2006年4月11日(火)

末っ子すぅの雨の入園式だった昨日、4月11日火曜日の赤い晩御飯
*お祝いに♪キムチ鍋(白菜、もやし、えのき、しめじ、豚肩ロース背ロースしゃぶしゃぶ用、鶏もも肉、水菜、お約束のウインナー、豆腐、揚げさんにラーメン)
*お祝いに♪サーモンの刺身とプチュっとしたあれ
*お祝いに♪買ってきたフルーツタルト
*お祝いに♪買ってきたチョコレートのケーキ(写真なし)
*お祝いに♪辛いキムチ
*お祝いに♪久々に泡の出る飲み物


赤い食卓

なんか赤いものが多い食卓・・・

キムチ鍋はキムチ鍋の素っていうのをかなりうす~くベースにした中華風の鍋で。
〆はラーメン。
お好みで(いや、お好みなのはてんきちとわたしだけだが)小皿に取り分けてからさらにキムチを大量追加する。






末っ子すぅの入園式だった昨日。
小谷さんの予報どおり朝から大雨。
ちょっと小降りになることすら全くなく、常に大雨。
おまけに風も強く、まさに暴風雨と言っていいほどil||li _| ̄|● il||li
なーちゃんでさえも傘をさすのが困難なほどの暴風雨の中、もちろんすぅに真新しい傘を渡すことも出来ず、予告どおりにわたしと1本の傘に仲良く入って登園した。
真新しい制服を着せてもらっていたせいか、すぅは生まれて初めて「泥水を撥ねないように静かに歩きつつ、さらに足元の水溜りをよく見て出来るだけ避ける」と言う、まるでとっても素直で従順な良い子のような、奇跡のような行動を取ってくれたヽ(´▽`)/

・・・・・・水溜りを避けて歩こうとする結果、横を歩くわたしの白いパンプスを踏ん付けてしまい、白いパンプスが灰色のパンプスに成り代わってしまったことは言うまい・・・・すぅだってわざと踏んだわけじゃないんだ(;´Д`)ノ
けどかなり悲しかったことは事実(´Д⊂グスン


つい1年前までは、ふれあい保育に月に2回それもたったの2時間参加するだけでも母は熱が出そうなくらい大変だった、愛すべき暴れ馬すぅ。
イヤだと一度言い出せば絶対にイヤだ!死ぬまで意見は変えないという確固たる意志を持ち、毎回のように母と対立、暴れ泣き叫ぶ彼女を肩に担いだまま家路に着いた懐かしいあの日々を思いながら、今目の前に大人しく座っている別人のようなすぅに、思わず涙ぐむわたし。

周りは初めての集団生活に戸惑い、お母さんから離れたくないと泣き出す女の子や、じっと座っていられなくて脱走を図る男の子、椅子を移動させ反対向きに座ってみる子。
園長先生の挨拶の声も全く聞こえないほどの大騒ぎ入園式だったが、そんな中ですぅはいつものように両肘を椅子の背もたれに掛けまるで重役気取りで一言の奇声を発することなく、そして後ろに座っているわたしたち父母の姿を一度も確認しようともせず、ただ座っていた。

園長先生の話を聞き(聞こえなかったけど)、先生方の紹介があり、チューリップの歌を歌ったり「のーののののさまほとけさま」の歌を歌ったり、ようやく式が終わってすぅの座っている席まで迎えに行く。

「すぅ~、ちゃんと座ってて賢かったねー?」





何、もう終わったの。けっこうツマンナイのね、幼稚園って( ̄_J ̄)



みたいな顔をして大人しく座っていたすぅは、余程真新しい制服の、それも大好きなすたーこの、初めてのプリーツスカートのその感触が気になっていたのだろう、何故か太もも全体があらわになるほどスカートを捲り上げたまま座っていた。

お、お嬢さん、おパンツが丸見えですわ ・・・ つД`)・゚・。・゚゚・*:.。





大雨の中、無理に園庭の散り行く桜の木の下で、傘をさしつつ記念撮影をし(写真大好き、撮られるのってサイコー♪な、なーちゃんと対照的なすぅは、にっこにこの笑顔にVサインなーちゃんの横で、カメラに視線を向けてくれようともせず、ようやくカメラを見てくれた!チャンス!と思いきや、「悪魔の顔」をサービスしてくれた・・・)、大雨の中家路についた。





朝、すぅに幼稚園の準備をさせようと、服のブラウスのボタンのかけ方だの、スカートの履き方だの説明しつつ、
「じゃ、すぅちゃん、自分でやってみて」
と、練習させようとすると、





「母さんが自分でやってよ!!!!!!!!」





つД`)・゚・。・゚゚・*:.。
「自分」って・・・・・



さ、今朝はもう先ほど登園しました。
午前保育なのでもうあと1時間ほどでお迎えです。

泣いてないかしら・・・おしっこってちゃんと言えたかしら・・・
誰かに意地悪されて困ってないかしら・・・・



家に一人っきりがこんなに寂しいものだとは・・・はぁー・・(;´Д`)ノ


こちらに参加してます→レシピブログ