2006年1月23日(母さんの誕生日)

昨日の記念すべき母さんの○○回目のお誕生日の晩御飯
*エビマヨ サラダ菜を添えて
*カボチャとブロッコリーのキッシュ(?)冷凍パイシート使用(てんきちのばーちゃんのレシピ を参考にアレンジ)
*オニオンスープ
*リッツのオードブル(クリチー+柚子ジャム)


そしてバースディケーキ
ココアスポンジのデコレーションケーキ



冷蔵庫にあるもので作った(笑

ケーキ以外は特に計画性もなくダラダラと作ったもの。
いや、ケーキですら朝になってなんとなく作っとこうかと・・・・・自分の誕生日に自ら進んでケーキを焼く虚しさをふと感じたでもなかったが(感じたんならそのまま止めておくのが大人と言うもの)、前回クリスマスだったか初めてスポンジケーキを焼いたときの感動が忘れられなくって、今回はココアスポンジに挑戦してみた。


見よ!この高さを!!!!!(このような発言、自画自賛と言う)


キッシュは冷凍のパイシートを敷き詰めたタルト型に、ばーちゃんのレシピの生クリームのグラタンを流して焼いたもの(生クリームは150cc使用)。
手軽だし見栄えするしおもてなしにもいい感じ。
しまった!
ワイン買っとくんだったよ(;´Д`)ノ

ま、ビールでいっとくかヽ(´▽`)/


(ちなみに・・・・・・・子供達&オットはこれにご飯も一緒に食べてます 笑)



時はさかのぼってこの日の朝のこと。
オットが出勤したあと、のろのろと起きてきてパンを食べていたてんきちに「おめでとうを言え」と強要していると、唐突に

「あのさ。もうケーキは飽きたからさ

もし何か焼こうと思ってるんやったら、クッキーにして欲しいんだけど・・・・・」

と言い出す。


そのときはまだケーキを焼こうとは露ほどにも思ってはいなかったので
「そうやなぁ!

ケーキ、もう飽きたよな~!!!!うんうん、分かる分かる。

クッキーか・・・・・うーん・・・それもいいかな」
と返事をしつつ、

(クッキーかぁ~?!誕生日ケーキならぬ、誕生日クッキーなのかぁ~?んじゃあ、フロランタンでも焼くかなぁ・・・・)
と考えていた。


しかしその後てんきちが学校へ行ってしまった後。

家にある材料で作れるもの・・・・いや、やっぱり写真写りのことも考えると、後でイチゴと生クリームだけ買いに行って・・・・と考え直し、午前中のうちに焼いてしまった上記ケーキ。

午後から(苦手な)デコレーションし、自分の仕事に満足しつつ丁寧に丁寧に冷蔵庫に仕舞う。

よし!ヽ(´▽`)/


学校から帰ってきた兄さんも、これならクッキーよりも喜んでくれるに違いない。
なんてったってデコレーションケーキだもんね。
しかもココアの。


「てんきち!冷蔵庫、見てみな!!!!!!」興奮気味に早速声を掛ける。

不審そうに眉をひそめながら冷蔵庫を開けたてんきち。

「ハッ!!!!!!



・・・・・・・・・・・・・」




無言のまま扉を閉める。

母さん「どうや!旨そうやろ~~~~ヽ(´▽`)/」

てんきち「あ、あ、ああ。旨そうやな・・・うん。」


挙動不審。
てんきち「だけどさ、俺、クッキーがいいって言ったのに

母さん「ほんならアンタだけ食べんかったらええやんヾ(*`Д´*)ノ"」

てんきち「いや、違う違う違う!!!そうじゃないねんけど・・・いや、食べるけどさ・・・旨そうやし・・・。

旨そうと思ってるで!!
ホンマに。

・・・・俺の言ってること、夜になったら分かるわil||li _| ̄|● il||li 」


時は変わって夕食時のこと。
いつものように、帰りの遅いパパより一足お先に母と子供3人で晩御飯を食べ始める。

母さんには隠し事が出来ないてんきち、意を決したように口を開く。
てんきち「あのな。

これ、パパには言わんとって欲しいんやけど・・。
絶対内緒やで。


あのな。

パパが昨日お風呂んとき、今日ケーキ買って帰ってくるって言うとってん・・・・」



な~るほど!それでクッキーをご所望でございましたか!そなたは!


ケーキが2つかぁ・・・il||li _| ̄|● il||li
困ったな・・
んじゃさ、今からパパに電話して母さんがケーキを作ってしまった!って言ったらどうだろう?

・・・・・・そうやな!そうするわ!!!

隣室でコソコソと電話を掛けるてんきち。


数分後、戻ってくる。


てんきち「アカン・・・・・・・・・・


もう買ったって言ってたわ・・・・・・il||li _| ̄|● il||li


でも母さん!パパが帰ってきても知らんふりしといてや!
俺が先に言ったって言うなよ!!!!

ちゃんとリアクション、取ってや!!!!!!!」真剣な面差し(´∀`)アハハ/\/ \

リアクションって・・・・あんた、

母さんはお笑い芸人か(;´Д`)ノ






そして大きな大きなケーキ屋さんの紙袋を提げ、帰ってくるオット。

「まさか自分の誕生日にケーキは焼かへんやろ~~~~~と思ってさぁ~~~~(爆)」



・・・・・・・焼いてますが何か(汗)


愛する妻の為にオットが買ってきてくれたケーキ↓

かなママ・・・・・・(´∀`)アハハ/\/ \


かなママってなんじゃそりゃ(´∀`)アハハ/\/ \
どっかの飲み屋の雇われママの誕生日か?


なーちゃん「や・な・マ・マ・!!!!


やなママ~?やなママってなーに、母さん」


il||li _| ̄|● il||li


やなママにも見える。たしかに。



2つのケーキを前にご機嫌なやなママ↓
2つのケーキ

両方のケーキを食しながら必要以上に「美味しい」を連呼していた気を使う人てんきち(笑)


母さんが大好きな不思議系少女なーちゃんが夜、寝る前に言った言葉↓
「母さん、ホントにホントにお誕生日おめでとぉ~~~~~♪♪

母さん、24歳になったんだよね?


母さん、ケーキもご飯も美味しかったわ~~~~♪♪
どうもありがとう、母さん~~~~~~~~~~~~~!!!!


母さんのお誕生日って素敵だったわ~~~~ヽ(´▽`)/

久しぶりだよね、母さんのお誕生日って!!!」


そ、そうよね~~~ヽ(´▽`)/
1年ぶりだもんね~~~~~~~~~~~~~~っ!!!!!
たしかに久しぶりだわよね~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!!!



++++++++++++++++++++++
そして今朝更新が遅くなった理由
お義母さんからもケーキが今届けられたところです(;´Д`)ノ

++++++++++++++++++++++

沢山のお祝いのメッセージを頂き、ありがとうございました!

いつもありがとう&クリックしてもらえると嬉しいです人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ