
A
・酒、醤油、ごま油、片栗粉 各大さじ1ずつ

・ごま油 大さじ1
・塩 小さじ1/2
・レモン汁 大さじ1
・ブラックペパー 少々

作り方
1)セロリは斜めに適当に切る(葉っぱも柔らかい部分はざく切りにして使用)。牛肉は2センチ幅に切り、Aを揉みこんで10分ほどおく。
2)フライパンにごま油をひいて熱し、1の牛肉を広げて入れる。さっと炒めて7割くらい火が通ってきたらセロリを加えてさらに炒める。全体に油が回ったら、塩、レモン汁、ブラックペパーをくわえて味を調え、火を止める。








→この本についてのわたしの思いを書いています。 


 続きはメイさん↓