夏休みに入って、女子高生も女子中生もふたりとも部活で朝から夕方まで居ないのだが、子どもたちのいない家の中があまりにもしーんとしているせいなのか、母さんはすぅが帰ってきた気配がわかってしまう。
外の道路から響く中学生たちの笑い声のなかに、すぅさんの声を聞き分けてしまう(どんだけ)。

昨日も下の道路から賑やかな数人の中学生たちの声がしたので、

「あ、今すぅの声が」

とひとりごとのようにつぶやいたら、それを先に帰っていたなーさんが聞いて


「ええええええ!?
今ので?

どんだけ耳ええねん・・・
ってかすぅ好きやねん・・・」
と呆れていたのだが、次の瞬間、中学生たち数名がドッと笑い声をあげたとたんに




「いま!!!!!聞こえた!」
となーさんもそのすぅの特徴ある笑い声をキャッチ。


なんせ兄妹3人の末っ子は、声がひときわ大きい(;´Д`)


「やろ?聞こえた?すぅやんな?」
と母さんが嬉しげにいそいそとベランダに出ようとしたら、
(いや、「おかえりーー!」って手でも振ろうかと←そしていつもめっちゃ嫌そうな顔をされる)





すぐ目の前、ベランダの排水の溝のところに蝉がひっくり返っていたので、静かに戸は閉めておきました。


(オットに頼んであれを処分してもらわなければ、一生ベランダには出られないだろう)





昨日の7月25日月曜日のなーさん&母さんの晩ごはん

20160725 010

*こんにゃく麺にローストビーフをのっけて冷麺に
*ぴらぴら根菜とゴーヤの炒め煮
*試作の汁物


ローストビーフは魚焼きグリルで焼くっていう一番簡単な方法で。
→お手軽贅沢なローストビーフ~オニオンソース添え~






写真撮るのを忘れてしまったんですが、それ以外の人たちはごはんで。
汁物はシチューを入れるような大きめの器でたっぷり食べていただきました。



こちら、なんてことはない地味な副菜です。
特別美味しい!ってわけでもないんですが(え)、まあ普通に美味しいっていう。
それにしても地味な見た目であれなんですが、こういうの好きなんです。

20160725 003

材料(6人分くらい)
・ごぼう、ニンジン それぞれ100gずつ
・ゴーヤ 1/2本
・油揚げ 2枚
・ごま油 大さじ1
A
・砂糖 小さじ1
・みりん 大さじ2
・醤油 大さじ1
・塩 ひとつまみ
・水 大さじ3

・かつお節 1パック

作り方
1)ごぼうとニンジンはそれぞれピーラーで薄く削ぐ(4センチくらいの長さ)。ゴーヤは半分に切って中の種を手でつまみとる(わたはとらなくてOK)。これを薄切りにする。油揚げは短冊切りにする。
2)フライパンにごぼうとニンジンを入れてごま油をまわしかけ、火にかける。全体に油が回るまで炒めたら、ゴーヤと油揚げを加えてさらに炒める。
3)Aをくわえて7分ほど炒め煮にする。火が通ってしんなりしてきたらかつお節をくわえて火を止める。

 



部活弁もほめ弁で↓↓↓↓↓
 

沢山の方にお手に取っていただき、感謝しております!

本についてのわたしの思いを書いています→☆☆☆


 

続きはメイさん↓↓↓↓↓