昨日の6月24日火曜日の晩ごはん
*サーモンの塩レモンマヨ和え☆サラダ仕立て
*人参とちくわのきんぴら
*蓮根の混ぜご飯
*なめこの中華風かきたまスープ





1か月くらい寝かせた自家製の塩レモンを使って、海老マヨっぽい味のたれを作りたいな~っと思って作ってみました。
エビはすぅさんがあまり得意な食材ではないので代わりに鮭ですが。

塩レモンはお菓子の師匠たけちゃんのお友だちの方のブログ(とっても素敵な雰囲気の料理のお写真で、密かにお気に入り・・・)を参考に、レモンの重量の20パーセントの塩分で作ってあります。

1か月置くと塩の角が取れてとってもマイルドになります。
レモンの皮も苦味が消えてとっても食べやすいです。

野菜もたっぷり盛り付けて、ソースに絡めて食べるととっても美味しい!




材料(3人分)
・骨皮なし生鮭 250g
・塩コショウ、薄力粉、オリーブオイル 各適量
A
・塩レモン 2枚(みじんぎり)
・パセリ 2枝(みじんぎり)
・メイプルシロップ 小匙2
・オリーブオイル 大匙1
・マヨネーズ 大匙1

・サラダ菜、紫玉ねぎ 各適量

作り方
1)Aをボウルに混ぜ合わせておく。
2)鮭は一口大に切り、塩コショウ、薄力粉をまぶしてオイルでソテーする。
3)ソテーした鮭を1のボウルに入れて和える。皿に野菜と一緒に鮭を盛り付ける。ボウルに残ったソースも掛ける。


ナーサンの評価が特に上々でした^^


ちょっと前に作った蓮根、なかなか消費出来ないので混ぜご飯にしちゃった。

このサイズのレンコン、ホント可愛いよねw
(サチャンちの箸置きがいっぱい混ざってるようにも見える)



冷蔵庫にあるもんでなんとかしよう副菜。

ごま油でぽりぽりっとした歯ごたえが残るように炒めてみりんと醤油、お塩とすりごまです。




夕方学校から帰ってきたすぅさんが最初にすることは、リビングに入ってきて(この時兄さんが居れば「手を洗って来い」と必ず言われる。そして「洗ったし!!!!!」というやり取り。たぶん「ただいま」&「おかえり」みたいなもん)

「今日の晩ごはんなにー」
と口でも母さんに聞きながら、自分でも実際に鍋やボウルの中を次々に開けて確認すること。
好き嫌いが未だ多くあるので、食事は楽しみであると同時に不安でもあり、今日は自分の好きなものはあるだろうかと、母さんが答えたその料理に使う食材の中に自分の嫌いなものを仕込もうとしていないかどうかを確かめている(たとえばしいたけをみじん切りにしていないかどうかなど)。

昨日の場合は冷凍の鮭をちょうど解凍していたところだったので、
「鮭でなんか作ろうと思ってる~」
と答えたところ、

「じゃあ、あれにしなよ!
あたしが好きなやつ!
あれにしなよ!」

と言う。


あれとはどんな料理かね?と尋ねると

「焼いた鮭の上に千切りにした卵とか野菜とか乗せて~」




千切りにした?
卵?


「卵の白身を切ってさぁ」



卵の白身を!?
その時の母さんの脳内イメージは、卵の白身だけを薄焼きにして錦糸卵のごとく細く刻んだもの。
っていうかそんなもの作ったことないし!!!!!!!




謎のヒントを残したまま塾へ行ってしまったので、まあすぅが何を言いたかったのかはわからないけれども鮭なら好きだしなんでも食べるだろうよと上記のようなメニューになったのだったが、塾から帰ってきたすぅさんは一番に台所に入ってきて、母さんのその料理しているメニューが自分が思っていたのとは違うのを見て明らかに落胆した。


「卵ののってるやつって言ったのに!
あれ、作らへんかったん?」


「いやいや、だって全くどんな料理なのかわからなかったよ、、、卵の白身を千切りにするとか」



「いや・・・千切り・・・って言わへんかもしれんけど、卵とか梅干とかを混ぜたやつを乗せて」




「あああああああ!わかった!
それ、タルタルソースのことや!!!!!」

これでしたか
(若しくはこっち


すぅと食材の切り方の名称について一度話し合う必要がありそうだ(-"-;A
(すぅはオトナっぽい難しい言葉とか言い回しが昔から好きなので、たまたま知っていた『千切り』言いたかっただけとも言う。)



近いうちにすぅの好きなサーモンのこれを作ってやろう。
と、頭の片隅にメモ。







商品いろいろ♪てんきち鍋といえばdreamhouseAPEX!
ドリームハウスアペックス






++続きはメイさん劇場++








恋する乙女?!





寝た・・・・





読んだよーってしるしに、ぽちっと応援クリック。→人気ブログランキングへ

※こちらも参加してます
レシピブログ