母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記
昨日の8月13日金曜日の晩ごはん
*野菜炒めにキムチ玉子のっけ
*白滝の明太子炒め
*ひじきとツナ、レタスの柚子コショウ和え
*ほうれん草と揚げ玉の味噌汁


これ母さんの一人分。
昨日は17時からカット&カラーに行っていたので、子どもたちには先に食べておくように言って出掛けた。
子どもたちを統率する人=長男兄さん
なわけだが。




早めに作っておいたおかずはお皿に盛りつけ、台所の電子レンジの中に並べておいた。
みそ汁も椀にほうれん草と揚げ玉をセットしておき、あとは温めた汁を入れればいいだけの状態に、そしてご飯もきっちり18時にタイマー。
一方、帰宅後に食べる母さんの分と、仕事から帰って食べるオットの分は少し手の届きにくい場所においておいた。

母「おかずはここに置いてあるからね!みんなと一緒にちゃんと食べておいてね!」

兄さん「ふぁーい」



2時間後。
ぱっつん前髪に、家では決してできない綺麗にくるんくるんに巻いてもらった髪でご機嫌で帰ってきた母さん。
子どもたちは食事を開始してまだ15分かそこらのようだったのだが、その並べられている皿を見て驚愕。


兄さんはどうやら自分用のおかずを食べたようだったが、なーちゃんは母さんのおかずを、小食すぅに至ってはオット用の大盛りおかずを食べさせられたらしく、だいぶ苦戦していた_| ̄|○ il||liソリャソウダ

な、何故わざわざ取りにくい場所にあるおかずを食べているのだね君たち・°・(ノД`)・°・




すぅが苦戦していたおかずは(ってか余りに多すぎる盛りつけなのですぅは食べる意欲すらなくしかけていた)母さんが残りを食べ、オットにはなーちゃんとすぅのおかず2人分を盛りつけしなおしました。
足りるだろうか、、、と思ったが、大好きな野菜炒めとキムチ効果でオット、全く気付かず(*^▽^*)


ああ良かった、、、、もう一品作らなければならないところだった。




今度から出掛ける時にはラップの上に名前も書いておかなければと肝に銘じた。

母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記
水気を切って食べやすい長さに切った白滝を、フライパンでカラ炒りします。
そこへ適当にほぐしたたらこを入れて炒めるだけ。
ぷりぷりのこんにゃくにするためには、しっかりカラ炒りすることが大事です。
これでこんにゃくの独特の臭みが抜け、ぷりぷり食感になります。


母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記
豚キムチを作ろうと思ったんだけど、5人前の野菜と肉を炒めさらにキムチと玉子を投入するにはフライパンが小さすぎ、さらにのろのろ炒めているうちに水分も出てきそうな気配もしたので、こんな風に別々に炒めてみました。
豚肉、ゴーヤを炒めて塩コショウをふり、さらにもやしも入れてサッと炒めて紹興酒、醤油で味付けして皿に取り出します。
空いたフライパンにマヨネーズをとかし、キムチを炒め、溶き卵を流し入れてさっと炒めてこれを先ほどの野菜炒めの上へ。
玉子をもうちょっととろとろ加減にしたら良かった!とあとで気付きました。
これはまた作らねば。



昨日のお昼は兄さんリクエストにより・・・
母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記
ラーメソ。
(兄さんと会話をするとき・・・まあ主に昼ごはんを何にするかというやり取りをするときですが・・・このようにカタカナの「ン」の部分を「ソ」に変えて話します。ラーメンはラーメソ、チャーハンはチャーハソ、坦々麺はタソタソメソ)

野菜の方が多いんじゃないか?という割合のラーメソでした(*´∀`*)

もちろん兄さんはラーメソライスで。


++お知らせ++

お待たせいたしました!(って誰も待っていないって?)
母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記
つい一昨日あたりの晩ごはんに並んでいた、こちらの手間なしタンドリーチキン。
こちら、「教えてかな姐さん!賢いママの(秘)時短レシピ」で、作り方を書きました。
今月のお題は「火を使わないおかず」。
暑くて火なんか使っておれん!!!!ってなアナタにお勧め。

是非覗いてってね→「火を使わない手間なし時短レシピpartⅠ



++続きはメイさん劇場++





母ちゃんちの晩御飯とどたばた日記



読んだよーってしるしに、ぽちっと押してね。→人気ブログランキングへ
携帯の方はこちらをぽちっ→人気ブログランキングへ

※こちらも参加してます
レシピブログ


キッチンにうれしい♪キチントさんモバイル