2005年9月27日(火)

本日の晩御飯
ボリュームたっぷりレンコンの甘酢あんかけ
*セロリとエリンギのサラダ
*味噌汁
*かぼちゃの煮物


レンコン

うちのレンコン好きのオットの為に作ったレシピ。
ボリュームタップリでおなかもいっぱいil||li _| ̄|● il||li

い、いかん、食べ過ぎた。


サラダ

必殺あるものでサラダ。
リンゴを忍ばせておいたが、オットが嫌がる確率100%。
オットがそれを指摘する確率89%。



先週末からてんきちの風邪が思わぬ方向へ進んでしまった。
鼻炎から来た鼻づまりが相当頭にきていたてんきち、おもいっきり洟をかんだとたんに耳が痛くなるil||li _| ̄|● il||li


どうやらちゃんと片方ずつ押さえてかまなかったらしい。

後悔しても後の祭り、洟をかむたびに鈍痛がある。
とりあえず週明けまで待って、それから耳鼻科へ行こうじゃないかとてんきちと密談した。

パパには言うな!!!
夜中に痛いと悟られるな!
休みの日にも痛みを悟られないようにしろ!

心配性のパパは子供のことを思うがあまり夜中だろうが休日だろうが、救急外来に行くのは間違いない。

そこまで酷くないようよ・・週明けまで待っても良さそうだと思うけど?


聞く耳持たず。

何が何でも病院へてんきちを担ぎ込む。



耳の痛みはそれほど緊急性はなかったようなので、密かに週明けを待つ。
洟をかむとき以外は痛みはなさそうなので学校へ行かせたのが間違いだった。


てんきち、病院のことをすっかり忘れて友達と遊びほうけ帰って来やしなかった。


そして今日、火曜日。
今日は必ず友達とは遊ばない様に釘を刺して家を送り出す。


3時の定刻どおり帰ってきた兄さんには言っていなかったが、彼にはある重大な発表があった。



てんきちさん。
これから病院へ行って貰うわけだけれども・・・・。


一人で行ってちょうだいね



(゚∇゚ ;)エッ!?
マジで?俺一人で行かなあかんの?

そっか・・・・


案外すんなりと納得してくれる。

てんきちの目の前で病院にも電話し、これから一人で向かう旨を伝える。
大丈夫、優しそうな看護婦さんが出たで~。
病院までの道筋を地図に書いてやり、保険証とお金を渡す。
自分でちゃんと症状を説明するように、具体的に指示を出す。

かなりの人気店じゃなかった、人気の耳鼻科の為、かなりの待ち時間があると思われたので、何か本を持っていくことを勧める。

てんきち「そうか。
んじゃ、マンガでも持っていこうか。



んーっと・・・・・・・
かりあげくん でいいかな。


いや、ちょっとオヤジっぽいかなぁー・・・(-公- )」

母「別にいいやろ。誰もそんなん見てへんわ。」



お金を取られたらアカンから、財布にいれ、さらにカバンにいれ、それを自転車のカゴにはくれぐれも入れないように、と注意し、送り出す。

雨が降りそうだから早く行っといで!

緊張した面持ちでてんきち兄さんは出て行った。





2時間経った。
外はすでに暗くなりかけ、こともあろうに雨が降ってきたようだった。

遅い。


遅すぎるんじゃないか?


てんきちが家を出てきっかり2時間経った所で、病院に電話してみる。


「てんきちくんなら、もうすでに帰られましたよ♪」



( ̄Д ̄;;
そ、そうなのか・・・・
んじゃ、もう家に向かって帰ってる途中ってわけね。

電話を切った後で(何時ごろに帰ったのか)を聞けばよかったと後悔するが、病院まで自転車で6~7分のところなので、もうそろそろ帰ってくるだろう、とすでに暗くなった窓の外を見る。

雨だからどこかで雨宿りをしてるのか?

それとも路面が濡れて自転車がすべり、こけてしまって自転車が壊れたのか?


まさか帰ってる途中でガラの悪い中学生にとっ捕まり、カツアゲでもされてるのか?

そしてお金を取られてしまったショックでわたしに怒られると思い、それで家に入ってこれないのか?


それともそれともそれともそれともそれとも!!!!!!!


帰ってこないてんきちを思い、やはり一緒に付いて行ってやればよかった、こんなに暗くなって一人で帰らすなんてわたしは鬼母だ、悪い方へ悪い方へ想像し、その妄想のせいでもはや座っていられず、檻の中の熊のようにうろうろと歩き続けるわたし。

病院へ電話をしてから30分後、とっぷりと日が暮れ真っ暗になってからようやく玄関のインターホンが鳴る。

ひったくるようにして受話器を掴む。






あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーよかったヽ(´▽`)/

帰ってきたぁーーーーーーーーーヽ(´▽`)/



(そりゃ帰ってくるわ)



なんてことはない、処方箋が出たので薬局によって帰ってきただけだったのだil||li _| ̄|● il||li

ふーーーーーーーーっ・・・心配して損した♪


先生の診断によると、単なる「洟を強くかみすぎ」だったらしい。

通う必要もなかったらしく、明日っからまた友達と放課後遊べるってことだ。




すぅはすっかりトイレも人並みに用をたすことが出来るようになったのだが、やはり一人では始末がまだつけられないので一緒に個室に入る(大きい方の時は出るまで一人にして欲しい、とのことなので一旦外に出て待っている)。
ご存知かと思うが座っておしっこをする女の子の場合、Tシャツの裾がおしっこで濡らさないように捲り上げておしっこをする。すぅは自分で持つ!と主張するので自分で持ってもらう。

先日、お風呂に入る前におしっこに行きたがったので、素っ裸のままで便器に座らせた。


すぅ、何故かおなかをしっかりと引っ張りあげ、用をたしていた。

おなかは持たなくってもいいと思うよ。
どんなにおなかが大きいとはいえ、おしっこで汚れるほどは垂れ下がってないと思うからね。



いつもありがとう&今日もクリック宜しく人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ