2006年2月19日(日)

昨日の日曜日の晩御飯
*オットリクエストで皿うどん
*よく頑張ったなーちゃんの為のいくら弁当
*サーモンのお刺身
*買ってきて切っただけの、今日はホントにさつまあげ
*イチゴとリンゴ

海鮮弁当




激早起き&昨日の疲れもあって、今日は何にもしたくないモードに入ってしまった晩御飯。

わたしが作ったものは皿うどんだけ(´∀`)アハハ/\/ \





激早起きして子供達を準備させ、オットになーちゃんを頼んで一足先に家を出た。

目的はただ一つ!!!!!!!


幼稚園の門の前に並ぶため!
日曜日の朝、車も人もまばらな道を大急ぎで園へ向かう。

どうかまだ列がそんなに伸びていませんように・・・と願いながら。



2月の寒空の下に異様な光景が見えてくる。
厚着をし、体温を上げようと皆一様に体を揺する・・・・・・無口なお父さんたちの行列。
あまりに異様なので部活で日曜も学校へ行くらしい女子高生たちが、薄ら笑いを浮かべ、何度も振り向きながら通り過ぎていく。

素早く列の最後尾に付き、数えてみるとわたしは9番目だった。



そうか・・・なるほど。
こういう「場所取り」の為の「激早起き」での「寒空の下並び」と言う過酷な条件が整っている時は、他のお宅ではお父さんの役割だったのか!!!!!!!(゚Д゚)

・・・・・・・・・・知らなかった。


みんな日曜日だと言うのに、愛する素敵なお優しい奥さんに叩き起こされ
「アンタっ!早く並んできなさいよッ!!!!!ボーっとしてるんじゃないわよッ!!!!!走りなさいッ!!!!!!」
とばかりに尻を叩かれ、寝癖の髪を撫で付ける間もなく、髭も剃らせてもらえないまま家を追い出されたのだろうか。

ほほーーーーーっ・・・缶コーヒーを飲みながら朝刊を読んでる手馴れた列並び上級者もいる。


列に並ぶ男女比を調べてみたところ、女性はわずかに2人。
その後次々に焦った表情で列に加わっていくのも、圧倒的に男性が多かった。


オットに並んでもらえばよかったかなぁ~・・・
いやでもオットは前になーちゃんの運動会を見に行くのに(わたしはなーちゃんと先に家を出ていた)、会場を間違えたこともあったし、何と言ってもオットはのんびり屋で準備も遅いので(と言うより起きるのにも起こすのにも一苦労)いらちなわたしは絶対オットよりも先に準備が出来てしまう。
わたしが並んだ方が絶対に早い。
イライラしなくって済むし。
なんでも自分でやりたがるわたし(´∀`)アハハ/\/ \



遅くとも8時には家を出るわ!と言っていたはずのオットなのに、オットがようやくなーちゃんを連れてやってきたのは8時半ギリギリだった。

聞けばビデオカメラの充電が出来ていなかったのを待っていたと言うil||li _| ̄|● il||li

一緒に家を出たサッカーに向かうてんきちをわざわざ練習場まで連れて行き、しばらくてんきちがボールを蹴るのを眺めていたと言うil||li _| ̄|● il||li


のんびり屋さんめ(;´Д`)ノ




しかしわたしが寒さに震えながら並んだ甲斐あって、講堂では端っこの一番前と言う特等席を確保!


なーちゃんはまだまだ出てきてもいないというのに、最初の年長さんの代表の子2人の
「おとうさま、おかあさま、きょうはわたくしたちのはっぴょうかいにきてくださり・・・・・」
という挨拶を聞いてるだけで涙が盛り上がり、目の前が霞んでくるのが分かる。

いよいよなーちゃんのクラスの「リズム」が始まった。
なーちゃんはすぐにわたしとオットが座ってる場所を見つけ、にっこり笑ってくれたヽ(´▽`)/

シャイなてんきちと違ってなーちゃんの声のでかいこと。
口の開け方のそのまた凄いこと。
誰よりも一番にデカイ声を出そうとただそれだけを目標にしているのか、鼻の上にシワまで寄せ、顔を前に出して声を張り上げるなーちゃん。

その張り切りよう。
なーちゃんの辞書に「恥ずかしい」と言う言葉はないらしい。
それどころか「張り切れ」スイッチが入ってしまったらしいなーちゃん。

その後の劇、ブレーメンの音楽隊でもなーちゃんの張り切りは留まることを知らなかった。

ネコ3匹のうちの真ん中ネコさんで出てきたなーちゃん。
舞台の袖から手を腰に、体を左右に揺らしながら歩いてくるのにもあまりに左右に大きく上半身を揺らすので、まるで張り切ってラジオ体操をしているよう。

舞台中央で3人並び、手を腰、首を左右に傾げ、ひざを少しカクンカクンっと曲げながら歌う場面にも、なーちゃん一人屈伸運動をしてるかのようにオーバーアクション( ̄Д ̄;;

あまりにも振りが大きいので撮れども撮れども全て写真がブレまくってしまう。


ブレるなーちゃん



台詞も流暢に臆することなく全て滞りなかった。

「だからしゅじんにおいだされてしまったんだよぅ~」も聞けたヽ(´▽`)/



「それならいっしょにグレーメンの音楽隊に入ろうよ」



ぐ、ぐれーめん・・・・・・・・・Σ(゚口゚;


誰も気が付いていないようだったのでよしとしよう。



涙を一粒でも落としたが最後、しゃっくり上げて泣きそうだったので最後まで上を向いたり目を見開いたりし、涙を堪えた。

しかし帰ってきてから録画したビデオを観ながらも泣いてしまった。


たぶんこの先何回コレを観ても、観るそのたびに泣くんだろうなぁーーー




よく頑張ったね!なーちゃん!
なーちゃん、とっても素敵だったわよヽ(´▽`)/




いつも母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記に遊びに来てくださり、ありがとうございます。
書き込みは全て読ませて頂きましたが、お返事が滞っていますーーー申し訳ないです!

ランキングに参加してます&クリックしてもらえると嬉しいかも人気blogランキング


こちらでも参加しています→レシピブログ