一昨日は母さんは幼稚園役員時代からのママ友たちと飲み会、昨日はオットと大阪へライブを楽しみに。
そんなわけで、家にいた娘たちだけに晩ごはんは用意して出かけておりました。


食べる前になーさんに写真撮って送ってねと言ってあったので、送られてきております。
LINEに。


IMG_3200

これが一昨日の土曜日。
なんと肉肉しいメニューww




そして昨日の日曜日は・・・
IMG_3199
こんな感じでした。
ステーキにハンバーグ・・・・成長期バンザイ。




さて今日は末っ子すぅさんのお話。
兵庫県では公立の中学校の2年生で、一番大きな行事と言えば「トライ・やるウィーク」と呼ばれるものがありまして、今はわりと全国的に広がりつつある行事なのでご存知の方も多いかもしれないが、1週間、学校には行かずに地域のお店や幼稚園や公共施設などに職業体験をさせてもらいに行くというもの。

例えばコンビニに1週間行く子どももあれば、スーパーマーケット、ホテルのフロント、美容院、病院、小学校や幼稚園、消防署や警察署、老人福祉施設、ケーキ屋さんに和菓子屋さん、スポーツクラブやらスポーツ用品店、図書館、大学、あとは何があったかなぁ・・・まあとにかくその職業は多岐にわたっている。

現在大学3回生の兄もおよそ6・7年前にこの職業体験をしており、その時の振り返り記事がなかったかなと探してみたらあったよ→なんと2009年の記事だ「職業体験」


末っ子すぅが一番最初に希望していたのは、ホテルのベルガールだったのだが、これは願いはかなわず、結局彼女が行くことになったのは美容院。
未だに自分で髪の毛もくくれないくせに(毎朝母さんの所へ後ろ向きで座ってスタンバイしている「はよして!くくって!」いやいや、自分でくくりーやもう中学生やで?)、そもそも自分の髪の毛を洗うのすらめちゃくちゃへたくそで、っていうか大雑把なので←
いつも母さんに
「耳の横!耳の横ってわかる?そこは耳の上。横や。もみあげ。そこは後ろや。髪の毛が生えてるところ、わかってる?そこにも毛~生えてんで」
と洗い方について口出しをされ、

「じゃあ母さんがやってーや!!!!!!」

となぜかブチギレするという、それくらいに不器用な娘。


いいのか?
大丈夫なのか?美容院で。
そもそも家でお手伝いなんて自分から積極的にやったことは、全く無く、
全 く 無 く

用事は全て、母や兄、姉がやってくれるもの。
やってくれて当然。
だってわたしは妹だから。
出来ないから。
やったことないから。

というスタンス。


兄も姉もとてもよく働くと言うのに、この次女ときたら誰かに「○○やってね」と言われて初めて動く。
しかも動く・・・けれども動かないことも・・・ある、みたいな。
動こう・・・と思ってるけど、すぐには動けないことのほうが多い、みたいな。


もうアンタに頼むより、わたしがやったほうが早いわ、みたいな。
そんなわけで、ますます何もしなくなる次女。

さて。
美容院は月曜日、火曜日がお休みだったらしく、その曜日は地域の公民館にお年寄りとの交流会へ出かけたり、茶道の体験をさせてもらったそうだ。
すぅは老人に大変人気があるタイプなので(病院や道端などでもいつも話しかけられるタイプ 笑)、とても楽しい2日間を過ごしたようだ。

さて問題はメインの美容院だ。
初日、わくわくでいっぱい、元気よく出かけて行ったすぅは、夕方・・・・





話しかけるのもはばかれるほどに暗く、元気を失って帰ってきた。

「どうだった?」
と聞いても
「疲れた」
しか言わず。


ようやく寝る前くらいになって、落ち着いたのか

「全然面白くなかった。
ケーキやさんに行ったRちゃんなんて、ケーキとかいっぱい食べさせてもらったんやって。

美容院なんかハズレやった。
ケーキ屋にすればよかった」

と。

ははーん。
なるほど。

さらにポツリと


「何もしんかってん。


やることないからずっと立っとっただけ。
なんもすることない。
めっちゃしんどかったわ」

と!!!!!!!!!!
うわー目に浮かぶ!!!!!!!
が、今夜その話からお説教をくどくどしたとしても誰も得をしないのは分かっているので、



「そっか。それは大変だったねぇ~
お疲れさんやったね」

とねぎらい、そのまま寝て翌朝。

「あーーーーーーー今日もなんもすることなかったらどうしよう。
行きたくないな・・・」
と準備をしていたので、

「仕事をするうえで、一番すぅが大事にしてることってなに?」
と聞いてみた。
すると、即答で
「あいさつ!」



ふむふむ。
他にあるかい?

「返事!笑顔!」

「うんうん、いいねいいね。
それらもめっちゃ大事なことやね。
母さんからのアドバイスはな、2つあるよ。
1個目、仕事は自分で探すってこと。
何が出来るか、周りをよく観察すること。

自分でやることを探してみ。
なんでもいいねん。
髪の毛が散らばってたら言われる前に掃除する。
タオルが無くなってたら持ってくる。
お客さんの本を取り替えてあげる。
ひざ掛けを持ってきてあげる。

例えばな、お客さんが髪の毛洗ってる間に
『マッサージをの練習をさせてもらってもいいですか』
って言って、手のひらのマッサージをすることだって出来るで。」


と、すぅの手のマッサージを10秒ほどやってやると(これはすぅが入院中に母さんがずーっとやってやっていた。足も手も)すぅの顔が少しだけ明るくなった。



「2個目。
勤務中に友だち同士だけで、お喋りをしないってこと。
これも大事よ。」


「わかった。
やってみる。」

とすぅは頷いて、出かけて行った。

さて。



どうなったでしょうか。



母さんは内心ドキドキで、すぅの帰りを待つ。





夕方、前日同様めっちゃ疲れ切った顔で帰って来たのだが、すぅはちゃんと自分で仕事を見つけて、自分で動いたらしい。

タオルを運んだり、箒で掃いたり、沢山やることがあったと。
髪の毛の染め方も教えてもらったんだと、これはわたしが染めたんだと、小さな毛束まで持って帰ってきていた!



そして最終日、目の下を真っ黒にして疲れ切って帰ってきて、





「やっぱり美容院選んで良かった!めっちゃ楽しかった!」


と、母さんに報告してくれたのでした。
三つ編み、うらあみ、フィッシュボーン(ってなんじゃろな)を習ったそうですよ。
お茶出しやカラーリングの補助もしたそうですよ。
そして朝無造作に母さんがくくってやった一つくくりの頭が、オシャレなくるりんぱに変化していましたww



(せっかくのこの体験を、ぜひ家でも生かしてほしいものだ 笑)



というわけで、先週はすぅもお弁当持ちだったのでした↓↓↓↓


↑Amazon
↓楽天
てんきち母ちゃんの朝10分、あるものだけでほめられ弁当 [ 井上かなえ ]
てんきち母ちゃんの朝10分、あるものだけでほめられ弁当 [ 井上かなえ ]




沢山の方にお手に取っていただき、感謝しております!

本についてのわたしの思いを書いています→☆☆☆


 

 ☆読んだよのしるしに、ぽちっと応援クリック→人気ブログランキングへ