先日の奥田さんの記事を見てそういえば!って思いだしたことがあったので、今朝はそれについて。


食料品のレジ並びの件ですが、わたしは意外とのんびりしようと思っているので、並んでる人が一番少なめのところを見つけたりするのも大体でいいやって感じで、

・・・・・いやたぶん、めっちゃ厳選して、どっちが早いか!こっちか!こっちが二人態勢か!とか、いやこっちは二人態勢と見せかけて実は研修中や!後ろの人はお金係じゃなくって見守ってるだけや!とか(騙された感いっぱい)、ここは短い列かと思いきやカートに上下に山盛りで買ってる人が2人含まれてる、とか、そんなんで並んだ列がはずれだったときが悔しいからこんなことを言ってるんだと思う・・・(;´Д`)



こないだは、わりと急いでる時だったのですが、あまりに他列と見比べてどっちが早いか!って思うがあまりに悔しい思いをするのが例の如く嫌で(どんだけ負けず嫌いなのかね)、わざとあまり考えずに並びました。

3分くらい並んでみて気づいたんですが、明らかにこの列めっちゃ流れが遅いよね・・・気のせいかと思ったけど、絶対そう。

よく見れば胸元に研修中のバッチが付いてる~~~~
いやっ、いいんです。
わたしはそんなに急いでないし(ほんまは急いでたけど)、急いで帰らな死ぬわけでもないし、他に急いでる人が早いレジに並んだらよいし、研修中の方が1日でも早く上達する、そのお手伝いが出来れば幸いです・・・・(嘘。そこまでは考えていません) 
まあ、いいやって並び替えずにずっとその列に並んでいたんですが、やっとのことでわたしの番になり、レジのバーコードを読み込ませていくレジ係の方(推定研修3日目)。 
と、そこでなんと問題発生!

なんということでしょう、パセリの値段とバーコードのシールが袋に付いていなかった!!!!!!! 


何度もひっくり返して調べても、シールは剥がれ落ちたのか、もともと貼られていなかったのか見当たらず。
さらに手打ちしようとレジのキーのところを必死に
「パセリ、パセリ、パセリ、パセリ・・・・」
と呪文のように唱えながら3回くらい往復して探すんですが、無いわけ。パセリの欄が。

「ない・・・・どうしよう・・・」
焦りますわな。

そりゃそう。
後ろには大行列ですからね。
みんな無言だけれども、視線がもう痛いくらいにレジへ向けて突き刺さる。

(まだぁ?)
(ちょっと、遅くない?)
(なにやってんの?なに?レシートの紙交換?)


「これ・・・・・あの・・・・要ります?」
(すでに研修さんはこの時パニ子になっておられたのだろう)

普通の時ならば、
「ああ、じゃあいいや!それ買わないから!」
って言ってあげられるんですけど、その日は午後から自宅撮影で、しかもまだ料理の準備なんもしてなくて、そもそも食材もなんも買ってなくて(前日が出張だったため)、それ使いたいんですわ、しかも飾りとかではなく食材の1つとして重要な役割を・・・・いやすみません。
要らないって今言ってとりあえずこれだけ買って、それからまた売り場に戻ってパセリを買いに行けばいいか・・・いやでもそれでは時間が掛かりすぎる・・・
「はい・・・欲しいです・・・・・すみません・・・・(消え入りそうな声)」


で、研修中のレジさんは後ろのベテランレジさんに
「これ、値段ないんですけど!」
と聞きに行き、そしたらベテランさんは
「売り場に見に行って!」
と自らのレジの手を止めることなくパニ子研修さんに指示。

「はい!」
と、パニ子さんはすぐに走ってパセリ売り場まで行っちゃった、、、、、



しーん。
わたしの後ろに並んでた不幸な方々の顔を見る事が出来ず、終始うつむく_| ̄|○ il||li
早く戻ってきて!それか無人のレジに気づいた人が誰かここフォロー入って!と心で念じながら。



が、問題はそのあとに起きた。
新たなパセリを一袋掴んで戻ってこられたんですが、それにはちゃんと値段とバーコードのシールが張られていたんですが、

野菜とかお肉とか、売り場でめっちゃ選んで籠に入れると思うんですが、どうですかね、、、、選びますよね?
豚肉とかだったら脂身がきれいに自分的に好きな感じで入っているものを選ぶし、キャベツなら重たいものを選ぶし、レタスならふわっとして軽いものを。みたいな。

その日もパセリ、めっちゃ選んで選んで選びまくって 、っていうのも袋の中でちょっと冷気にあたりすぎたみたいになった部分があるのが気になって(冷凍して解凍されたみたいな)、それがないのを探してたんです。

でも、新たに持ってこられたその値段とバーコード付きのパセリの方をピッと通して、そっちをわたしはお買い上げしたことになってしまった(´Д⊂グスン



嗚呼、せっかくめっちゃ選んだのにぃ・・・・


と思いつつも、小心者で言えなかったので、すごすごと帰りました。
いやいい、、、、パセリは買えたんだからそれでいい・・・・泣いてない・・・泣いてなんかいないやい!


今日の教訓:パセリくらい自家栽培しときなさい。


※9/27追記
研修中のレジの方の年代は書いていなかったんですが、二十歳そこそこの娘さんだと、大変お若い方だと思われた方がいらっしゃったようで、よーく考えてみれば、お相手が若い方であればわたしも「パセリはそっちがいいな」ということが出来たんじゃないかなって思いました。
年代を書くとそれも批判になってしまうのかなと思ってあえて書かなかったんですが、若い方ではなかったってことだけ、まあ言い訳になってしまうんですが・・・
たぶん自分より若い方であれば、わたしも人生の先輩らしく教えてあげることもできたんじゃないかなって、そんな風に思いました。

若い子が働いているのを見ると、いつも息子や娘と重ねてしまって、いくつなの?頑張ってねといらんことを話しかけてしまうオバちゃんなので。

不愉快な思いをさせてしまったことをお詫び申し上げます。
すみませんでした。


IMG_6061

こちら、先週の金曜日の置きばんごはん。

*鶏もも肉のマリネ焼き(トースター焼き)バリエから、味噌漬け(よるおつのP35)
*バターコーングリル
*かぼちゃのみたらしバター
*焼きキャベツのおかか和え
*お手軽ローストビーフ(魚焼きグリルバージョン)
*レンコンの炒めマリネ(よるおつのP61)

ちょうどれしぴぃ置き場のほうに、このトースター焼きのご質問を戴いておりました!
焼き色が付きにくいとのことなんですが、トースターの機種によっては焼き色が付きにくいレシピもあります!
(以前使ってたトースターは焼き色が付きにくいトースターだったので、わかります!すごく)
この味噌漬けはわりと色が付きやすいレシピ。
お醤油やお味噌、はちみつやマヨを使っているレシピはわりと色が付きやすいんですが、色が付きにくいものもあります。
それから皮が焼き色が付きやすいので、皮を上にして並べるのも大事。
ガスの魚焼きグリルで焼くとうちの場合は逆に↑これらを使っているものは、中まで火が通る前に焦げ始めてしまうので、今回はお手軽なトースターを使ったレシピにしてみたんですが、魚焼きグリルで作る場合はホイルに包んで焼くことをお勧めします。
で、焦げ目を付けるために最後少しあけて焼く。

肉汁は多少出てきます!
なので盛り付けた後に肉汁を少しかけてます。

今度工程写真も撮ってみますね!もう少しお待ちください~


新刊「よるおつ」です↓↓↓↓



レビュー書いてくださった方、ありがとうございます!


この本について詳しく書いてます→☆☆☆



こちらもよろしくお願いします。


沢山の方にお手に取っていただき、感謝しております!

本についてのわたしの思いを書いています→☆☆☆


 



 続きはメイさん
↓↓↓↓↓