2005年12月25日(日)

昨日の25日の、クリスマスっぽい(?)食卓パート2(イブの日記も今朝書いてますので、そちらからどうぞ)
*チーズフォンデュ(あれ?フォンジュ?ドゥユ???分からん)
*家族揃ったら手~巻き巻き寿司
*ベビーリーフと生ハムのサラダ
*お刺身の盛り合わせ


親、大忙しの食卓

チーズフォンジュだかフォンデュだか知らないが、それの具。
+粉ふきいも
+ちょっとお高めだったソーセージ
+ブロッコリーにプチトマトにマカロニ・・・・って、昨日のサラダの残り物じゃん
+そしてフランスパン


手巻き寿司の具。
@買ってきた焼き豚+白髪ネギ
@イカ+辛子明太子+白髪ネギ
@キムチ+チーズ+ちくわ
@スモークサーモン+白髪ネギ
その他、胡瓜だの刺身だの色々巻き巻きした。
海苔のほかにサニーレタスも用意した。



わたしが小学校の高学年の頃だったか、手巻き寿司の一大ブームがやってきた。
手巻き寿司の日はそれはそれは嬉しかったものだ。
兄妹3人が先を争うようにして海苔を手に取り、ご飯をよそうおしゃもじを我先にと奪い合い(あまりにも食べる勢いが激しかったので、そのうち手巻き寿司の日にはご飯をよそう為にそれぞれ人数分のスプーンなどが用意された)、好きな具を乗せてく~るくる。

わたしが好きだったのは、シーチキン巻きだった(と思う)。
その日ばかりは好きなものを好きなだけ食べるが良いヽ(´▽`)/
わたしはシーチキンのみを食べ続けたように記憶している(なんて経済的な子なんでしょう)


手巻きの日には何合炊いてもご飯が足りないらしい。

手巻きの日には何袋も海苔を買わなければならないらしい。

手巻きの日にはシーチキンも足りないらしい。


子供心にそう強く、そしてかなり強烈にインプットされていたようだ。


きっと子供たち、喜ぶだろうなぁ~ヽ(´▽`)/
我先にと半ば中腰になって、いや、もしかしたら立食パーティーの如く落ち着き無く食卓の周りをぐるぐる回りながらの晩御飯になるかもしれない。


子供たちの喜ぶ顔、ただそれが見たいがために頑張るのよ、母さんはヽ(´▽`)/


期待は高まる。





そして待ちに待った、家族揃っての夕食時。



左手は常にチーズの鍋が焦げ付かないように混ぜながら、右手は食べること、そして両隣に座る娘たちにチーズ付きの具を渡すのに忙しいのはオット。



絶えずチーズの鍋の火加減を気にしながら火の微調整をしつつ、せっせと一人手巻き寿司を巻いては子供たちそしてオットに渡す係り、母さん。


「俺、次イカ刺し明太」
「母さん、俺、スモークサーモン行くわ」
「母さん!ちくわとチーズがいい!!」
「かーさ~ん・・・・お肉落ちちゃったよ」



母さん、一人寿司職人状態il||li _| ̄|● il||li

へい、いらっしゃい!
次何行きましょ!!



あ、あれ・・・?!

自分で巻くんじゃないんですかぃ(;´Д`)ノ




もうちょっと大きくならなきゃ無理なのか・・・ガックリil||li _| ̄|● il||li


教訓:焦げ付きやすく、片時も目を離せないそして火が消える前に~とかなり慌しいチーズフォンドュと自分で巻かない、人任せ手巻き寿司。

両者を同じ食卓に並べるのは賢いセレクトとは言えない。




+++++前回の記事(昨日のイブの日記はコチラ )の続き+++++

なーちゃんの声にすぅも起きてしまい、2人が騒ぎ立てる声で別部屋のてんきち兄さん、そしてパパまでもが起きてくる。


てんきち「なーちゃん、サンタさんにプレゼント貰えたんや~。
よかったなぁーなーちゃん。」


母「あれ?兄ちゃんは悪い子やったから貰えへんかったんか?(笑)」


てんきち「いや・・・・・・・置いてあった」


枕元にプレゼントを発見していながら、何故か開けずになーちゃんの部屋に来ているてんきち。
持ってきて一緒に開けるよう促すと、それを待っていたかのように嬉しそうに走って取りに行った。



なーちゃん、小さな袋にサンタさんにお願いしていたアイロンビーズが入っているのを発見し、ビーズのバケツを抱きしめて喜びの声をあげて布団に仰向けに倒れ全身で嬉しさを表す。


サンタさんはアイロンビーズの他にも、枕元に置いていた靴下にもぎゅうぎゅう詰めになったお菓子、キティちゃんのおうちも置いていってくれたようだ。

すぅの枕元にはキティちゃんのドレッサー。
さっそくパパに電池を入れてもらい、ドライヤーをかけながら口紅を塗り、満足げに鏡に向かって笑うすぅ。



大きなプレゼントの箱を開けて奇声を上げて喜ぶ妹たちの後ろで、言われたとおりにみんなが集合している部屋まで小さなプレゼントの包みを持ってきて、一人静かに丁寧に袋を開ける兄さん。

緊張の瞬間。





「うわ!!!!!!!!








ハウルのDVDや!!!!!!!!!!!!!




すげーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!」


兄さんの嬉しそうな顔を見ながら、そっと涙ぐむ母さん。





よかった~♪



そして朝ごはんもそこそこに、早速キティちゃんの家を組み立てて遊び始めるなーちゃん・・・・・・・・を手伝いたくって仕方がない兄さん。


「あれ?なーちゃん、コレ、キティちゃん2つしか付いてへんなー。
お店のお客さんとかおれへんから、俺が人形を貸してやるわ!!


ちょっと待っとけヽ(´▽`)/」





自室に飛んで行き、何やらゴソゴソ探しているらしい音がする・・・・と思ったら嬉しそうになーちゃんのところへ戻ってきた。



手にはもう何年も前に卒業したはずのウルトラマンの・・・・・・いや、ウルトラマンならよかった。


兄さんが手にしていたのはウルトラマンの怪獣だったil||li _| ̄|● il||li


その名も「バジリス」、そして懐かしの「ガタノゾーア」。
バジリスを見たことが無いアナタはコチラ・ ・・・ってほとんどの人は知らないだろうに・・・そしてガタノゾーアって一体・・・(;´Д`)ノ)


「パンを下さいなヽ(´▽`)/」


しかし当然、平和なキティちゃんのお店は騒然となった。


「キャァァァァァァァァァァッ!!!!!!

怪獣、いや!!!!!そんな人、来ない!!!!!!!!ヾ(*`Д´*)ノ"」

なーちゃんの猛反対に遭い、イタズラ心に火がつく兄さん。

「ブボボボボボボボボボボボッボオボボーーーー!!!!(効果音)


攻撃だーーーーーー!!!!!ヽ(´▽`)/」








il||li _| ̄|● il||li

当然のように喧嘩になり、朝っぱらからうるさいことこの上なかった。




いつもありがとう&クリックしてもらえると嬉しいです人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ