まずはこちら、日曜日の晩ごはんです。

20170709 023
一昨日の7月9日、日曜日の晩ごはん。
夕方ものすごい大雨で、外が真っ暗になっています。
18時半スタートの、わたしと向かいの席オットの晩ごはんです。

*濃厚トマトソースのハンバーグ
*ブロッコリーにマヨネーズ掛けただけ
*大豆とひき肉のひじき煮(茶色本より)
*もやしのお味噌汁




20170709 028
玉ねぎをバターでじっくり炒め、、、、たかったんだけど、若干面倒だったので簡単にレンジでチンして冷ましたものを使用してます。
ジューシーで肉肉してて、美味しいハンバーグでした!
トマトソースでさっぱり。

 


こちらは昨日の晩ごはん。
20170710 002
昨日の7月10日月曜日の晩ごはん
*豚バラとプチトマトのゴーヤチャンプルー
*切り干し大根の炊いたん(茶色本より)
*かぼちゃの練りごま煮
*鱧のお吸い物





この全体写真を撮った後に、何故かシャッターが下りなくなってしまったカメラ(;´Д`)
どうやらカメラの電池切れ?????
仕方がないので個別写真はスマホで撮りました。

ゴーヤばかり食べててすみません、、、
IMG_2828

なんてことはないゴーヤチャンプルーなんですが、ってかどんだけゴーヤチャンプルーばっかり食べてるんだ、、、って感じなんですが、なんせ暑くて。
暑いとつい食べたくなるゴーヤ、、、、

昨日のこれも間違いなく美味しいゴーヤチャンプルーなので、参考までに。

材料(4人分)
・豚バラ焼き肉用のお肉 400g
・ゴーヤ 1本
・木綿豆腐 1丁(400g)
・卵 3個
・塩 少々
・あらびきブラックペパー 少々
・醤油 大さじ2
・プチトマト 12個
・かつおぶし 小1パック

作り方
1)ゴーヤは縦に半分に切り、中の種を指でつまんで取る(わたは取らなくてよい)。これを薄切りにする。豆腐は軽く水気を切り、食べやすく切る。
2)フライパンを熱し、豚肉を広げて入れる。脂が出て端っこがカリッとなるまで触らずに焼き、片面が焼けたら裏返して出てきた脂をキッチンペーパーで拭き取る(3枚くらい使って丁寧に)。端っこに寄せ、空いたところにゴーヤを入れて炒める。ゴーヤに油が回ったら肉と混ぜ、豆腐を加える。
3)全体が温まるまで炒め、塩、ブラックペパーを振って醤油を回しかける。火を強め、溶き卵を流しいれて大きくかき混ぜる。プチトマトをくわえて火を止め、かつお節をくわえて全体を混ぜる。


※肉の火の入れ方ですが、端っこや片面がカリカリになるくらいで、全体をカリカリになるまでは炒めてません。適度に肉感も残すように炒めたほうが美味しいと思います。かさかさになるまでは炒めない。
※豚肉の脂があるので油はひかずに調理しましたが、必要な方はひいてください。



それから切り干し大根の炊いたん。
IMG_2829
じゅわっと美味しい。染みる。
これは茶色本に載ってます。99ページ。




いつもありがとうございます。



IMG_2830
そしてかぼちゃ。



それから
IMG_2835
鱧。
(これだけ23時に帰ってきた長男に作ったお椀を撮ってます)



今期のドラマの中でめっちゃ楽しみに見ていたひとつ、
「みおつくし料理帖」。
鱧が出てきたのは先週?その前だったか?

のえちゃんとの絡みに、母さん泣きながら観ました(T_T)


IMG_2825

葛を用意するのを忘れたので、片栗粉で・・・



IMG_2826

これを椀に入れてお出汁を注いで。
梅と柚子・・・・のかわりにすだちを添えて。


なんちゃってだけど、これはこれで美味しかった!
一緒にドラマを観ていた娘たちはもちろん、別時間に食べたオットも、それからバイトから帰ってから食べた兄さんも、めちゃくちゃ喜んでくれました。

 
「これは美味しい・・・」
としみじみ喜んで食べてくれたオットですが、そういえば前日の日曜日に、何の番組やったか・・・キンキキッズの堂本剛さんが梅干しとご飯を食べているのを観て、



「俺、人生最期に食べたいもの 、分かったで!見つかった!」
って嬉しそうに言ってまして、それを聞いた妻は

「えー・・・わたしは結局トマトかなー」
(素材や)

長女は
「絶対かき氷やろ」


みたいな、そんなそっけない返事をしてたんですが、その時オットは


「俺はな、お吸い物。お吸い物を食べたいわ~最期に食べるとしたら。」
と。



それを聞いたからって、早速次の日に嬉しげにいそいそと鱧をお吸い物にしたわけではないで!
どや!料亭のお吸い物も美味しいかしらんけど、わたしのお吸い物もいけるんやで!って意味ではないで!!!!!
たまたまやで!
たまったま、偶然、鱧売ってたからやで!!!!!!!



優しい妻やなとか思わんといてな!!!!!!!
頼むで。




続きはメイさん
↓↓↓↓↓