20170211 016


昨日の2月11日土曜日の晩ごはん
*ロールキャベツ(試作)
*サツマイモと塩バター炒め(試作)
*塩おでん残り
*鯛のカルパッチョ(試作)


試作に追われております。
自分の好み=万人が思う美味しい
じゃないからね、お仕事レシピは。
自分の好みよりも、どちらかといえばオットや末娘の意見を聞いた方がしっくりくる。

誰もが同じように作れて、そして安定して美味しい=これお仕事レシピのお約束。



昨日、妹サチャンと話題になったのだが、姉妹間での口癖というか合言葉じゃないけど、何か言葉を発する時につい言ってしまう言葉?
話しかけようとするときの枕詞的な位置づけにあるのだが、我々姉妹の間ではそれは



『なんなわけ』


という言葉だ。


『なんなわけ!』と別に怒っている風に使っているわけではなく、どちらかと言えば『なんなわけぇ~?』のような、緩く疑問形になっているのが特徴だったはずなのだが、いつのころからかこれが変化し、普通に平坦な低い口調で断定的に『なんなわけ』と呟く。
理不尽な出来事に対して『・・・・ったく!なんなんだよ!』的に使うのではなく、そう、たとえば・・・


昔、まだ携帯などが普及していなかった頃、妹や母とは暇な時間に毎日通話無料のフリー電話で話していたが、コールを鳴らして向こうが受話器をあげ、ヨソイキの声で

『もしもし』


と言ったらすかさず低い声で




『なんなわけ』


と言う。
それを聴いて、妹は電話の相手が姉だと気づき、先ほどのヨソイキの声を封印し



『なんなわけ』


と低い声で返す。
そういう使い方。

「元気?」みたいな。
いや、「なにしてるの?」みたいな。
「暇なら喋りましょ」みたいな。


『なんなわけ』といって『なんなわけ』と返ってくれば、それはいま、相手も電話をしても良い暇さ加減だということを表している。
なんならコーヒーを淹れて椅子を引き寄せて座り、『なんなわけ』を合図にちょっとブレイクタイムしましょ、的な。


他にも例えば、1年ぶりに実家に帰った時にそれに合わせて妹も実家に帰り、荷物を置きながら1年ぶりに姉妹同士が顔を合わせて最初にお互い、真顔で言う言葉、それが



『なんなわけ』

『・・・・なんなわけ』



だったり。


しかしよく考えてみれば何故、『なんなわけ』というのか、どちらが『なんなわけ』と言い始めたのか、『なんなわけ』とはなんなのか、今となってはさっぱりわからないし、そもそも『なんなわけ』という日本語が存在するのかも分からなくなってきたが、昨日サチャンからの報告によるとなんと




遠く離れて住む兄(わたしの2つ年上で、こだわり派の独身貴族。兄について語れば1冊の本が書けそうなくらい、特殊な人物w)も『なんなわけ』と言っていたと!!!!!!!!



なんなわけこの3兄妹。






「よるおつ」宜しく
↓↓↓↓↓


↑Amazon

↓楽天
てんきち母ちゃんの 夜10分、あるものだけで おつまみごはん [ 井上かなえ ]
てんきち母ちゃんの 夜10分、あるものだけで おつまみごはん [ 井上かなえ ] 


この本について詳しく書いています→☆☆☆ 

 


続きはメイさん↓↓↓↓↓