母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記-5月27日
おとといの5月27日水曜日の晩御飯
*豚韮玉炒め
*きのこ餃子
*茄子とピーマンの生姜ぽん
*味噌汁

母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記-弁当 5/28
こちらは昨日のにいさんの弁当ですが(今朝のはまだカメラの中に、、、)
◎ピーマンの肉詰め 甘辛照り
◎紅ショウガの出汁巻き
◎冷凍ポテトとベーコンのレンジ煮
◎雑穀ご飯にでかい梅干



昨日の晩御飯はなんと8時過ぎから、、、
焼き肉だったので写真はなし。







+++++++++++++++++++++



今年1年生になったすぅは、給食が苦手だ。
「苦手」という生易しい言葉では表現しきれていないが、たぶん本人にとっては恐怖の給食が待つ学校へ行くということにも大変な努力と勇気が要る。
5月の連休明けも「学校行きたくない病」に一時期掛り、母さんはしばらくの間毎朝すぅと一緒に登校。
おなかが痛い、、、、
お熱があるみたい、、、、
足が痛い、、、、


そう言い訳をしてまでも行きたくないのだ。
母さんは悲しかった。
ただ悲しかった。
幼いすぅが嘘をついてまでも、自分を守ろうとしている。

何度先生は怒らないからと説明しても。
何度おなかがいっぱいなら残しても大丈夫だからと説明しても。
もちろん毎朝先生にも相談し、一緒に学校へ行かない日は長文手紙を連絡帳に書いて持たせた。


しかしすぅは「食べること」自体にもう恐怖しか感じなくなってしまう。
あんなに大好きだった母さんの作る晩御飯を見ても、大好きなおかずの並ぶ食卓を見ても、片隅にある苦手なものを見つけて、
「これ、食べられないかもしれない、、、、」
「残してもいい?残したらダメ?」
と、泣きだす。


連休明けのある日、とうとうすぅはこんなことを言った。

「母さん、お給食を食べられないからって、すぅちゃんのことをダメな子って思わないで?」









すぅはすっかり自信をなくしてしまった。
以前よりも泣くことが多くなってしまったすぅに、どうにかして前の元気を取り戻してほしくて、すぅの好きなおかずを作ってやったり、すぅがこれなら食べられる!と思っている野菜料理を並べたり。
(先日作った「緑のポテト」もすぅの自信回復のために作ったもの)


「すぅちゃんってどんな子だと思う?」
とある朝聞いてきたすぅに

「そうだなぁ~
すぅちゃんは、洗濯物を畳んでくれたり、母さんのマッサージとかしてくれたりして、とっても気がきくよね。
人の気持ちもよく考えるし、賢いと思うよ~。
それに頑張る子だよね。」

すぅのいいところ・・・すぅのいいところ・・・急に言われるとすぐに出てこないもの。
このときもこのくらいしか挙げてやれなかった。

あとから思ったら、ああそうだ、あんなことやこんなことも言ってやれば良かったのにと思いだした。



でもすぅは母さんの言葉を聞いて、一瞬黙り、母さんに「ありがとう!」と抱きついてきた。





さて、今週は月曜火曜が弁当持参だったのだが、水曜からは再び給食開始。
母さんは一計を案じた。




すぅのお給食セット(ランチョンマットやお箸が入っている袋)に、朝こっそりメモを忍ばせている。
すぅには言わないでおこうかとも思ったのだが、やっぱり「給食の時間が楽しみだ」と思ってほしくて、学校へ行く前にこっそりすぅに
「お給食セットに何か入ってるかも・・・・♪
何が入ってるかは、お給食の時間のお楽しみ~~~~~~」
と言ってみると、案の定すぅは目を輝かせた。



その日、帰ってきたすぅは
「今日なー!今日、いいことがあってん!!!!!!!!



あんなーーーーーー
おてがみ!!!!!!!!!

おてがみ、もらえた!!!!!!!!!

母さん、おてがみありがとう!
すぅちゃん嬉しかったからみんなに見せてあげたの。
先生も見せてって言ったから、見せてあげたの!」

とランドセルもおろさずに叫んだ。

ああそれならもうちょっと丁寧な字で書くんだった




手紙は次の日も入れた。


その次の日(つまり、今日)も。






すぅは昨日
「毎日書きたくなかったら書かなくてもいいんだよ?
ムリだったら書かなくてもいいんだよ?
母さん、忙しかったら、忘れてもいいんだよ?」
と母さんを気遣っていたが


いいのいいの!
母さんが書きたいから書くの!
とーーーーーっても書きたいなぁーって思うから、書いてるの!

と言っておいた。




すぅは母さんのその小さなメモ紙を、毎日大切そうに宝物箱に仕舞っている。

ちなみに・・・
メモには
第一日目「きょうの きゅうしょくは どんなあじでしたか?
かえってきたら かあさんにも おしえてね」
→これに対してすぅは「心が嬉しくなる味!」と感想を述べた

第二日目「きょうの きゅうしょくは なにかな?
かあさんも きゅうしょくを たべてみたいなぁー
なにが でたのか おしえてね」
→これに対してすぅはちゃんと献立すべてを説明できた

第三日目「がっこうは たのしいですかー?
きょうの おひるやすみは かあさんは としょしつにいるよ。
たべおわったら あそびにきてね」






すぅは母さんが言った「頑張る子」と言うのがとても気に入ったらしい。
今朝も「すぅちゃんは頑張る子やから!」と朝ご飯を残さず食べ、「行ってきまーす!」と機嫌良く玄関から出て行った。









ちなみにオットに入れると宣言したはずのラブのレターのほうですが、こちらはまだ。
ちょっとわたし、体調が・・・・げほっ・・・ごほっ・・・・




++++++++++++++++++++++
母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記
母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記
母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記
母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記




読んだよ~ってしるしにぽちっとクリックしてね
↓↓↓ ↓↓↓
banner_02.gif
いつも応援ありがとっ!
人気ブログランキングへ
※こちらも参加してます
レシピブログ