日本一有名な家族、磯野さんちでは、波平さんやマスオさんが会社から帰ってきたら全員で玄関までお出迎えし、
「おかえりなさい」
を言う。
よく見る光景だ。

奥様のサザエさんや、フネさんは旦那様の鞄を受け取り、その後脱いだ背広を受け取りながらその日にあったことなど(カツオのテストが残念だった件や、デパートに買い物へ行った話など)会話。
うん、これもよく見る光景だ。

新婚さん以外のご家庭で、磯野家のように、旦那さんが帰ってきたら、玄関までちゃんとお出迎えをされてらっしゃるご家庭が現在の日本にどのくらいあるのだろうか。


井上家の場合、飛び出して行って熱烈歓迎!とまでは行かないものの、玄関が開く音がすればサザエさんは(いや・・・フネさんか年齢的に)一応立ち上がり、一応やっていた作業の手を止め、一応ゆっくりと玄関まで行くことにしている。
その動作が鈍いため、すでに波平は玄関にはおらず、自室でひとりで着替えをしていることが多いのだが。
「おかえり」
「ただいま」


でもやっぱりお出迎えされて悪い気がする人は居ないと思うし、実際にそんな小さなことでもちょっとした気遣いによって家庭は円満になるのではないだろうかと思う今日この頃(恥ずかしながら、お出迎えはやってなかったからね?昔は)。



さて。
ご存知のように井上家はもうすでに子どもたちは大学生、高校生、中学生となってしまった今、夏休みと言えども誰も家にはいない。
みーんな学校だの部活だの塾だのバイトだの、出かけている。

昨日もそんなわけで、母さんが白髪染めから帰宅しても、当然家には誰もいなかった。



ひとり・・・いや1匹を除いて。

そう、メイさんがいる。
母さんにはメイさんがいてくれる。
彼女が家で母さんの帰りを待っていてくれるのがどれほど嬉しいか。
今か今かと待ちわびていてくれるのが、どれほど嬉しいことか。


白髪染めを終えていそいそと2時間後に帰宅すると、家の中は静まり返っていた。
いつもならメイさんが玄関先までお出迎えに来てくれるのに、来てくれなくてもソファーの上から、おかえりワン!と歓迎してくれるのに。

おかしいな・・・?

リビングに入ってみると、ソファーの上はもぬけの殻。
お気に入りのベランダへ出る網戸のところにも不在。

え、、、、、
どこ行ったん・・・・・




と思ったら、ダイニングテーブルの下から横たわった状態の下半身のみがドーンとはみ出していたので、



「メイ、寝てるの?
母さん帰ってきたよ?

おーいメイ~」

と声を掛けたところ、





タンタン




と2回だけ尻尾を床に打ち付けながら振ってくれて、





そのまま、また眠りについたのだった。




全然待ちわびてなどいない態度



うん、やっぱり旦那さんは玄関までお出迎えするほうがいいな。
なんなら、子どもたちが帰ってきてもたまには玄関までお出迎えしてする日があってもいい。

と思った出来事でした。



タンタン。
(あーはいはい、おかえりおかえり)


さて、水ナスが好き過ぎる件なのですが、この時期限定なので見かけたら2回に1回は買って帰ってしまう日々。
昨日はちょっとボリュームのあるおかず、メインなのか副菜なのかどっちなのか悩むおかずにしてみました。
お魚がメインの日の副菜とか、芋コロッケがメインの日の副菜にお勧め(どちらもうちのオットが歓迎しないメインおかず)。

ナス好きなーさんが大絶賛していましたので、メモっときます。

20160726 010

水ナスと豚肉のわさび和え

材料(3人分くらい)
・水ナス 1本
・豚薄切り肉 100g
A
・白だし 大さじ1
・わさび 小さじ1
・エキストラバージンオイル 大さじ1

作り方
1)ナスは小さめの乱切りにする。豚肉は3センチ長さに切る。
2)鍋に湯をわかし、1の豚肉の色が変わるまで茹でてざるにあける。冷水で流してしっかりと水気を拭く。
3)2の豚肉と1のナスをボウルに入れ、Aで和える。


昨日の7月26日火曜日の晩ごはん

20160726 015
*大根たっぷりの煮込みキムチラーメン風(なーさんと母さんのみこんにゃく麺ですが、他の人は普通に)
*水ナスと豚肉のわさび和え
*ゴーヤと春雨のツナサラダ
オットと長男にはこれにプラス、ごはん、そしてレンチンチャーシューも付けました。
なんと肉肉しい。


ゴーヤをサラダの味付けのポイントに使うのが好きなんですが、昨日のサラダもそんな使い方で。
ゴーヤの苦味が苦手なひとにもこういう使い方なら食べやすいかなと思います。
すぅはまだゴーヤはあまり好んでは食べませんが、調理法によっては食べるので、これもそのひとつです。


20160726 017

材料(4人分)
・紫玉ねぎ(またはサラダ玉ねぎ) 1個
・ゴーヤ 1/2本
・春雨 40g
・ツナ缶 1個
A
・砂糖 小さじ1
・醤油 大さじ1
・米酢 大さじ1
・ごま油 大さじ1/2
・塩昆布 ひとつまみ

作り方
1)紫玉ねぎは繊維に逆らって薄切りにし、さっと冷水にひたしてざるにあけ、水気をしっかりとる。ゴーヤは薄切りにする。
2)鍋に湯をわかし、春雨とゴーヤを1分くらい茹でてざるに開ける。
3)ボウルに1の紫玉ねぎと2の春雨とゴーヤを入れ、Aで和える。






 昨日の夜、夜中に2.3時間おきにお手洗いのために目が覚めましたわ。
23時にお手洗い行って寝たのに、24時半に一回目、2回目は3時、3回目は4時半でしたわ、、、
おかげで今朝は脚が浮腫まず、めちゃスッキリ。
体重も前日の朝よりも(毎日朝イチで測定)700gも落ちてるっていう奇跡。


もしかして昨日食べたものに利尿作用があるものがあったのかも!?と思って調べたら、なんと桃。
食後に食べたんですが、きっとあれ。
間違いないと思う。
一緒に食べた娘たちにはそんな作用は見られなかったので(若者だしね・・・比較対象にならんわ)
わたしの年齢なのか体質なのか、なにかに桃の利尿作用があったということを覚えておかねば。

さあ、今日もせっせと桃を食べましょ(また体重が落ちるかもと期待)。




今日は3個作りました。明日も3個かなぁ・・・
↓↓↓↓↓


沢山の方にお手に取っていただき、感謝しております!

本についてのわたしの思いを書いています→☆☆☆


 

続きはメイさん↓↓↓↓↓